ミニマリスト

ミニマリストが車を所有しない理由を3つ紹介【自動運転に頼る】

ミニマリストに車が必要ない理由

今回は「ミニマリスト×車」をテーマに記事を執筆してみた。

ミニマリストを名乗る多くの人たちは、「車は必要ない」と考えているようだ。僕も同じように考えていて、車は必需品ではないと考えている。そこで本記事では、僕が車を絶対に持たない理由を列挙してみる。車を所有するかで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてほしい。

ミニマリストの僕が車を絶対に持たない理由

理由は3つあります。

理由①:運転することが滅多にない

まず、運転することが滅多にない。僕が現在、都心暮らしだというのもあるだろう。都心は公共交通機関が発達しているため、車は必需品ではないのだ。

また、僕は大学卒業とほぼ同時に旅に出る予定だ。だが、それでも車を運転する予定はない。なぜなら、僕のようにスマホでも仕事ができてしまう人間にとって、移動時間は作業時間になるからだ。せっかくの貴重な作業時間を、車の運転に使うのはもったいない。車を運転して移動するんだったら、タクシーを用いて移動しながら作業した方が、パフォーマンスが向上するのだ。

そして、運転には交通事故を引き起こすリスクがある。どんなに相手が悪くても、それが歩行者だったら運転手に責任が発生してしまう。これはかなり大きいリスクなのではないだろうか。このリスクを回避するために、車を運転しないようにしている。というか運転免許も持っていない。笑

理由②:コストパフォーマンスが合わない

車を所有することはコストパフォーマンスに合わない場合が多い。車は車体の費用だけでなく、ガソリン代や保険料、メンテナンスケア、駐車場代も発生する。所有しているだけでもそれなりのお金が必要になるのだ。

また、1週間にタクシー代が1万円を切る場合は、タクシーの方がお得になるらしい。詳しくは以下の記事を参照してみてほしい。

https://www.sapporohonda.com/blog/carlife/mycar-taxi.html

理由③:自動運転技術を信じている

僕はとある仕事の関係で、自動運転技術の最新の動向を追いかけている。そうして情報を集めていると、自然と自動運転に期待してしまう。実際、ホンダが自動運転レベル3の自動運転車を展開しているわけで、無人運転は目の前の段階に来ているのだ。

また、TeslaのCEOのイーロンマスクは、2050年には人が運転できなくなる法律が制定されると予想している。つまり、「自動運転の方が格段に安全になるから人間は運転するな!」という法律になっていくのだ。

自動運転は間違いなくメインストリームで、避けられない未来でもある。僕は自動運転技術を信じている。車を持たなくても自由な移動ができる時代が、すぐそこに来ているのだと。それがいつになるのか、細かい予想をするのは難しい。ただ、自動運転が世界を変える瞬間は、僕が生きている間に確実に起こるだろう。

まとめ

それでは本記事をまとめてみる。

  • 運転することが滅多にない人に車は必要ない
  • 車はコスパに合わないことが多い
  • 自動運転技術によって車を所有する意味がなくなる

車の所有を考える前に、どうしたら車を所有しなくてよくなるか、自分なりにリサーチしてみることをオススメする。もしかしたら生活圏の全域を賄えるモビリティサービスがあるかもしれない。ぜひ検討してみてほしい。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。