アニメ

2022年夏アニメ視聴前の期待値ランキングTOP10を紹介!

2022年夏アニメ期待値ランキングTOP10

今回は、2022年夏アニメの視聴前の期待値ランキングを発表していく。

2022年夏アニメの期待値ランキングTOP10

基本的に、僕が期待値を算出する際は、以下の項目を参考にしている。

  • アニメ制作会社
  • 予想を上回る展開が期待できるか
  • アニメオリジナル

やはりどうしても、アニメオリジナル作品に期待がかかってしまう。2022年夏クールはビッグタイトルも多い。だが、ビッグタイトルは良くも悪くも、大体予想通りのクオリティになる。

しかしアニメオリジナル作品は本当にピンキリで、予想を下回るクオリティになることもあれば、想像以上の感動を生み出すこともある。

とまあ、こんな感じに、自分なりに期待値を算出しているので、参考程度に読み進めてみてほしい。

第10位:はたらく魔王さま!!

第10位は『はたらく魔王さま!』のTVアニメ2期だ。9年ぶりの続編ということで、楽しみに待っていたファンも多かっただろう。ただし、キャラデザがかなり変わっていたり、Disney+の独占配信だったりで、ちょっと炎上気味ではある。

でも、『はたらく魔王さま!』の魅力は声優の演技や会話のテンポにあると思うから、キャラデザはあまり関係ない気がする。

第9位:うたわれるもの 二人の白皇

第9位は『うたわれるもの 二人の白皇』だ。20年前に発売されたゲームが原作で、アニメもついに完結することになるらしい。アニメ制作会社はWHITE FOXということで、かなり期待できる。

でも僕はまだ『うたわれるもの』を視聴したことがないので、とりあえず急ピッチで試聴しなければ……。

第8位:ようこそ実力至上主義の教室へ

第8位は『ようこそ実力至上主義の教室へ』のTVアニメ2期だ。僕は個人的に、TVアニメの綾小路清隆の雰囲気が好きなので、それなりに期待値は高い。

ただし、僕も既に原作を全巻読んでしまっているので、ストーリーに関しては既知の状態ではある。それでもTVアニメを楽しめるのかどうかは分からない。

けれども、TVアニメだけ視聴している人であれば、十分楽しめる内容だと思う。

第7位:組長娘と世話係

第7位は『組長娘と世話係』だ。多分、日常系というかヒューマンドラマ系の作品だと思う。

アニメ制作をfeel.が一部担当しているということで、作画の部分は問題なさそう。

第6位:オーバーロードⅣ

第6位は『オーバーロードⅣ』だ。今期のラノベ枠で最も期待できるのは本作だろう。

なんだかんだで、アニメ制作をマッドハウスが担当しているのは大きい。

第5位:ラブライブ スーパースター!!

第5位は『ラブライブ スーパースター!!』のTVアニメ2期だ。『虹ヶ咲』のTVアニメ2期もそうだったけど、新しい『ラブライブ!』を見せてくれると思う。

なんだかんだでどの『ラブライブ!』も、TVアニメ2期の終盤がめちゃくちゃ面白かったりする。『ラブライブ スーパースター!!』も十分期待できるし、今までにない展開を見せてくれるかもしれない。

第4位:Engage Kiss

第4位は『Engage Kiss』だ。PVをみると、ちょっとヤンデレ気質なラブコメの雰囲気と、ダイナミックな戦闘シーンが融合してる感じとなっている。本当に予測不可能な展開が待ち受けていそうだ。

アニメ制作もA-1 Picturesが担当しているので、作画は問題なさそう。あとはストーリーがどれだけ面白いかにかかっている。

第3位:メイドインアビス 烈日の黄金郷

第3位は『メイドインアビス 烈日の黄金郷』だ。今期の続編アニメの中で最も期待できる作品なのは間違いない。今度は僕達にどんな絶望を与えるのだろうか……。

第2位:ユーレイデコ

第2位は『ユーレイデコ』だ。数々の個性派作品を手掛けてきたサイエンスSARUがアニメ制作している時点で、面白くないわけがない。

PVを見る限り、SNSのいいね、つまり承認欲求がテーマになっているように思える。現代社会に突き刺さるメッセージ性が期待できそうだ。

第1位:プリマドール

第1位は『プリマドール』だ。Keyが原案ということで、それだけで期待値が上がってしまう。アニメ制作はバイブリーアニメーションということで、なんともいえない。けれどもPVを見る限り、クオリティは問題なさそうだ。あとはストーリーがどんな展開を迎えるか次第だと思う。

さいごに

今期は本当に豊作だ。自分でも、よくTOP10まで絞れたなと思う。

ビッグタイトル作品も多いし、期待の新作も数多く登場している。今年の夏は楽しいアニメライフが送れそうだ!

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。