アニメ

『はいふり』の聖地巡礼をやってみた!【横須賀市】

はいふり聖地巡礼

2022年6月初め、神奈川県横須賀市に滞在していたので、『ハイスクール・フリート(以下、はいふり)』の聖地巡礼を実施してきた。

『はいふり』は「JK×戦艦」がテーマとなっている作品だ。TVアニメでは主に海上が舞台となっていて、OVAと劇場版で、ようやく横須賀が登場する。そのため、『はいふり』の聖地巡礼をするには、まずOVAと劇場版を鑑賞する必要がある。

『はいふり』の聖地スポット

『はいふり』の舞台は神奈川県横須賀市だ。正確に言うと、横須賀中央駅、汐入駅、横須賀駅、衣笠駅周辺に聖地スポットがある。

横須賀中央駅前Yデッキ

横須賀中央駅前Yデッキ
ココたちが署名活動をしていた場所。横須賀中央は人が非常に多いので、署名活動には最適そう。

さかくら総本家

さかくら総本家
ほっちゃんとあっちゃん(杵崎双子)が修行を積んでいた菓子処のさかくら総本家。

雀荘いりふね

雀荘いりふね
機関科の連中が麻雀していた雀荘のモデル。麻雀、やったことないんで中に入る勇気はなかった…。

三笠公園

三笠公園モニュメント
イベントが開催された三笠公園。この像は東郷平八郎。
三笠
横須賀市のシンボル的存在である三笠。世界三大記念艦の一つだ。
三笠公園屋外ステージ
ミケとモカがライブで歌った野外ステージ。

よこすかポートまーけっと

旧:よこすかポートまーけっと
よこすかポートまーけっとの跡地。作中でちょろっと登場するのだけれど、なんか改装してた。

平和中央公園

平和中央公園
『はいふり』のOVAで、美化委員の2人がマチコの撮影会を実施していた場所。とても見晴らしがいい。

コースカベイサイドストアーズ

コースカベイサイドストアーズ
砲雷科のメンバーがボーリングをする場所。横須賀を代表するショッピングモールで、ここに来れば、とりあえずなんでもある。
横須賀HUMAXシネマズ
コースカベイサイドストアーズの中にある横須賀HUMAXシネマズ。僕が訪れた時は『劇場版はいふり』がリバイバル上映されていて、ディスプレイは『はいふり』一色。

どぶ板通り

どぶ板通り
ココがみなみに密封指示書を渡す場所。夜になると米軍関係者や米国人で、異国の盛り上がりを見せる。

諏訪公園

諏訪公園
航海科のツグとメグが、ココの一人芝居を見せられる場所。街中にあるけれど、とても落ち着いた場所だ。

YOKOSUKA Shell

YOKOSUKA Shell
どぶ板通りにあるダイナーで、航海科のメンバーが集結した場所。ここでどんどん噂が広がっちゃうんだよね、たしか。

ヴェルニー公園

ヴェルニー公園
ココが万里小路さんに密封指示書を渡す場所。『劇場版はいふり』では、ミケとシロとスーがキャンプしてた場所でもあったと思う。

衣笠商店街

衣笠商店街
衣笠駅近くにある衣笠商店街。ご覧の通り、『はいふり』でちょびっと推してきている。
衣笠商店街の掲示板
メイとタマが将棋を指していた場所。ベンチは無くなってたな……。

衣笠山公園

衣笠山公園
美化委員の2人が、マチコをモデルにして創作活動に励む場所。写真でもみえるあの塔の上に、マチコが立ってるんだよね…。

のぼり雲

のぼり雲の外観
タマとメイが利用した温泉。僕も友人と入ったけど、中々快適だった。
のぼり雲の内観
のぼり雲の玄関を入ってすぐで、レオとソラのキャラクターパネルを発見。

『はいふり』の聖地MAP

さいごに

今回は横須賀に滞在するついでに、『はいふり』を鑑賞して、聖地巡礼を決行した。元々、横須賀は米軍や海軍をフル活用して、様々なグルメや観光スポットを生み出している。特に”米軍”を活用しているという意味では、日本でも珍しいタイプの観光スポットなのではないだろうか。

横須賀に訪れたら、ぜひ『はいふり』の聖地巡礼を。そして海軍カレーやヨコスカネイビーバーガーを食べてみてほしい。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。