アニメ

ルルーシュのギアスが一番カッコいい【復活のルルーシュ感想】

復活のルルーシュ

今回は『コードギアス 復活のルルーシュ(以下、復活のルルーシュ)』の感想を述べてみた。

TVアニメの『反逆のルルーシュ』が2008年まで放送された後、TVアニメの内容を編集した劇場版3部作が2018年まで上映される。そして2019年2月、『復活のルルーシュ』が上映される。

アニメ制作はサンライズが担当している。

『復活のルルーシュ』の感想

「やっぱりそうなるよね」という感じのストーリーだった。

『反逆のルルーシュ』のエンディングは、C.C.が不完全燃焼だったように見受けられた。だから『復活のルルーシュ』ではC.C.の想いが報われるエンディングになると、僕は予想していたけど、それがちゃんとその通りになっている。いわゆるC.C.エンドというやつだ。

これに対し、「カレンやシャーリーが報われないじゃないか!」という見方もある。でもやはり、C.C.の特異性(不死身、孤独)と、ルルーシュの立場を考えると、C.C.×ルルーシュになるのは必然だと思う。

『復活のルルーシュ』では、ルルーシュをどのように登場させるかが肝だといえる。『反逆のルルーシュ』で、”レクイエムゼロ”という完璧なエンディングをやり遂げた後に、ルルーシュを復活させるのだ。ハードルは極めて高いだろう。

そして、それに関しては、ルルーシュを”あっさり”と登場させることで解決された。物語序盤であっさりと登場させることで、視聴者は「あ、ルルーシュ普通に生きてるじゃん」という入りで物語を見ることができる。そしてルルーシュが完全復活してギアスを使うシーンで「やっぱりこれがコードギアスだ!」という感じにさせられるのだ。

にしても、これまで様々なキャラがギアスを使ってきたけど、ルルーシュのギアスが一番かっこいいよね。ルルーシュが完全復活するシーン、本当に最高だった。

『復活のルルーシュ』の評価

作画80点
世界観・設定83点
ストーリー85点
演出80点
キャラ80点
音楽80点

作画

作画のレベルは中々高いと思う。ただし、戦闘シーンに関しては『亡国のアキト』のほうが上回っているだろう。

世界観・設定

ルルーシュをどのように復活させるかが肝だったけど、そこは案外あっさりと解決されていた。平和になった後の世界でも戦争をやめられない国、中東の国をモチーフにしていたのが印象的だった。

ストーリー

「『復活のルルーシュ』のエンディングはこれしかない!」と思わせるストーリーだった。やっぱりC.C.の想いが報われないと、真のハッピーエンドにはならないよね。

演出

ルルーシュが登場するシーン、特にギアスを使うシーンはやっぱりカッコいい。

キャラ

なんだかんだで、各々のキャラが、そのキャラ通りに動いていたと思う。C.C.がルルーシュを復活させるのも納得がいくし、それに対するスザクやカレンの反応も十分納得がいく。

音楽

個人的にはFLOWが出て欲しかった。だけど、OPの『この世界で』とEDの『リバイブ』も素晴らしく良い曲だった。

さいごに

『コードギアス』シリーズは、『復活のルルーシュ』で終わりではない。新作アニメーションとなる『奪還のゼット』の制作が決定されている。『復活のルルーシュ』の1年後が舞台となっているようで、ルルーシュやアキトが登場する可能性も十分にある。

こんなの、放送されたら絶対に視聴するわ。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。