アニメ

2022年春アニメ期待値ランキングTOP10【オススメを紹介】

2022年春アニメ 期待値ランキング

本記事では2022年春アニメの期待値ランキングTOP10を紹介してみる。ランキングの順番は私見で決めている。だが、高クオリティで期待が持てる作品しか選んでいない。本記事を参考にして、視聴するアニメを決めていただければと思う。

第10位:ダンス・ダンス・ダンスール

第10位は『ダンス・ダンス・ダンスール』だ。ランキングに入れるか迷うぐらい渋いテーマを扱っている。なんせ「男子バレエ」がテーマなのだ。

だが、MAPPAが制作しているということもあり期待が持てる。作風を見るに、個性派作品になりそうなので、知る人ぞ知る名作になる可能性が高い。PVを見る限りでは、バレエの繊細な動きがしっかりアニメになっている。

第9位:TIGER & BUNNY 2

第9位は『TIGER & BUNNY』の2期だ。第1期が2011年放送だったので、TVアニメでは11年ぶりとなる。Netflix限定配信ということで、高クオリティが期待できる。

第8位:まちカドまぞく 2丁目

第8位は『まちカドまぞく』の2期だ。きらら作品の中でも特にほのぼのしている作品だろう。2022年春クールの中でも最ものんびり見ることができる作品かもしれない。日常系作品が好きなら絶対視聴だ。

第7位:RPG不動産

第7位は『RPG不動産』だ。きらら作品×動画工房という間違いない組み合わせとなっている。ただ、キャラデザの好みが分かれそうだし、作画崩壊しそうな雰囲気があるのが気になる。

第6位:可愛いだけじゃない式守さん

第6位は『可愛いだけじゃない式守さん』だ。Web漫画の話題作が動画工房によってアニメ化されるということで、期待値は高い。PVを見る限り、とても安定感のあるクオリティのように見える。

第5位:くノ一ツバキの胸の内

第5位は『くノ一ツバキの胸の内』だ。『高木さん』を手掛ける山本崇一郎が作者の作品だ。クリエイター陣やPVを見る限り、『高木さん』よりもお金を掛けている気がする。というか、『週刊少年サンデー』よりも『ゲッサン』作品の方がアニメの質が高くなってる。

第4位:盾の勇者の成り上がり Season2

第4位は『盾の勇者の成り上がり』の2期だ。当初よりかなり延期した。その分、作品のクオリティにも期待できそう。2022年春クールも数多くの異世界転生作品が放送される。でも基本的には『盾の勇者の成り上がり』だけ見るスタイルでいいと思う。

第3位:パリピ孔明

第3位は『パリピ孔明』だ。P.A.WORKS制作のアニメというだけで期待値はかなり上がる。今回はアニメオリジナルではなく、漫画原作の作品のようだ。設定も面白そうだし、音楽にも期待できそう。

第2位:かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-

第2位は『かぐや様』の3期。期待値だけだったら『パリピ孔明』の方が2位にふさわしいと思っていた。だが、このPVを見て評価がガラッと変わった。力の入れ方が尋常じゃない。本当に面白すぎる。

第1位:SPI×FAMILY

第1位は『SPY×FAMILY』だ。WIT STUDIOと、最近調子の良いCloverWorksの共同制作なのがアツい。しかも主題歌の力の入れ方がヤバい。OPがOfficial髭男dism、EDが星野源だ。

ただPVを見ていると、僕が思っていたよりもクオリティは高くなかった…(設定したハードルがかなり高い)。ただ、漫画の知名度が高いので、ほぼ間違いなく成功するだろう。

さいごに

2022年春クールは本当に豊作で、TOP10では紹介しきれなかった。ランキング外で個人的に気になっている作品は以下の通り。

  • アオアシ
  • おにぱん!
  • カッコウの許嫁
  • 古見さん2期
  • サマータイムレンダ
  • 処刑少女の生きる道
  • であいもん
  • ラブライブ虹ヶ咲2期

特に『処刑少女の生きる道』はすごく気になっている。多分、アニメはそんなに面白くないけど、原作のライトノベルが面白そうだ。なんせ、『ダンまち』ぶりのGA大賞受賞なのだから、面白くないわけがない。

しかし、今回紹介したTOP10の作品は、「ほぼ間違いない」作品だろう。ぜひ参考にしていただければと思う。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。