ノマド

ノマドワーカーが仕事で使うアプリ【おすすめ15選】

ノマドワーカーにおすすめのアプリ

ノマドワーカーはどこでも仕事できる体制を整えている。

ノマドといえば「スタバでMacbookをいじってるやつ」という印象がある。だが、本当にノマドワークしている人は、電車の中でもスマホを使って仕事しているはずだ。

ということで今回は、実際に日本国内でノマド生活を送っている僕が、仕事で使っているアプリを紹介してみる。ぜひ参考にしてみてほしい。

スマホでやることとPCでやることを明確にする

アプリを紹介する前に。

まず、スマホでやることとPCでやることを明確にする必要があると思っている。特にスマホの場合、SNSやソシャゲの誘惑に負けてしまいがちだ。だから、スマホで何をやるかを明確にすることで、生産性のある時間を意識的に増やす必要がある。

例えば僕は以下のように分けている。

原稿の執筆自体はスマホでも十分可能だ。だが、データ量の重い動画制作はPCで行なっている。

文字を執筆すること自体はスマホでも可能なので、クライアントとの連絡や営業もスマホでできるはずだ。こうして、スマホで仕事ができるようになれば、様々な隙間時間を仕事時間に変えることが可能になる。

ノマドワーカーが仕事で使うアプリ15選

さて、ここからはノマドワーカーが仕事で使うアプリを紹介していく。

前提として、僕は現在、ライターとして仕事している。そのため、執筆ツールを中心に紹介していくことになる。ライターを目指している人は参考にしてみてほしい。

Googleカレンダー

Google カレンダー: 予定をスマートに管理する

Google カレンダー: 予定をスマートに管理する

Google LLC無料posted withアプリーチ

まず、スケジュール管理及びTodoリストはGoogleカレンダーを利用している。数あるカレンダーアプリの中でも、やはりGoogleカレンダーが一番使いやすい。クラウドでスムーズに連携できるのが便利だ。

ちなみにTodoリストは、Googleカレンダーのリマインダー機能を利用している。

Googleドキュメント

Google ドキュメント: 同期、編集、共有

Google ドキュメント: 同期、編集、共有

Google LLC無料posted withアプリーチ

執筆ツールとして最も多く利用しているのがGoogleドキュメントだ。現在、Webライターの仕事の大半で、Googleドキュメントでの納品が求められているためである。

また、GoogleドキュメントはPCと連携させることが可能だ。そのため、「隙間時間はスマホで執筆して、まとまった時間があるときはPCで」という形で仕事を進められる。

スマホ向けのデザインになっていないのが難点だが、普通に執筆する分には全く問題ない。

Googleスプレッドシート

Google スプレッドシート

Google スプレッドシート

Google LLC無料posted withアプリーチ

Googleドキュメントと併せて、Googleスプレッドシートも利用している。ただし、スマホでの操作性が悪いので、記入することはあまりない。基本的には閲覧のみの利用だ。

Notion

Notion - notes, docs, tasks

Notion – notes, docs, tasks

Notion Labs, Incorporated無料posted withアプリーチ

最近は、Notionで仕事を進めることが増えてきた。

ライターとして仕事を受ける側としては、Notionである必要はない。ただ、クライアント側はNotionの方が便利であることが多いのだ。

おそらく、スタートアップやベンチャーといった若い企業を中心に、Notionが広がっていくと思う。

Wantedly Visit

Wantedly Visit - 転職より気軽なマッチング

Wantedly Visit – 転職より気軽なマッチング

Wantedly, Inc無料posted withアプリーチ

国内発のビジネスSNSであるWantedlyのスマホアプリ「Wantedly Visit」は、主に営業ツールとして利用している。

パッと案件を探して1クリックでエントリーできるので、めちゃくちゃ便利なのだ。そのため僕の営業は、週に1回の頻度でWantedlyを確認して、気になる仕事があったらエントリーするだけなのである。これで最低でも月に2つぐらいは案件が手に入る。

Twitter

Twitter ツイッター

Twitter ツイッター

Twitter, Inc.無料posted withアプリーチ

Twitterも営業ツールとして利用している。「#ライター募集」のハッシュタグで検索すると、わんさかと案件が出てくるので非常に便利だ。僕がこうしてノマドでライターをやるきっかけも、Twitterでゲットした仕事でそれなりに稼げたことだったりする。

それと、当ブログが更新されたときは、僕自身のTwitterアカウントで共有するようにしている。全然アクセスはないんだけど……。

ちなみに、Twitterはボーッと見ているだけで時間を消費してしまうので、それなりに注意が必要だ。プライベート用と仕事用でアカウントを分けた方がいいと思う。また、無駄なフォローは控えておくことをおすすめする。健全なタイムラインを構築しよう。

Gmail

Gmail - Google のメール

Gmail – Google のメール

Google LLC無料posted withアプリーチ

チャット全盛の時代でも、メールでやり取りするクライアントは多数いる。その際に僕が利用しているメールアプリはGmailだ。ただし、特にこだわりがあるというわけではなく、単純にGoogleアカウントが僕のビジネスメールアドレスだからだ。

ちなみに個人的な体感として、チャットではなくメールを採用しているクライアントは、仕事のスピードが遅い。

Slack

Slack

Slack

Slack Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

おそらくチャットアプリで最も優れているのがSlackだ。スレッド機能を組み合わせているチャットアプリなので、目的意識を保ちながらやり取りすることができる。

そしてここ最近は、Slackを利用しているクライアントが急増している。フリーランスで活動するなら必須級のアプリといっていいだろう。

また、個人的な体感としても、Slackを利用しているクライアントは、仕事のスピードが早い。特に、しっかりスレッドで返信したり、即リアクションしたりする人は優秀である確率が高いと思う。

Chatwork

Chatwork

Chatwork

Chatwork Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

日本の中小企業で採用されることの多いチャットアプリがChatworkだ。Slackと同様に、フリーランスで活動するなら必須級のアプリだといえる。特にライター業は、Chatworkの利用率が高い。

本当にシンプルなチャットツールなので、人によってはSlackよりも使いやすいかもしれない。

LINE WORKS

LINE WORKS - ビジネスチャット

LINE WORKS – ビジネスチャット

WORKS MOBILE Corp.無料posted withアプリーチ

最近はLINE WORKSを利用するクライアントが増えてきた。LINE WORKSはビジネス版LINE的なアプリで、LINEと同じ感覚で利用できるのが特徴だ。

必須級のチャットアプリとまでは言わないが、なんだかんだで必要になってくるケースがあると思う。

ちなみに、使い勝手はそこまで良くない。

Focus

Focus - 仕事効率化タイマー

Focus – 仕事効率化タイマー

Meaningful Things GmbH & Co. KG無料posted withアプリーチ

Focusは、時間管理術の一つであるポモドーロ・テクニックを手軽に利用できるアプリである。

具体的な手順は以下の通りである。

1.達成しようとするタスクを選ぶ
2.キッチンタイマーで25分を設定する
3.タイマーが鳴るまでタスクに集中する
4.少し休憩する(5分程度)
5.ステップ2 – 4を4回繰り返したら、少し長めに休憩する(15分 – 30分)

Wikipediaより引用

このような手順がスムーズにできるのがFocusだ。僕はFocusをApple Watchで利用するようにしている。そうすることでスマホを触ることがなくなるので、誘惑に負けづらくなるのだ。

人によるところだけど、個人的にはポモドーロ・テクニックで集中できるようになった。

note

note(ノート)

note(ノート)

note inc. (Tokyo)無料posted withアプリーチ

僕は当ブログの他に、noteでも記事を投稿している。一時期、毎日noteを投稿していたことがあったけど、その度にスマホでnoteを開いて執筆していた。

noteはスマホでもめちゃくちゃ使いやすいデザインになっているのが特徴だ。また、Amazonのアフィリエイトリンクも貼りやすい。ブログを始めたいのであれば、noteから始めてみても全然いいと思う。

WordPress

WordPress - サイトビルダー

WordPress – サイトビルダー

Automattic無料posted withアプリーチ

当ブログはWordPressで運営している。そして最近は、スマホアプリのWordPressを利用して原稿を執筆するようになった。

今まではApple標準のメモアプリで原稿を執筆していたけど、「いっそのことWordPressにそのまま執筆した方が良くない?」ということでWordPressをスマホにも導入したのだ。そしたら使い勝手が良かったので、今に至っている。

ちなみに同期機能の使い勝手が微妙なので、記事の更新タイミングなどは注意が必要だ。また、スマホアプリの方が入稿作業の使い勝手も悪いので、入稿はPCで行うのがいいと思う。

Pro Camera by Moment

Pro Camera by Moment

Pro Camera by Moment

Moment Inc.¥1,100posted withアプリーチ

カメラアプリはPro Camera by Momentを利用している。僕がMoment製のレンズを利用しているからだ。

やはりRAWやLogで撮影できるのが強い。”写真は加工する派”の人は、ぜひ試していただきたい。

Lightroom

Lightroom:写真&動画エディター・写真映像編集

Lightroom:写真&動画エディター・写真映像編集

Adobe Inc.無料posted withアプリーチ

写真加工はLightroomを利用している。やはりなんだかんだでLightroomが一番なのだ。

特に露出やコントラストなどをオートで調整してくれる機能がめちゃくちゃ便利。RAW画像をオートで調整して、ディテールや色彩を自分好みに加工するだけで、インスタ映えの写真が出来上がる。

いずれは写真加工も仕事にしていきたいところだけど、これはもう少し実績と修行が必要だな……。

さいごに

やはりスマホの使い方で、人生の豊さが大きく変わると思う。

例えば1日5時間スマホを使っているといっても、SNSで消費しているか、クリエイティブなことに使っているかで、意義が全く変わってくる。

実際、スマホで記事は書けるし、高品質な画像も作れるし、映画も作れるわけだ。これを利用しない手はないと思う。

さあ、旅でインスピレーションを得ながら、スマホでクリエイティブに没頭しよう!

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。