ミニマリスト

ミニマリストにオススメの銀行口座を3つ紹介してみた!

ミニマリストにオススメの銀行口座

今回はミニマリストがオススメする銀行口座を紹介していく。

現在、さまざまなスタイルの銀行が登場している。こんな状況なので、自分の生活スタイルに合った銀行口座を選ぶこともできるようになった。

そこで今回は、ミニマリストにオススメの銀行口座を紹介してみる。実際に僕が利用している銀行口座なので、体験談を交えながら説明してみようと思う。

ミニマリストにオススメの銀行口座

オススメの銀行口座は3つあります。

銀行口座①:PayPay銀行

ミニマリストにオススメの銀行口座の1つ目はPayPay銀行だ。

PayPay銀行はその名の通り、PayPayとの連携が特徴となっている。PayPay口座とのお金のやり取りがシームレスだ。例えば友人からPayPayで送金してもらったお金を、PayPay銀行の口座に移し替えることができるようになる(一部例外もある)。手数料はもちろん無料だ。

また、PayPay銀行は実質的にソフトバンクの傘下なので、ソフトバンクユーザーにもオススメとなっている。そしていずれはLINE PayとPayPayの機能が上手い感じに統合される可能性もあるので、LINE PayやLINEMOユーザーにもオススメだ。

区分としてはネット銀行になるので、コンビニなどでATMを24時間利用できるのが嬉しい。ただし、3万円以下の取引は月に1回のみの無料なので、少額の現金を月に何回も引き出す人には向いてないかも。でもそれだったら、いっそのことキャッシュレス生活を始めてしまえばいいと思う。

ちなみに僕はLINEMOユーザーでもありPayPayユーザーでもあるので、プライベート用の銀行口座としてPayPay銀行を利用させてもらっている。PayPayの口座とシームレスにやり取りできるのが便利だ。

ミニマリストのキャッシュレス事情→現金を徹底的に排除せよ!ミニマリストのキャッシュレス事情について根拠と実際の利用例を元に説明しています。ミニマリストに興味がある人、完全キャッシュレスについて知りたい人はぜひ読んでみてください。...

PayPayのインストールはこちら

銀行口座②:住信SBIネット銀行

ミニマリストにオススメの銀行口座の2つ目は住信SBIネット銀行だ。

住信SBIネット銀行はSBIホールディングスが展開している銀行で、SBI証券との連携が強いのが魅力となっている。

僕はSBI証券を将来利用することを考慮して、住信SBIネット銀行を個人事業用の銀行口座として利用している。それに合わせて、SBIのクレジットカードであるミライノカードを事業用のクレジットカードにしている。

このようにしてSBI系のサービスで連携するようにすると、住信SBIネット銀行独自の「スマプロランク」というものが上がる。スマプロランクが上がるとATMの振込手数料の無料利用回数が上がるのだ。僕の場合、スマプロランクが2なのでATMと振込が月5回まで無料になっている。

資産運用を検討していてSBI証券を利用する予定の人は、住信SBIネット銀行が非常にオススメだ。事業用の銀行口座としてもかなり使いやすいと思う。

銀行口座③:ゆうちょ銀行

ミニマリストにオススメの銀行口座の3つ目はゆうちょ銀行だ。

ゆうちょ銀行は日本全国にATMがあるのが最大の特徴だろう。その数は5万店以上ということで、日本国内で最もATMのある銀行となっている。

また、平日の日中であれば何回でも無料で取引できるのも嬉しい。ATMによっては土日祝日でも無料で取引できることもあるので、そんなATMが生活圏にあるならゆうちょ銀行一択になる。

ただし便利なATMである分、利用者が非常に多く、ATMで行列になっていることが多いのがデメリットだ。また、ネット銀行のような、キャッシュレスにおける使い勝手の良さはない。以上の点から、スマートに決済したいキャッシュレスユーザーにはゆうちょ銀行はオススメできない。

ちなみに僕は、ゆうちょ銀行の口座を所有してはいるものの、奨学金用途にしか利用していない。普段使いする銀行口座は、やっぱりネット銀行の方が良い。

まとめ

それでは本記事をまとめてみる。

  • プライベート用口座はPayPay銀行がオススメ
  • 事業用口座は住信SBIネット銀行がオススメ
  • 現金派の人はゆうちょ銀行がオススメ

証券口座で楽天証券を利用している人は、楽天カードとの併用で楽天銀行を利用するのがよさそうだ。

銀行口座を変えるのは結構めんどくさい。だが、一度切り替えてしまえば、毎日が相当楽になるはずだ。未だにメガバンクや地方銀行を利用している人は、ネット銀行への切り替えをぜひ検討してほしい。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。