アニメ

劇場版 Free!-Road to the World-夢 評価:感想→3期の総集編

Free!夢

今回は『劇場版 Free!-Road to the World-夢』について語っていく。『Free!3期』が2018年夏クールに放送されたあと、2019年7月に『Free!-Road to the World-夢』が公開される。アニメ制作は京都アニメーションとアニメーションDoが担当した。

『Free!-Road to the World-夢』の感想

『Free!-Road to the World- 夢』は『Free!3期』の総集編的な作品だった。そして今までの総集編と比べても、新規カットの割合が大きかった。特に、『Free!3期』ではあまり語られなかった岩鳶高校サイドのストーリーが大幅に追加された。
そもそも、葉月渚(CV.代永翼)と竜ヶ崎怜(CV.平川大輔)はなんだかんだで全国大会出場を決めている。これは相当凄いことのはずだったのだ。ユーモアのある日常シーンを追加しながら、岩鳶高校水泳部のエピソードがしっかり追加された。

また、僕は『Free!3期』を視聴していた時に、「全日本選抜の結果は総集編で分かるのかな〜」と思っていた。だが、『Free!-Road to the World- 夢』でも結果はお預けだった。七瀬遥(CV.島崎信長)の世界大会出場が決めるかどうかは、『Free!FS』を視聴しないと分からないっぽい。これはこれでとても楽しみだ。

『Free!-Road to the World-夢』の評価

作画90点
世界観・設定85点
ストーリー80点
演出80点
キャラ80点
音楽75点

作画

相変わらずの京アニクオリティ。新規カットも妥協されていなかった。

世界観・設定

「『Free!3期』ではカバーしきれなかったエピソードを追加する」というテーマ性だったように思える。

ストーリー

新規カットの部分がユーモアだった。ファンにとってはかなり嬉しいだろう。今までの総集編と比べても、新規カットの割合が大きかった。

演出

総集編での編集が非常に上手い。ただ、『Free!3期』を視聴していることが前提にある感じではある。

キャラ

『Free!3期』では語りきれなかった部分が深掘りされた。新キャラの金城楓(CV.小野大輔)やアルベルト・ヴォーランデル(CV.JEFF MANNING)の背景が少しだけ分かった気がする。

音楽

音楽はいつも通り。OPの『Blue Destination』の方が好み。

さいごに

今までの総集編の中でも、『Free!-Road to the World-夢』はファンサービスが強い総集編だった。ファンにとっては嬉しい限りだろう。

そしてついに次作の『Free!FS』で最終章がスタートする。世界大会編が描かれるのだろう。遥や松岡凛(CV.宮野真守)がどこに辿り着くのか、見届けたいと思う。

Free!FS前編
劇場版 Free!-the Final Stroke-前編 評価:感想(レビュー)『劇場版 Free!-the Final Stroke-前編』について語った記事です。ネタバレしているので、視聴済みの人にオススメとなっています。サクッと読めるボリュームです。気になる方はぜひご一読を。...
『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。