ミニマリスト

ミニマリストにベルトは必要ない

ミニマリストにベルトは必要ない

今回はミニマリストのベルトについて書いてみようと思う。

僕は、ベルトは基本的に必要ないと思う。今の時代、職種を選べば、スーツを着用する必要がないからだ。

もしベルトを着用するのであれば、本革である必要はない。そこらへんに売っているストレッチベルトで十分だ。

では、詳しく解説してみよう。

スーツを着なければベルトは必要ない

僕はここ最近、スーツを着なくなった。最後にスーツを着たのがいつだったのかも覚えていない。機能性と動きやすさを重視して、普段はスポーティな服装で過ごしている。

スーツを着用しなくていいなら、ベルトが必要になるパンツを履かなくてもよくなる。紐でウエストを調整するタイプのパンツを選べばいいのだ。ちなみに僕は、無印良品のMUJI WALKERのパンツを履いている。コスパがいいし、動きやすくて快適だ。

ミニマリスト流ズボンの選び方【MUJI WALKERが最強です】 今回は『ミニマリスト×ズボン』について語っていく。 ズボンは必需品だ。ちゃんとしたズボンを選ぶだけで、QOLが大きく向上する。 ...

このように、スーツを着ないのであれば、ベルトの重要性は一気に下がる。ベルトを必要とするパンツの場合、ベルトを忘れたときのダメージが大きかった。ベルトが必要ないパンツであれば、この問題も解消される。

ベルトはストレッチベルトがオススメ

もしどうしてもベルトが必要なのであれば、ストレッチベルトがオススメだ。ベルト穴が存在せず、ストレッチ性のある素材が用いられているため、様々なサイズに対応している。

僕も、自分の体型に合うベルトが見つからず、探すのも面倒だったので、ストレッチベルトを利用していた。ストレッチベルトはフォーマルとカジュアルのバランスがいいのも魅力だ。

まとめ

やはり余計なアクセサリーは徹底的に排除したいところだ。特にベルトは際たる例で、フォーマルシーンのみの使用でいいと思う。そしてフォーマルシーンなんてほとんどないのだから、実家に置いておくか、レンタルでベルトを利用するのがいいだろう。

ベルトの断捨離をぜひ検討してみてほしい。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。