アニメ

劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME 評価:感想:レビュー

劇場版花咲くいろは

今回は『劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME(以下、劇場版花咲くいろは)』について語っていく。

TVアニメの『花咲くいろは』が2011年春クールから2クールにかけて放送。その後、2013年3月30日に『劇場版花咲くいろは』が上映された。ちなみに、『花咲くいろは』の舞台となった石川県では、2013年3月9日に先行上映されている。

アニメ制作会社はP.A.WORKSで、メインスタッフに大きな変更はない。

花咲くいろは
花咲くいろは(TVアニメ)評価:感想→旅館業の葛藤が描かれる『花咲くいろは』について語った記事です。ネタバレしているので視聴済みの人にオススメとなっています。サクッと読めるボリュームです。気になる方はぜひご一読を。...

『劇場版花咲くいろは』の感想

『劇場版花咲くいろは』では親子関係がフォーカスされている。主人公の松前緒花(CV.伊藤かな恵)と松前皐月(CV.本田貴子)はもちろんのこと、皐月と四十万スイ(CV.久保田民絵)、押水菜子(CV.豊崎愛生)と母親の押水佳代子(CV.新井里美)の関係性が深掘りされていた。

基本的には「家族よりも仕事を優先する母親」に対して、娘が気持ちを爆発させるというシナリオ構成だ。僕の親も仕事を優先するタイプだったので、感情移入しやすかった。

だが、「母親が何のために仕事をしているのか」というと、それはやはり、子どもを育てるためだろう。緒花、皐月、菜子はそれに気づくことができ、また一つ、大人の階段を登った。
このようにして、『劇場版花咲くいろは』では親子関係の心情描写がしっかり描かれていた。

ちなみに、親子関係とか一切ない鶴来民子(CV.小見川千明)、和倉結名(CV.戸松遥)、輪島巴(CV.能登麻美子)は、盛り上げ要員として活躍していた。個人的に結名が推しなので、全員が活躍できるシナリオ構成にしてくれたのは嬉しい。

『劇場版花咲くいろは』の評価

作画80点
世界観・設定80点
ストーリー80点
演出75点
キャラ80点
音楽75点

作画

TVアニメと変わらないレベルの作画。高校生の時の皐月の写真の絵がすごい良かった印象。

世界観・設定

家族愛に深掘りした設定も良いし、OVA的な要素(お色気シーン)がしっかり挿入されてたのがよかった。

ストーリー

60分という短い尺だったけど、ほのぼの日常もシリアスシーンもしっかり描かれていた。あっという間だったな。

演出

菜子と、妹の押水麻奈(CV.慶長佑香)が再開するシーンの演出にはグッとくるものがあった。

キャラ

主なキャラ全員が活躍してくれたのが嬉しい。妹の麻奈も良いキャラしてた。

音楽

『花咲くいろは』といえば、やっぱりnano.PIRE。『劇場版花咲くいろは』でも主題歌『影踏み』が提供された。

さいごに

『花咲くいろは』シリーズは『劇場版花咲くいろは』で終わらない。TVアニメ終了から7年後が描かれた『花咲くいろは〜いつか咲く場所〜(小説)』がP.A.BOOKSで刊行されている。機会があれば全巻読んで、感想記事も投稿してみようと思う。こちらもぜひ読んでみてほしい。

『花咲くいろは』聖地巡礼
『花咲くいろは』の聖地巡礼をやってみた!【石川県金沢市】『花咲くいろは』の聖地巡礼についてまとめた記事です。聖地スポットを紹介しています。『花咲くいろは』の聖地を巡礼する予定の人にオススメの記事です。ぜひ気軽に読んでみてください。...
『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。