ビジネス

読書したかったら本屋に足を踏み入れていく。「本屋は何でも屋」

社会人Aさん

仕事できる人って読書量が多いっていうよな。でも読書してみても実践できる自信がないし、つまらないんだよなぁ。

てるくん

とりあえず本屋に行ってみて下さい。

本記事を読むべき人
  • 中々読書を始められない人
  • 読書習慣が続かない人
  • 読書をした方が思っているけど行動に移せていない人

こんにちは、最近Kindle Paperwhiteを購入したてるくんです。

まだ、使用していないんですけど、目に優しいディスプレイに早速感動しています。これによって夜寝る前にも読書ができるようになったので、読書量が増大しますね。

さて、皆さんは読書を始めようと思っていますか?本記事を読んでいるということは多少読書に興味関心があるか、すでに読書を習慣化できている人だと思います。

ビジネスマンの読書というと、「経済系でないとダメなの?」という考えをしている人もいますが、正直漫画でも小説でもいいと思っています。

そして結論を言うと、とりあえず本屋に足を運ぶべきです。

説明していきます。

どんなジャンルでもいいから読書は絶対にするべき

とりあえず興味があるビジネス書を探す

人によっては読書というと小難しい専門書でないと意味がないと考えている人もいそうですが、比較的読みやすいビジネス書で十分です。

とりあえず興味があるビジネス書を探してみるといいでしょう。

よく人気のジャンルなのが、「健康」「テクノロジー」「お金」「仕事術」、といった感じでしょうか。

僕は時と場合によって、ジャンルを絞って一気に読むことがあります。

特に健康は最高の自己投資だと思っているので、しっかり読書量を確保しています。

ひとまず、表紙の雰囲気をみてビジネス書を購入してみることから始めてみるといいでしょう。

ビジネス書がダメなら小説・ラノベ・漫画でもいい

ビジネス書がダメなら正直なところ、小説・ラノベ・漫画でもいいです。できることなら小説、次にラノベ、最悪漫画といったところですね。

社会人Bさん

小説・ラノベ・漫画から何を得られるんですか?

と考える方も多いでしょう。読書で大事なのは自分とは違う世界観や価値観を体感することなのです。

その中で、小説・ラノベ・漫画の世界観はとてもいい刺激になります。

小説・ラノベに関しては作家さんの美しい文章力に触れることができ、その文章から想像する事が自分の想像力向上に繋がります。

漫画も文章表現だけではなく、絵から伝わってくる情報やページ構成に注目しながら読んでみると、勉強になることも多いです。

なんといっても、小説・ラノベ・漫画では人生の教訓になるような名作を数多く出版されています。

漫画でいえば、「スラムダンク」や「ワンピース」はめちゃくちゃ有名です。

いずれはビジネス書を読む必要がありますが、最初は小説・ラノベ・漫画からスタートして、読書習慣を身に付けるといいでしょう。

読書は質よりも圧倒的な量です

精読よりも多読の方が圧倒的にいい理由

まず、先ほども述べましたが、読書で大事なのは違う人の世界観や価値観を知ることができることにあります。

そこで、できるだけ多くの考えを知っておいた方が、自分の視野を広げることに繋がります。

また、ビジネス書って正直読む必要がない部分があります。どういうことかというと、著者がページ稼ぎとして情報を載せている場合があるということです。

逆にいうと著者が本当に伝えたいことが、1冊の中で数カ所あるということです。

冒頭とかまとめでまとめられている部分は重要であることが多いです。

その数カ所と、自分が刺激を受けた部分だけをインプットすればその本はもう用済みです。

精読で内容全てをインプットしようと思っても、行動に移せないことが多いですし、自分にとってどうでもいいことに時間をかけてしまうことになります。

「果物の美味しい部分だけを食べて、それ以外は切り捨てる」

といったイメージで読書してみるといいかもしれません。

枕元に本を積んでおくかKindle端末を買うべき

読書量を多くする一つの方法として、寝る前に読むことが挙げられます。

僕の場合、読書するときは移動時間と寝る前だけで、わざわざ読書のために時間をとっていません。元々、移動時間が一日平均1時間半あるので、十分なんですよね。

寝る前に本を読むようにするために、まず寝床のそばに本を積んでおくといいでしょう。

寝る前に読書するようにすれば、読書量が増えたり読書習慣が身に付くのはもちろんのこと、自然と眠くなりますし、スマホの使いすぎ防止にもなります。

それと同様の理由で、Kindle端末を購入することもオススメします。僕は寝る前に読書できるようにするために、Kindleを購入しました。

Kindle端末であれば目に優しいディスプレイで暗闇の中でも読書することができます。それにKindleで本の購入を済ませるようにすれば、家の中が本でいっぱいになることも防げます。

てるくん

Kindle端末を購入すれば、移動時間の時にもかさばることが少なくなりますね。確実に読書量が多くなりますよ。

出世したかったら本屋で本買って読書しとけ

本屋に行けば世の中のトレンドを知れる

本屋にいくと世の中のトレンドを知ることができます。

例えば、ベストセラーになった書籍は確実に店頭の目立つところにおいてありますし、ベストセラーでなくても世間に注目されている書籍も目立つところにおいてあります。

ラノベ・漫画でもアニメ化が最近決まった作品や、「鬼滅の刃」「約ネバ」のように話題性の高い作品も目立つところにおかれます。

逆に世間から需要がない書籍はあまり目立たないところにおかれます。

このようにして、本屋に行くことで一目で世の中のトレンドを知ることができるのです。

読書量と収入は比例するから財布を気にせず本を買いなさい

読書量と収入に相関関係があることは様々な論文で証明されていますね。

これは僕も間違いないと思っていて、読書量と収入は確実に比例していると断言してます。

読書によって知識や視野の広さを手に入れることで、確実に出世しやすいタイプになるからです。

出世というのは少なからず人の上に立つことが多いのですが、知識量と視野の広さで下の人を引っ張ることができるからです。

それに加えて、読書量が多いということはある程度のマネーリテラシーを手に入れているでしょう。

国民のほとんどが知らないだけで、お金を増やす方法はいくらでもあります。読書家の方が、マネーリテラシーを獲得している傾向にあるのは間違い無いので、結果的に読書量と収入に相関関係があるのでしょう。

これらのデータから逆算すれば、お金を気にしないで本を買いまくって、読書しまくった方が良さそうです。

本記事のまとめ

それでは本記事をまとめていきます。

本記事のまとめ
  • 読書習慣を身に付けるために漫画からスタートしてもOK
  • 読書は質より圧倒的な量
  • とりあえず本屋行っとけ

こんな感じですね。とりあえず本屋に行ってみましょう。

本屋に行けば必ず1冊は気になる本があるはずです。

実際僕もKindleで本を購入しますが、どんな本があるかトレンドを知りたいので、移動の際にふらっと書店に足を踏み入れることも多いです。

もう一回言いますが、

とりあえず本屋にいきましょう。

アニメ見るならdアニメ一択!


月額440円(税込み)で2,500作品以上見放題の、アニメ専門の動画配信サイト。
作品数はもちろん業界No.1。それなのに月額440円の超コスパ

初回限定で31日間の無料トライアルもついているので気軽に楽しめます。途中キャンセルの解約料は、もちろん発生しません。

「アニメにハマってしまった人」
「U-NEXTに入っているけど、ドラマとか邦画がいらないって思っている人」
「Netflixに入っているけど、見たいアニメが配信されていなくて困っている人」

こんな方々は一度、dアニメストアを試してみてはいかがでしょうか!?
2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】