ミニマリスト

ミニマリストはハンカチを何枚持っているの?【2枚で十分です】

今回は「ミニマリストがハンカチを何枚持つべきなのか」のテーマについて語っていく。

結論から言うと、ハンカチは2枚で十分だ。なぜなら、僕が利用しているmont-bellの『マイクロタオル ハンド』は1時間で乾いてしまうからだ。

また、本記事ではハンカチの枚数事情や選び方についても解説している。ぜひ参考にしてみて欲しい。

mont-bellのハンカチが2枚あればOK

通常のハンカチであれば洗濯ペースを考慮して3枚は欲しいところだろう。

だが、mont-bellの『マイクロタイル ハンド』は1時間で乾いてしまう。これなら余裕を持って2枚持つぐらいが丁度いいし、やろうと思えば1枚でもやっていけそうだ。

『マイクロタイル ハンド』は別記事で紹介しているので読んでみて欲しい。

ミニマリスト向けの最強のハンカチを1つだけ紹介【mont-bellです】ミニマリストにオススメのハンカチを紹介した記事です。結論から言うとmont-bellの『マイクロタオル ハンド』がオススメです。メリット・デメリットを紹介するのでぜひ参考にしてみてください。...

ハンカチの洗濯の手間は無駄

ハンカチの洗濯の手間は無駄だ。ただ手を洗うためだけのものに、何時間もの労力を使ってられない。

だったら、パッと水洗いして速攻で乾くマイクロファイバー製のハンカチを選んだほうが時間の効率が良い。

洗濯ペースのせいでハンカチを3枚も持つのは非合理的だ。ハンカチは機能性重視で選んだほうが良い。特にコンパクトさは重要な要素になり得る。

複数枚用意するなら同色で揃える

複数枚用意するのであれば、同色で揃えるようにしよう。ハンカチでカラーバリエーションをつけてしまうと、「今日は何色にしようかな〜」という無駄な思考が発生してしまう。

その瞬間が楽しいのであれば別に良いのだが、人生の貴重なリソースはそんなことのために使うのはもったいなさすぎる。

ハンカチに限った話ではないが、複数枚用意するのであれば同色で揃えるようにしよう。全リソースの可能な限りを仕事に使って世界を変えたスティーブ・ジョブスを見習って。

まとめ

それでは本記事をまとめていく。

  • ミニマリストのハンカチは機能性重視で選ぶ
  • そうすれば2枚で済むはず
  • ハンカチの洗濯の時間はもったいない!
  • 複数所有するのなら同色で揃える

ぜひお役に立てていただければと思う。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。