アニメ

賭ケグルイ××(TVアニメ2期)評価:感想→夢子が可愛くなった?

賭ケグルイ2期

今回は『賭ケグルイ××(以下、賭ケグルイ2期)』について語っていく。

『賭ケグルイ1期』が2017年夏クールに放送された後、2019年冬クールに『賭ケグルイ2期』が放送された。

『賭ケグルイ1期』に引き続き、『賭ケグルイ2期』もMAPPAがアニメ制作を担当している。

『賭ケグルイ2期』の感想

ネタバレしているので、未視聴の人は気をつけてください!

夢子が可愛くなった?

『賭ケグルイ2期』でも蛇喰夢子(CV.早見沙織)が主人公だ。そもそも『賭ケグルイ』といえば、少しリアルなキャラクターデザインが特徴だ。良くも悪くも萌え要素が省かれている。純粋に「夢子が可愛い!」と思う人は、中々いないはずだ。

だが、『賭ケグルイ2期』では、なんだか夢子が可愛く見えてしまった。僕と同じように感じた人は少なくないはず。具体的にはキャラクターデザインが少し幼くなった気がする。それと、鈴井涼太(CV.徳武竜也)に対して、女の子らしい対応を取るようになった。

それもこれも、全ては『賭ケグルイ1期』のラストで見せた鈴井涼太のギャンブル精神が要因だろう。夢子は涼太のギャンブルに強く感激し、恋愛感情に近い感情を涼太に抱くようになった。その設定は『賭ケグルイ2期』に反映されて、夢子が少し女の子っぽく描かれるようになったのだろう。

お金以外を賭けるようになったのがいい

『賭ケグルイ2期』では生徒会選挙という名のギャンブルNo.1決定戦がテーマとなっている。今までの主な代償はお金だった。だが、今回は”票”が主な代償となっている。そして適度に”命”が代償となる感じだ。

この方向転換は凄くいいと思う。これがずっとお金だったら、いずれインフレしすぎて、現実味がなくなる数字になるところだった。大半の人間は”億”までなら価値が分かると思う。だが、”兆”を超えてしまうと一気に分からなくなってしまうものだ。

だからといってお金ではなく”命”ばかり賭けていては、ただの殺し合いになってしまう。そこで”票”の登場だ。『賭ケグルイ』の舞台となっている百花王学園は、実質的に国を支配しているといっても過言ではない。そこで生徒会長になるということは大きな意味を持つ。

残念なことに、『賭ケグルイ2期』では生徒会選挙の決着がつかなかった。順当に行けば夢子が筆頭だけれども、そう簡単に決まるとは思えない。なんなら、鈴井涼太が生徒会長に…というビジョンもあり得る。どちらにせよ、生徒会選挙の行方は非常に気になる。『賭ケグルイ3期』は制作してほしいなぁ。

『賭ケグルイ2期』の評価

作画80点
世界観・設定75点
ストーリー78点
演出80点
キャラ75点
音楽70点

作画

作画のクオリティは相変わらず高い。なんだかんだでキャラデザの乱れもないし、ギャンブルシーンの動きもいい。

世界観・設定

お金の賭けのほとんどを排除したのは凄くいいと思う。ただ、そうなってくると”命”ばっかり賭けることになってしまう例えば、拷問に近い罰ゲームとかいいと思うけどな。

ストーリー

『賭ケグルイ1期』と比べると、1話完結のエピソードが少なくなった感じ。だから次が気になってドンドン見てしまう。それと、テンポ感がよかった。

演出

ギャンブルシーンの演出は相変わらずだ。メリハリがあるのが良い。

キャラ

一気に新キャラが登場した。だけど個性が強いし、それぞれのキャラに「暗殺」「拷問」などのテーマが決まっているため、覚えやすかった。

音楽

『賭ケグルイ1期』より主題歌は好き。相変わらずセンス抜群だ。

さいごに

『賭ケグルイ3期』は制作決定していないけど、早乙女芽亜里(CV.田中美海)が主人公の『賭ケグルイ双』が2022年8月からNetflixで独占配信される。これはこれでめちゃくちゃ楽しみなので、視聴したらブログにしようと思う。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。