ミニマリスト

ミニマリストのキャッシュレス事情→現金を徹底的に排除せよ!

こんにちは、てるくんです。

今回はミニマリストのキャッシュレス事情についてお話ししていこうと思います。

本記事を読むべき人
  • ミニマリストを目指している人
  • 現金の支払いがめんどくさいのでキャッシュレス化したい人
  • スマートに生活してみたい人

結論からいうと、多くのミニマリストがキャッシュレスに対してはマジで本気に取り組んでいます。

そしてミニマリストを目指している皆さん。

キャッシュレスを実現するだけで、多くの無駄な行動や思考が消えて頭の中がスッキリします。

てるくん

ミニマリストになりたいのであれば、まずはキャッシュレス化に取り組むべきです。

キャッシュレスのメリットをおさらい!

キャッシュレスのメリットをおさらいします。

キャッシュレスのメリットは大きく分けて5つ。

詳しくご紹介します。

メリット①:支払いがスマートに

キャッシュレスはとにかく支払いがスマート。

現金払いだとお金を取り出して、レジで計算してお釣りを出してもらってそれを財布に入れる。

って感じですが、キャッシュレスだったらワンアクションで決済完了です。

てるくん

僕がキャッシュレスにした1番の理由も「スマートに支払えること」でしたね。

メリット②:荷物が減る

キャッシュレスにすれば荷物を減らすことができます。

現金を持つ生活だと長財布を使う人も多かったはず。

完全キャッシュレスにすればそもそも財布自体が必要なくなります。

てるくん

コンビニでちょっと買い物する時もキャッシュレスだったらスマホだけ持ってけばOK。

メリット③:紛失のリスクが減る

キャッシュレスにすることで紛失のリスクが減ります。

完全キャッシュレスで財布の利用頻度を極限まで減らすことで、紛失する可能性を抑えます。

また、仮に財布を落としてしまったとしても、カードの利用を停止すれば金銭面で大きな損失になることもありません。

てるくん

サイバーテロを心配してる人がいますが、それよりもスリの方が被害に遭う可能性高いですよ。

リスク管理をするならキャッシュレスの方が優れています。

メリット④:お金の管理が楽

キャッシュレスであれば、取引のデータが全て記録されます。

現金だと家計簿をつけたり、頭の中で計算する必要がありました。

しかしキャッシュレスであれば全て自動的に記録されます。

てるくん

アプリや会計ソフトで全自動で管理できるのでお金の管理はめちゃくちゃ楽です。

フリーランスからするとお金の管理が楽なのはGOODポイントです。

メリット⑤:結果的に節約になる

現在、キャッシュレスのほとんどがポイント還元サービスを実施しています。当然のことながら、そのポイント分節約になります。

また、データで管理されているためお金の流れが一目瞭然。

自分のお金の使い方を見直して、無駄遣いを減らすことができます。

ミニマリスト流キャッシュレスとは?

数あるキャッシュレスの中でもミニマリスト流キャッシュレスとはなんなのでしょうか。

結論から言うと、完全キャッシュレスを目指してください。

現金とキャッシュレスを使った中途半端なハイブリッドではありません。

現金を一切使わない完全キャッシュレスを目指すのです。

完全キャッシュレスにするだけで、頭の中のお金の呪縛を消し去ることが可能になります。

完全キャッシュレスのやり方

完全キャッシュレスに必要なアイテムは4つです。

ご紹介します。

キャッシュレス①:クレジットカード

キャッシュレスアイテム一つ目はクレジットカードです。

後払いがどうしても嫌な人はデビットカードでもいいですが、クレジットカードの方が汎用性が高いです。

キャッシュレスのエースアイテムでもあるクレジットカード。

クレジットカードがあれば、ほとんどの店舗で支払い可能で、家賃や水道光熱費も支払い可能。

ECサイトも1クリックで購入可能になります。

てるくん

今となっては持っていない人の方が不思議ぐらいです。様々なキャッシュレスの土台にもなるアイテムなので絶対に持っておくようにしましょう!

キャッシュレス②:バーコード決済

現在日本が最もオススメしている支払い方法、それはバーコード決済です。

バーコード決済の最大のメリットは実は店舗側の導入のしやすさにあります。

特にPayPayやLINE Payはカードリーダーも必要ないので導入のしやすさが異次元。普及率も広がっています。

そしてその恩恵は消費者側にも回ってきており、国・都道府県や市町村が高還元キャンペーンサービスをやっていたりします。

てるくん

町田市では年末年始の12月から1月でPayPayを利用したときの20%ボーナス還元を実施していました。

キャッシュレス③:電子マネー

現在のキャッシュレスで最もスマートな決済方法、電子マネーです。

Apple Payを利用すればリーダーにスマホをかざすだけで支払いできてしまいます。

電子マネーにも様々な種類がありますが、交通系ICは絶対に導入しましょう。

関東ではPASMOやSuicaが有名ですが、どちらもモバイル対応されています。

モバイル対応して、スマホだけで支払いできるようにしてしまいましょう。

てるくん

僕はApple PayにモバイルPASMOを導入して、手首をかざすだけで支払えるようにしています。

キャッシュレス④:家計簿アプリ

完全キャッシュレスにできたら、お金の管理がめちゃくちゃ楽になります。

さらに金融機関に対応した家計簿アプリを利用すれば、お手軽に家計簿をつけることができます。

てるくん

僕はマネーフォワードMEをオススメしています。数ある家計簿アプリの中でも全自動処理に最も力を入れている印象です。

現在はPayPayを連携できないのが唯一の欠点ですが、それでも十分すぎます。

現代日本ではまだまだ現金も必要

先ほど紹介したアイテムでほとんどの店舗には対応できるかと思います。

しかし、残念ながら現代日本ではまだまだ現金も必要なのです。

理由①:キャッシュレス未対応の店舗がまだある

なんと残念なことに決済手数料をケチっていまだにキャッシュレスに対応していない店舗があるのです。

てるくん

バーコード決済や電子マネーは百歩譲って許せますが、クレジットにも対応してないのは頭おかしいです。笑

僕もたまにキャッシュレスに対応していない店舗に出くわすのですが、その時はATMまで走って現金を引出しました。。。

理由②:友人との割り勘

キャッシュレスであれば、お金の受け渡しも1円単位で可能なので非常にスムーズです。

しかし、キャッシュレスの普及率はまだまだ低いです。

いまだにキャッシュレスに対応していない友人との割り勘では現金が必須です。

てるくん

こっそりですが、キャッシュレスに対応していない友人と一緒の食事は控えるようにしています。笑

てるくんのキャッシュレスへのこだわり

ここからは僕のキャッシュレスへのこだわりを紹介しています。

3ヶ月ぐらい試行錯誤して現在に至っています。キャッシュレスのこだわりはそこそこ自信があります。

大学生はJCB CARD Wがオトクすぎる

2021年1月現在、僕は大学3年生なのですが「JCB CARD W」を利用しています。

「JCB CARD W」の特徴
  • 39歳までの登録で年会費ずっと無料
  • ポイントが常に2倍以上
  • Amazonのポイント還元が2倍

特にAmazonのポイント還元が2倍なのはめちゃくちゃ嬉しいです。

てるくん

僕はほとんどの大きい買い物をAmazonで購入しているヘビーユーザーなので、「JCB CARD W」は本当に愛してます。

PayPayとLINE Payで大体対応できる

僕はなるべくバーコード決済で対応しているようにしていますが、基本的にPayPayを利用しています。

理由はキャリアとの組み合わせがいいから。

  • ソフトバンクはPayPay
  • auはauPay
  • docomoはd払い
  • 楽天は楽天ペイ

長期的に見るとキャリアとの組み合わせでバーコード決済を選ぶといいですが、現段階だとPayPayのサービスが強すぎる印象です。

てるくん

ポイント還元が高いので、無難にキャリアで組み合わせるのがオススメです。

サブウェポンのLINE Pay

僕は基本的にはPayPayでサブウェポンとしてLINE Payを利用しています。

LINE Payの最大のメリットは誰でも所有しているということ。

LINE PayはLINEに既に搭載されているサービスです。

つまりLINEをしている人であれば、キャッシュレス上でのお金の受け渡しが可能になります。

てるくん

実際、日本国民のほとんどの人がLINEを利用していますよね。つまりキャッシュレス上のお金の受け渡しが誰でもほぼ可能ということです。

電子マネーは全部Apple Payで

電子マネーは全てApple Payに対応させています。

特に交通系ICはApple Payに対応させるべき。

チャージや定期券の更新も全てクレジットカードを利用したワンタッチで実行できます。

てるくん

交通系ICをスマホに登録すると、交通系ICカードは必要なくなるので、財布の中のカードを1枚削減させることができます。この「1枚」は相当デカイですよ。

銀行口座はネット銀行一択

今から銀行口座を開設する方、口座はネット銀行一択です。

ネット銀行のメリット
  • 回数制限があるとはいえ、24時間手数料無料
  • コンビニのATMで無料で引き出せる
  • ネット上での手続きで口座を開設できる

従来のメガバンクや地方銀行はとにかくATMの手数料が厳しすぎます。

ゆうちょ銀行は割と条件はいいのですが、数が少なかったり営業時間が短かったり。

なんといってもATMが駅前にしかないので、とにかく行列が長かったりするんですよね。

それがネット銀行であればほとんど解決。

唯一のデメリットでもある回数制限もキャッシュレスであれば、ほとんど引っかかりません。

てるくん

個人的には証券口座との結びつきが強い楽天銀行と住信SBIネット銀行がオススメです。

僕はECサイトがAmazonメインなのでSBI一択でした。

マネーフォワードで完全自動化

そして僕はお金の管理を全てマネーフォワードMEで自動化しています。

現金のやり取りだけ入力が必要ですが、僕は1週間に1回ぐらいしか現金を利用しないのでほぼ全自動。

もっと嬉しいのはフリーランスに便利な確定申告ソフトの結びつきがいいこと。

てるくん

僕は家計簿はマネーフォワードME、個人事業の会計はマネーフォワード確定申告を利用しています。

マジで便利すぎる…。これでPayPayにも対応しちゃったら無双です。

まとめ

それでは本記事をまとめていきます。

本記事のまとめ
  • ミニマリストは完全キャッシュレスを目指す
  • クレジットカード、バーコード決済、電子マネー、家計簿アプリでスマートにお金を管理する
  • それでも現代日本ではある程度の現金が必要

こんな感じです。

注意点ですが、ミニマリストだからキャッシュレスもコンパクトにまとめようと思わなくてもいいですよ。

むしろキャッシュレスを充実させて現金の取り扱いを徹底的になくした方がいいです。

しかし、現代日本では現金が必要になるケースがあるというのも否めない。

次回はキャッシュレス前提のオススメの財布も紹介します。

アニメ見るならdアニメ一択!


月額440円(税込み)で2,500作品以上見放題の、アニメ専門の動画配信サイト。
作品数はもちろん業界No.1。それなのに月額440円の超コスパ

初回限定で31日間の無料トライアルもついているので気軽に楽しめます。途中キャンセルの解約料は、もちろん発生しません。

「アニメにハマってしまった人」
「U-NEXTに入っているけど、ドラマとか邦画がいらないって思っている人」
「Netflixに入っているけど、見たいアニメが配信されていなくて困っている人」

こんな方々は一度、dアニメストアを試してみてはいかがでしょうか!?
2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】