ミニマリスト

ミニマリストになると身軽になれる4つの理由【行動力爆上がり】

ミニマリストになると身軽になれる理由

ミニマリストになると、一気に身軽になって、行動範囲が劇的に広がる。そして結果的に、チャンスを掴みやすい体質になる。僕も、ミニマリズムを心がけるようになってから、行動力が上がり、多くのチャンスを掴むことができたと思う。

しかし一体なぜ、ミニマリストになると身軽になれるのだろうか。本記事では、ミニマリストになると身軽になれる理由を4つ紹介していく。ぜひ参考にしてみてほしい。

ミニマリストになると身軽になれる理由

理由は4つあります。

身軽①:モノが少ないからすぐに外出できる

モノが少ないと、手軽に外出することができる。これは間違いない。

例えば、服。通常、外出する際は、コーディネートを選ぶところから準備が始まる。しかし、毎日同じ服を着るようにすれば、コーディネートを選ぶ手間が省ける。僕も毎日同じ服を着ているので、パッと着替えてパッと外出している。

また、普段から荷物が少なければ、荷造りの手間も大幅に省ける。荷物の量を突き詰めると、手ぶらで行動できるようになる。そうすれば必然的に、行動範囲は広がっていく。

現代は、スマートフォンさえあれば仕事ができる時代だ。スマートフォンを片手に持って、色んなところに赴き、インプットとアウトプットを繰り返す。これが現代的な仕事術なのだと、僕は思う。

身軽②:引っ越しも超スムーズ

モノが少なければ、引っ越しも超自由になる。これはまさに”身軽”といってもいいだろう。

僕の場合、スーツケース1つとリュック1つでモノが完結している。そんなこともあり、1週間単位で拠点を移動し続けることができている。

住む場所が変われば、それだけ多くの視点を手に入れることができる。現代の情報社会では、絶対的な情報は存在しない。同じ物事でも、様々な視点で見なければ、活躍できない社会になっている。

そのような社会では、手軽に引越しできることは大きな武器になる。

身軽③:常識に囚われない自由な思考ができる

ミニマリストの度合いにもよるけれど、人間関係や仕事のやり方を効率化することができれば、常識に囚われない自由な思考が可能になる。これも”身軽”といっていいだろう。

常識に囚われると、一気に自由度が減少すると思う。例えば、キャリア。この世の中の常識的なキャリアは、「可能な限り大学に進学→新卒で大手企業の総合職に就職→適度に転職→老後までサラリーマンを全う」という感じだろう。でもこの世の中は、会社の中だけでなく、外の世界も存在する。常識的なキャリアに縛られるだけで、会社の外の世界で活躍できる機会が失われてしまうのだ。

どの時代でもそうだったけど、マジョリティ(多数派)よりもマイノリティ(少数派)の方が、最終的には上手くいっている。なぜなら、マイノリティはすなわち、希少だからだ。

常識に囚われない自由な思考は、オリジナリティと希少性を生み出す。ミニマリズムを心がけると、自然と常識から距離を置けるようになるはずだ。

身軽④:プライドを手放すことで貪欲になれる

プライドを手放すことができれば、一気に貪欲になれる。貪欲になれば、行動力を飛躍的に向上させることができる。これは身軽というよりはフッ軽というやつかもしれない。

例えば恋愛だって、プライドを捨てて告白できるかが勝負だ。仮に1回目の告白がダメだとしても、プライドをかなぐり捨てて、何回でも告白する。そうすれば間違いなく、告白の成功率は上がっていくだろう。

ミニマリストになって人間関係が整理されると、見栄を張ることが必要なくなる。自分が本当にやりたいことを、周りの目を気にせず、挑戦することができるようになる。僕も周りの意見を気にせず、新卒フリーランスで旅に出るという挑戦を始めることができた。

プライドを手放すことが、身軽に繋がるのは間違いない。

さいごに

現代社会において、身軽であることは非常に強い武器だと思う。インターネットの登場によって情報が民主化されている今、重要なのは行動力だ。行動力を向上させるためには、色々な意味で”身軽”でなければならない。

モノだけでなく、ヒトもプライドも一旦捨ててゼロになってみよう。ゼロになってから、必要に応じてヒトもプライドもモノも取り戻せばいいのだ。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。