アニメ

はたらく細胞評価:感想→血小板ちゃんがめちゃ可愛いので魅力を紹介します

こんにちは、てるくんです。

今回は「はたらく細胞」の評価と感想の記事です。

本記事を読むべき人
  • 「はたらく細胞」を視聴済みの人
  • 「はたらく細胞」が気になるけどまだ見てない人
  • 何か面白いアニメを探している人

「はたらく細胞」の原作は「月刊少年シリウス」で2015年から連載中。

2020年8月時点でシリーズ累計発行部数450万部突破。ヒット中です。

アニメ第1期は2018年7月からの夏クールで放送。

円盤売り上げ7,000枚以上の大ヒットでした。

そんな「はたらく細胞」の魅力はこちらです。

「はたらく細胞」の魅力ポイント
  • 「はたらく細胞」は設定が最高すぎる
  • 「はたらく細胞」はアニメとしてのクオリティが高い
  • 「はたらく細胞」のOPとEDが良曲

それでは紹介していきます。

「はたらく細胞」は世界観が面白すぎる

「はたらく細胞」の世界観はよくできてますね。

細胞が擬人化されてるのも面白い設定だし、体の仕組みも学べます。

体の仕組みを学べる教育アニメ!?

「はたらく細胞」は体の仕組みや細胞の役目を学ぶことができます。

てるくん

NHKで放送するべき内容です。

でも容赦無くグロ描写を映すのでNHKは無理そう。笑

でも細胞の役目はよく分かるので、学生の方々は生物の授業で生かせますね。

こんな秀逸な設定を考え出した原作者の方に感謝です。

魅力的な細胞たち

「はたらく細胞」は細胞たちが擬人化して登場します。

そのキャラデザがとてつもなく魅力的なのでご紹介します。

赤血球(CV.花澤香菜)

主人公?の赤血球です。

赤血球は酸素を運搬する細胞ですね。

実際に「はたらく細胞」では多くの赤血球が登場しますが、上のTwitterのリンクの赤髪の女の子が主人公です。

ヘモグロビンを多く含んでいるため赤い制服を着ています。

赤血球はもはや伝説的女優の花澤香菜さんが担当しています。他にも化物語の千石撫子、五等分の花嫁の中野一花を担当しています。まさにオールマイティ声優です。

白血球(CV.前野智昭)

白血球(好中球)です。

この白血球は好中球というものです。

血液中の白血球の半分以上が好中球です。

体内に侵入したウイルスや雑菌を倒す役割を持っています。

普段は普通ですが、敵が登場すると「◯ねぇぇぇぇぇ」とか「ぶっ◯すぞぉぉぉぉぉぉ」と発狂。

敵を容赦無く殺すシーンが病みつきになります。

恐ろしいぐらい真っ白制服が、返り血で染まっていきます。

キラーT細胞(CV.小野大輔)

体内で殺し屋役のキラーT細胞です。

キラーT細胞はウイルスや細菌をボッコボコにする免疫細胞です。

ヘルパーT細胞の命令によって動きます。

見た目はどこかの国の軍隊みたいな制服。

その中でも上のツイートの金髪のキラーT細胞は班長です。

キラーT細胞は小野大輔さんが担当しています。他にも涼宮ハルヒの憂鬱の古泉一樹、ジョジョシリーズの空条承太郎を担当しています。男らしいキャラクターを担当することが多い印象です。

マクロファージ(CV.井上喜久子)

お姉さん風のマクロファージです。

可愛らしい雰囲気ですが、笑顔で容赦無く細菌を殺す免疫細胞です。

その後、抗原やウイルスの免疫情報を見つけ出します。

見た目は優雅で優しいお姉さんですが、めちゃくちゃ強いのでそのギャップが面白いです。

血小板(CV.長縄まりあ)

めちゃんこ可愛い血小板ちゃんです。

血小板ちゃんは傷口を止血する役割があります。

他の細胞に比べると小さいサイズのため、キャラデザも幼児体型になってます。

てるくん

上のツイートのピョンピョンするやつがめちゃ可愛いです。

「はたらく細胞」の中では一番人気があるキャラクターでしょう。

「はたらく細胞」はクオリティが高い

「はたらく細胞」の制作会社である「david production」はクオリティが高い作品を連発することで有名です。

他にも「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズが有名です。

ということで「はたらく細胞」も高クオリティで制作されています。

血小板だけやたら動きがいい

全体的にクオリティの高い「はたらく細胞」ですが、血小板だけやたらと動きがいい。

血小板人気を上げるためにしているのでしょうか。

動きがいいので、とても可愛らしいです。

先ほど紹介したツイートのリンク、もう一回ご紹介します。

「はたらく細胞」のOP・ED

「はたらく細胞」はOP・ED、どちらも気合が入っています。

OPは中毒性が高く、EDは普通に良曲です。

ご紹介していきます。

「はたらく細胞」のOP

「はたらく細胞」のOPは赤血球(CV.花澤香菜)・白血球(CV.前野智昭)・キラーT細胞(CV.小野大輔)・マクロファージ(CV.井上喜久子)「ミッション!健・康・第・一!」です。

てるくん

上の動画はPVではなく、公式が出しているダンス動画「ミッション!健・康・体操!」です。

「はたらく細胞」にふさわしい曲です。

特徴的なイントロから入って、Aメロで各細胞の紹介しサビまでボルテージを上げていきます。

「はたらく細胞」の登場人物で歌ってますが、どの声優さんもキャラの声を演じながら歌っているので、声優の凄さを感じさせられます。

終始、明るいテンションなので安心感ありますね。

「はたらく細胞」のED

「はたらく細胞」のEDはCraris「CheerS」です。

まさかのClariSがEDを担当です。

CrariSってだけでただの良曲に仕上がるこの魔力は一体・・・。

「CheerS」も「はたらく細胞」らしく穏やかな曲調。

てるくん

特にサビの盛り上がり方がCrariSらしくて好きです。個人的にはOPよりEDの方が好きですね。

「はたらく細胞」の評価

「はたらく細胞」の評価はこんな感じ。

作画
世界観・設定
ストーリー
演出
キャラ
音楽
評価理由
  • 作画は4.5に近い4.0。高クオリティでした。
  • 世界観・設定は斬新すぎて高評価。
  • 世界観・設定を最大限生かしたストーリーもGOOD。
  • 演出も工夫がたくさんされていて良かった。
  • キャラは言わずもがな。あのキャラを作り上げた原作者天才です。
  • 中毒性あるOPとClariSは反則。

こんな感じです。全体的にクオリティが高かったです。

てるくん

個性発揮しまくってるけど、アンチが少ない作品だなぁと思います。

特に、「はたらく細胞」は毎回全く同じあらすじを紹介しますよね。

一気見してると回りくどかったんですけど、よく考えてみたら未視聴者の人が入りやすいかなぁとも思います。

それで途中参入のファンを増やしていったのではないでしょうか。

といったように綿密に練られた演出がかなりの高評価です。

「はたらく細胞」の続編

「はたらく細胞」は既に続編が決定しています。

まあ、ここまで人気がでたら当然の結果ですね。

ちなみに「はたらく細胞」の続編は2種類に分かれています。

  • 前作継承の正統派続編「はたらく細胞!!」
  • 世界がブラックの「はたらく細胞BLACK」

どちらも2021年1月からの冬クールで放送開始です。

てるくん

見逃さないようにしましょう。

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

アニメ見るならdアニメ一択!


月額440円(税込み)で2,500作品以上見放題の、アニメ専門の動画配信サイト。
作品数はもちろん業界No.1。それなのに月額440円の超コスパ

初回限定で31日間の無料トライアルもついているので気軽に楽しめます。途中キャンセルの解約料は、もちろん発生しません。

「アニメにハマってしまった人」
「U-NEXTに入っているけど、ドラマとか邦画がいらないって思っている人」
「Netflixに入っているけど、見たいアニメが配信されていなくて困っている人」

こんな方々は一度、dアニメストアを試してみてはいかがでしょうか!?
2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】