ミニマリスト

ミニマリストは美容院じゃなくて1000円カット【男性向けです】

ミニマリストは美容院を使わない!?

僕は大学2年生の頃まで、美容院を利用していた。しかし、大学3年生でモノを断捨離するようになってから、美容院をキッパリ辞め、1000円カットを利用するようになった。

確かに美容院は良い。自分に合った最高の髪型に整えてくれる。しかし、特に若者とかだと「美容院の出費が痛いなぁ」と思うことがある。果たして、そこまでの出費をしてまで髪型にこだわる必要があるのだろうか。そして1000円カットでも満足のいくはできないのだろうか。

そして僕は結論を出した。1000円カットでも十分だと。今回はミニマリストが1000円カットでも十分な理由を解説していこうと思う。ぜひ参考にしてみてほしい。

ミニマリストは1000円カットで十分な理由

理由は3つあります。

理由①:1000円カットでもクオリティは保てる

僕は大学2年生の時、毎月、美容院に通っていた。髪の伸びるスピードは人それぞれだけど、僕の髪の伸びるスピードは中々速く、月1で通わないと髪型をキープできなかった。だから、それなりの出費になっていたし、スケジュール調整も面倒くさかったのを覚えている。

しかし、今は美容院を辞めて1000円カットで散髪するようになった。当初は「1000円カットは厳しいでしょ…」と思っていたけど、100点満点中60点ぐらいの髪型にできることがわかった。髪型・髪質や頼み方次第では、70点ぐらいの髪型にもできる。月1で通うのは変わらないけど、美容代が数分の1にまで削減されたのはデカい。

美容院で100点満点の髪型に仕上がっても、髪が伸びたり毛量が元通りになってしまえばそれまでだ。それだったらこまめに散髪してもらった方が、トータルでは高品質の髪型を保てるのではないだろうか。「美容院の出費が痛いなぁ」と思っている人は、1000円カットの利用を検討してみてほしい。

理由②:超スピーディー

1000円カットの魅力は安さだけではない。1000円カットは回転率が重要だから、散髪がスピーディーに終わる。目安は10分だ。通常、美容院だとカットだけでも30分ぐらいはかかってしまう。それが10分になるだけで、かなりの時間短縮になるだろう。

ただしもちろん、客の並びには注意してほしい。並び次第では30分以上かかることもある。しかも大半の1000円カットでは予約ができないので、スケジュール通りにならないこともあるだろう。だが、1000円カットはどこにでもあるので、「そろそろ髪切ろっかな」と思った時に気軽に寄ることができる。もし混んでいても「また今度寄ればいいか」という感じになるので、そんなに困ることはない。

超スピーディーなおかげで、様々な部分で余裕が生まれる。1000円カットの大きいメリットだ。

理由③:どこでも気軽に寄れる

僕みたいなアウトドア気質の人間にとっては、どこでも気軽に入れるのは大きなメリットだ。「1000円カットで散髪する」と腹を括ってしまえば、日本中の1000円カットを使い回すことができる。

美容院だとわざわざ予約しないといけない。しかも初めての美容院は無駄に緊張するし、費用対効果が合わないハズレの店を引くことだってある。
その点、1000円カットは便利だ。元々60点ぐらいを前提に散髪するので、心理的負担も少ない。変に手厚い接待もないのもポイント高い。

日本中を回っているような旅人気質の人間に、1000円カットはオススメだ。

美容院はたまーに行くぐらいでちょうどいいかも

僕みたいに毎月のように1000円カットを利用する必要はない。1000円カットは、髪型の調整に利用するのに適している。

美容院は半年か数ヶ月に1回ぐらいにしておいて、髪の長さ・毛量を調整したいときだけ1000円カットを利用する。そうすれば安定して80点代の髪型を出せるのではないだろうか。

実は身近にいるオシャレさんも、意外に1000円カットを活用していたりする。ぜひとも検討してみてほしい。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。