アニメ

劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆 評価:感想

Free!絆

今回は『劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆(以下、Free!-Timeless Medley- 絆)』について語ってみる。『Free1期』が2013年、『Free!2期』が2014年に放送され、2015年には『映画 ハイ⭐︎スピード』も公開。そして『Free!-Timeless Medley- 絆』が2017年4月に公開される。

アニメ制作は京都アニメーションとアニメーションDoが担当している。

『Free!-Timeless Medley- 絆』の感想

『Free!-Timeless Medley- 絆』は『Free!2期』における七瀬遥(CV.島崎信長)目線のストーリーがまとめられた総集編だ。それに加えて『ハイ⭐︎スピード』のキャラが登場する新規カットも追加されている。やはり『ハイ⭐︎スピード』は『Free!3期』への布石となるものだった。

総集編という形で『Free!2期』のストーリーを振り返るので、正直飽きる。これが映画館だったら音と映像のクオリティが上がるので良いだろう。だが、配信サイトを使ってPCで鑑賞しても、なんだかなぁって感じだ。

それに、僕が個人的に好きだったシーンもカットされている。全国大会前日の夜に、後輩2人が涙するシーンだ。この名場面を総集編に入れないってどういうこと?

まあおそらく「今後も『Free!』は続いていく」ということで、別れを想起させるシーンを極力省いたのだろう。新規カットで「これからも仲間だ」みたいなセリフもあったし。

『Free!-Timeless Medley- 絆』の評価

作画90点
世界観・設定85点
ストーリー80点
演出80点
キャラ80点
音楽75点

作画

総集編なので、『Free!2期』同様に作画は普通に良い。

世界観・設定

上手い具合に『ハイ⭐︎スピード』のキャラを強調させた設定だった。

ストーリー

シリアスな場面だけでなく、笑える日常シーンも挿入されていたのが良かった。

演出

冒頭に挿入されていた新規カットの演出が良かった。シンプルにカッコいい。

キャラ

キャラもいつも通り。

音楽

今回の主題歌は非常に爽やかなものだった。電子音も組み合わせることで、青春やスポーツを演出してた感じ。

さいごに

『Free!-Timeless Medley- 絆』に続いて、『Free!-Timeless Medley- 約束』も上映されている。こちらは松岡凛目線で、鮫柄学園サイドのストーリーが展開される。こちらも中々熱そう。『Free!3期』を視聴するなら、見ておいた方が良さそうだ。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。