アニメ

2022年秋アニメの期待値ランキング【おすすめの10作品を紹介!】

2022年秋アニメ期待値ランキング

本記事では、2022年秋アニメのおすすめ作品を10作品紹介していく。

アニメ制作スタジオや前作の面白さを基準に、ランキング形式でおすすめ作品をまとめてみた。ぜひ参考にしてみてほしい。

2022年秋アニメ期待値ランキングTOP10

2022年秋アニメは大豊作なのだけど、なんとか10作品に絞ってみた。

全体的に新作が多めになっているのと、よほど面白そうでない限り異世界転生系は排除している。

第10位:ヤマノススメ Next Summit

そもそも、TVアニメが4期まで制作されているのは普通じゃない。そしてなんだかんだで2022年秋クールは、日常系アニメが少ないのだ。ということで『ヤマノススメ4期』をランクインさせてみた。

僕はまだ『ヤマノススメ』を視聴していないので、3期までイッキ見しようと思う。ちなみに、勘違いされやすいのだけど『ヤマノススメ』はきらら系ではありません。

第9位:恋愛フロップス

第8位は『恋愛フロップス』で、本作はアニメオリジナル作品だ。これから先の展開が全く読めないという点で、期待値がそこそこ高い。一見すると王道のラブコメ作品のようだけど、ここからどのように個性を出していくのかが気になる。

第8位:アキバ冥途戦争

『アキバ冥途戦争』はP.A.WORKSとCygamesによるアニメオリジナル作品だ。PA作品というだけで期待値が高いのだけど、PVの内容が気になる。かなり過激な作品であることは間違いない……。楽しみすぎる。

第7位:サイバーパンク エッジランナーズ

『グリッドマン』や『キルラキル』などの人気作を輩出したTRIGGERの最新作だ。Netflix独占配信作ということで、かなりの資本が投下されていると思われる。ということで期待値がかなり高い。

Netflixで既に全話配信されているので、時間がある時に一気に見てしまうのがいいだろう。

第6位:機動戦士ガンダム 水星の魔女

第6位は『機動戦士ガンダム 水星の魔女』だ。『ガンダム』シリーズ初となる女性主人公ということで、めちゃくちゃ楽しみ。アニメ制作はもちろんサンライズなので、クオリティも問題ないはずだ。

第5位:ぼっち・ざ・ろっく!

2022年秋クールのきらら枠である『ぼっち・ざ・ろっく!』。しかもアニメ制作をCloverWorksが担当する。その上、『けいおん!』以来となる『きらら×軽音楽』だ。

PVを見る限り、作画とかキャラは問題なさそうなので、あとは楽曲のクオリティ次第になるだろう。

第4位:SPY×FAMILY 第2クール

第4位は『SPY×FAMILY』の第2クールだ。この順位だと色々な人に批判されそうだけど、第1クールの時点で既にクオリティの高さがどれくらいか把握できたので、期待値としては超高いわけではない。

一般層の方々にとっては、2022年秋クールの中で最も安定した作品であることは間違いないだろう。

第3位:うる星やつら

ついに『うる星やつら』がリメイクされた。これが成功すれば、高橋留美子の過去作がリメイクされる流れができるだろう。ノイタミナ枠で、david production制作ということもあり、期待値は高い。

第2位:モブサイコ 100 Ⅲ

2022年秋クールの続編作で最も期待値が高い作品は『モブサイコ 100 Ⅲ』だと僕は思う。作画・ストーリー・キャラにおいて、これを超える作品は中々ない。しかも今回が最終章である可能性が非常に高いわけで、どのようなラストを迎えるのかが非常に気になる。

アニメ制作は前作に引き続きボンズが担当するので、クオリティについては問題ないだろう。

第1位:チェンソーマン

第1位は『チェンソーマン』だ。やはりこの作品は1位にせざるをえないだろう。ジャンプ作品の中でも問題作である『チェンソーマン』をMAPPAが制作するというだけで期待値は非常に高い。

個人的には『モブサイコ3期』を1位にしたかったけど、客観的な評価も踏まえると『チェンソーマン』がダントツで1位だろう。

さいごに

ひとまず、アニメ好きであるなら以下の作品は絶対に視聴すべきだと思う。

  • チェンソーマン
  • SPY×FAMILY
  • モブサイコ100
  • うる星やつら
  • ぼっち・ざ・ろっく
  • アキバ冥途戦争
  • サイバーパンク エッジランナーズ
  • 機動戦士ガンダム 水星の魔女

いずれのアニメも、制作会社の評判が非常に高いためだ。つまらなくなる可能性が限りなく低い。

上記の作品に加えて、自分が好きそうな作品を視聴していくのがいいと思う。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。