アニメ

ガールズ&パンツァー(ガルパン)聖地巡礼(舞台探訪)【茨城県大洗町】

ガルパン聖地巡礼

女子高生が戦車に乗るという奇抜な設定で話題になった『ガールズ&パンツァー(以下、ガルパン)』。そんな『ガルパン』の聖地は茨城県大洗町にある。

ということで、実際に『ガルパン』で聖地巡礼してみた。本記事では僕が撮影した写真と共に、ガルパンの聖地スポットを一挙紹介していく。

『ガルパン』の聖地スポットを紹介!

大洗町は『ガルパン』の聖地巡礼にかなり力を入れていて、町が一体となって『ガルパン』を推しまくっている。その影響もあって、数多くの聖地スポットが誕生している。

『ガルパン』聖地巡礼の出発点!「大洗駅」

まずは大洗駅。『ガルパン』の聖地巡礼のスタート地点ともいえる場所だ。ここで早速、『ガルパン』のキャラがお出迎えしてくれる。

五十嵐華が提供するみつだんご「味の店たかはし」

大洗名物のみつだんごが提供されている「味の店たかはし」。1本60円で、甘トロなみつだんごを頂ける。

「味の店たかはし」は、作中に登場していないので、正確にいうと聖地ではない。だが、商店街のプロモーションの一環で五十鈴華のキャラクターパネルが設置されているのと、みつだんごが普通に美味しいことで、聖地巡礼に欠かせないスポットとなった。

アリクイさんチームが食べた串カツを「ウスヤ肉店」

商店街の中にある精肉店の「ウスヤ肉店」。聖地巡礼に訪れたファンのために、串カツを提供してくれる。こちらも「味の店たかはし」と同様に、作中に登場しているわけではないけれど、聖地巡礼に欠かせないスポットだ。

「ウスヤ肉店」では、アリクイさんチームが食べていた串カツが提供されている。これがめちゃくちゃ美味しい。店内や休憩所には、『ガルパン』グッズや、ももがーのイラストがズラッと並んでいる。

戦車で破壊される旅館でお馴染みの…「肴屋本店」

『ガルパン』の世界の中では、戦車に店舗が破壊されると、注目度が高まって売り上げが上がる設定がある。そんな中、作中で何度も破壊された旅館のモデルがある。それが『肴屋本店』だ。

店前でダー様がお出迎えしてくれる。

ちなみに『肴屋本店』には、ガルパン応援プランと呼ばれる宿泊プランが用意されていて、限定のレアアイテムが手に入るらしい。

『劇場版ガルパン』で綺麗に吹き飛んだ「大洗シーサイドホテル」

『劇場版ガルパン』で思いっきり破壊されたことで話題になった大洗シーサイドホテル。その名残りで、壁に砲撃の跡が残されている。

神磯の鳥居が超有名!「大洗磯前神社」

『ガルパン』に関係なく、大洗町の観光スポットでもある大洗磯前神社。日の出の神磯の鳥居がめちゃくちゃ優雅。

絵馬には、『ガルパン』のイラストが並んでいる。

ガルパン休憩所で一休み「旅館いそや」

大洗磯前神社のすぐそばにある「旅館いそや」。冬の時期になると大洗名物のあんこう鍋がいただける。

それと、聖地巡礼しているファンのために、休憩所が設置されていて、『ガルパン』関連グッズが展示されている。僕が訪れたときは、なぜか開いてなかったので、入れなかった…。

サイクリングが最高すぎるスポット「大洗海岸」

作中で戦車が海岸が走っているシーンがあったと思うけど、その舞台が大洗海岸だ。サイクリングで走っていると、とにかく爽快な気分になれる。

エキシビションマッチで有名な「アクアワールド茨城県大洗水族館」

『劇場版ガルパン』のエキシビションマッチの決着がついた場所。その舞台がアクアワールド茨城県大洗水族館だ。

ちょろっと水族館に寄るのもアリ。

大洗のランドマーク!「大洗マリンタワー」

『ガルパン』の背景で度々登場する大洗マリンタワー。1階にはガルパングッズなどが販売されている。

紅茶で一休みしませんか?「ガルパン喫茶 PANZER VOR」

大洗マリンタワーの2階には、ガルパン喫茶 PANZER VORが営業されている。もちろん、ガルパン関連グッズだらけ。メニューには『ガルパン』由来の料理が揃っている。

僕はダージリンを注文。これで600円なので中々安い。

戦車が走ったアウトレットパーク「大洗シーサイドステーション」

『ガルパン』のTVアニメでの聖グロリアーナ女学院戦で登場したショッピングモール。この中を戦車で走っていたと思うと、中々危ないな…。

大洗シーサイドステーションの1階にある「大洗まいわい市場」の前には、ガルパンの痛車が常に設置されている。

ガルパングッズが勢揃い!「ガルパンギャラリー」

大洗シーサイドステーションの2階には、ガルパングッズが販売されている「ガルパンギャラリー」が営業されている。大半のガルパングッズが購入できそうなぐらい、品揃えが豊富だ。

『ガルパン』に登場する大浴場のモデル「潮騒の湯」

『ガルパン』で登場する温泉のモデルとなっているのが「潮騒の湯」。海が見える露天風呂が楽しめる。

『ガルパン』とは関係ないけど訪れたい「めんたいパーク」

聖地ではないのだけれど、大洗に来たらぜひ寄ってみてほしい場所が「大洗めんたいパーク」だ。明太子の工場見学が無料で、フードコートには明太子をふんだんに使った料理が提供されている。

【上級者向け】キャラクターパネルをコンプする

先ほどまで紹介した聖地を回っておけば、基本的には『ガルパン』の聖地巡礼を十分楽しめると思う。しかし、『ガルパン』の聖地巡礼には上級者向けのプランが用意されている。それがキャラクターパネル巡りだ。

大洗観光協会が、『ガルパン』に登場するキャラクターの等身大パネルを街中に設置しまくっている。その数はなんと、70種類以上。
それだけでなく、戦車のパネルも設置されている。これを合わせると100以上のスポットがあるかも…。

大洗観光協会がGoogleマップを作成しているので、そちらを参照してほしい。

キャラパネルの写真をちょろっと公開!

僕も少しだけキャラパネルを撮影したので、公開してみる。

『ガルパン』の聖地巡礼のおすすめルート(日帰り)

実際に『ガルパン』の聖地巡礼を実施し、1週間大洗に滞在していた僕が、『ガルパン』の聖地巡礼のおすすめルート(日帰り)を考えてみた。

  1. 大洗駅
  2. 味の店たかはし
  3. ウスヤ肉店
  4. 割烹旅館 肴屋本店
  5. 大洗シーサイドホテル
  6. 大洗磯前神社
  7. いそや
  8. 大洗海岸
  9. アクアワールド茨城県大洗水族館
  10. 大洗マリンタワー
  11. ガルパン喫茶 PANZER VOR
  12. 大洗シーサイドステーション
  13. 大洗ガルパンギャラリー
  14. 潮騒の湯

重要な点は、大洗駅で必ずレンタサイクルを借りるようにすることだ。これだけで行動範囲が大きく広がる。1日1,000円の料金がかかるけれども、移動時間の短縮を考えると、自転車がベストな移動手段だと思う。

さいごに

数あるアニメ聖地の中でも、大洗町の『ガルパン』の盛り上がりは凄まじいものがあった。特に商店街の力の入れ方は尋常ではなく、そこらじゅうにガルパングッズが並べられている。ここまで聖地巡礼に振り切っている地域は、他にはないだろう。

そして大洗はグルメが充実しているのも良い点だ。『ガルパン』の聖地巡礼のついでに、海の幸を楽しむのもいい。冬場だったら、あんこう鍋をいただくのもいいだろう。

それに大洗は、都心からのアクセスも良い。みなさんもぜひ、『ガルパン』の聖地・大洗に訪れてみてほしい。

ガールズ&パンツァー
ガールズ&パンツァー(TVアニメ ガルパン)感想:評価:レビューTVアニメの『ガールズ&パンツァー』について語った記事です。ネタバレしているので視聴済みの人にオススメの記事となっています。サクッと読めるボリュームです。気になる方はぜひご一読を。...
『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。