アニメ

【ぼくらのよあけ感想】親目線で観ても面白いかも

ぼくらのよあけ

今回は『ぼくらのよあけ』について語っていこうと思う。

『ぼくらのよあけ』は、『月刊アフタヌーン』で連載されていた漫画が原作だ。そして2022年10月に、アニメーション映画が公開される。

アニメ制作は、ゼロジーが担当した。

『ぼくらのよあけ』の感想

ネタバレ注意!

『雨を告げる漂流団地』と似てる

同年に公開されたアニメ映画である『雨を告げる漂流団地』とよく似ている。というのが『ぼくらのよあけ』に対する僕の第一印象だった。

イメージカラーが”青”だし、団地が舞台になっているからだ。団地って中々被らないテーマだと思うから、尚更そう感じる。

そして『ぼくらのよあけ』と『雨を告げる漂流団地』であれば、後者の方が全体的にクオリティが高いと思う。作画・ストーリー・演出・音楽、そのどれもが『雨を告げる漂流団地』の方が優れている。

『ぼくらのよあけ』はストーリーが微妙だったと思う。心情の変化に対する動機が弱かったからだ。例えば主人公の母親は当初、「団地に入るな!」と厳しく注意していた。しかしいつの間にか「まあ今回は目を瞑ろう」という感じに、子どもたちに少しばかり無茶なことをやらせていた。

こんな感じの心情のブレが、他にもいくつか見受けられた。もう少し強い根拠が必要だったのではないかと思う。

「嘘」がテーマ

少しメタ的に『ぼくらのよあけ』を見ていくと「嘘」がテーマになっていることがわかると思う。実際、『ぼくらのよあけ』では様々なキャラが嘘をついていた。

そしてそう考えると、登場人物たちの心情に軸がないのも納得できてしまう。制作陣がこれを意図していたのかは定かではない。だが実際、人間は常に変わり続けるし、流れるように嘘をつくものだ。

また、ここで取り上げる「嘘」は、約束を違えることも含まれる。

そういえば、いざ子どもの頃を振り返ってみると、「約束」をとても気にしてた気がするなぁ。例えば、親が「休日は遊びに出かけよう」って言ってたのに、なぜか連れてくれなかったとき。僕はとても反抗していた気がする。まあ今振り返ってみると、単純に親が仕事で疲れてたからだと思うけど。

だからもし僕が親の立場になったら、子どもに対する約束はちゃんと守ろうと思います。子どもだからって、約束を軽視するのはよくない。

『ぼくらのよあけ』の評価

作画80点
世界観・設定70点
ストーリー68点
演出65点
キャラ70点
音楽50点

作画

クオリティは思ってたよりも普通だった。それはあくまでも期待値より低いというだけで、クオリティ自体は普通に高い。特に背景やCGが良かった。キャラの動きは、まあ普通。

世界観・設定

現代的なジュナイブルという感じ。大人向けというよりは子ども向けの設定だと思う。

ストーリー

ストーリーは120分という長尺の割に、論理的な部分が作り込まれていなかったように思う。特に、キャラの心情がブレすぎている。態度が急変するので、どうしてもそこが気になってしまい、中々のめり込めなかった。

演出

個人的には、岸姉弟の家族愛を見せつけてくるシーンの演出が好き。ここはもっと深掘りしても良かった気がするなぁ。

キャラ

「小学生である必要はあるのだろうか?」と思ってしまったけど、これはおそらく親目線のストーリーも加えたいからだと思われる。

それと全体的にキャラは良かった。心情がビタっと決まってれば尚良かったんだけどね。

音楽

音楽は普通。特に印象に残った部分もなかったかな……。

さいごに

『ぼくらのよあけ』は正直のところ、なんともいえないクオリティだった。面白いことには面白いけど、1,900円払う価値を感じる人は、そう多くないだろう。個人的には、もう少し挑戦的なアニメ表現を試みてよかったと思う。音楽をゴリゴリの電子音楽にしてみたり、ね。

どちらにせよ、保守的なアニメ映画に、僕はそこまで価値を感じない。原作漫画の売り上げ向上に繋がるのかも怪しいところだ。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。