アニメ

ラブライブ!サンシャイン!!(TVアニメ2期)評価:感想:レビュー

ラブライブ!サンシャイン!!

今回は『ラブライブ!サンシャイン!!』のTVアニメ2期(以下、サンシャイン2期)について語っていく。

2016年夏クールに『サンシャイン1期』が放送された後、2017年秋クールに『サンシャイン2期』が放送された。アニメ制作はサンライズが担当している。

ラブライブ!サンシャイン!!
ラブライブ!サンシャイン!!(TVアニメ1期)評価:感想:レビュー『ラブライブ!サンシャイン!!』のTVアニメ1期について語った記事です。ネタバレしているので、視聴済みの人にオススメとなっています。サクッと読めるボリュームです。気になる方はぜひご一読を。...

『サンシャイン2期』の感想

ネタバレしているので、未視聴の人は気をつけてください。

感想①:『花咲くいろは』みたいな設定 ※『花咲くいろは』のネタバレあり

『サンシャイン』の主人公・高海千歌(CV.伊波杏樹)は、『サンシャイン2期』になると「わたしたち、輝きたい!」みたいな発言を連発するようになる。この「輝きたい!」というのが『サンシャイン2期』におけるメインテーマだった。

「輝きたい!」といえば、僕は『花咲くいろは』の主人公の松前緒花(CV.伊藤かな恵)を思い出してしまう。緒花も終始「輝きたい!」という抽象的な発言を繰り返していた。

また、『サンシャイン』と『花咲くいろは』には、もう1つ、大きな類似点がある。それは廃校だ。『サンシャイン2期』では結局、入学希望者を集めることができず、浦の星女学院が統廃合になってしまった。『花咲くいろは』も同様に、旅館が廃館になった。
そしてどちらも最終回で、廃校になった学校とのお別れシーンが挿入された(『花咲くいろは』の場合は廃館になった旅館とのお別れ)。

しかも千歌の姉である高海美渡は、伊藤かな恵が声を担当している…。これって偶然なのだろうか?

感想②:結局、Aqoursは輝けたのだろうか

結局、Aqoursは「輝くことができた」ようだ。しかし、この辺の説明がアニメでは抽象的だったので、ここで今一度、私見たっぷりに整理(考察)してみようと思う。

まず、これは僕の個人的な考えではあるが、Aqoursは設立当初から、とっくに輝いていた。これはもう間違いないと思っている。千歌の「スクールアイドルをやりたい!」という強い思いが、メンバーの心を掴んだのだ。この時点で千歌は既に十分すぎるほど輝いていた。と僕は思う。

そもそも、μ’sとAqoursはスクールアイドル部設立の経緯が異なる。μ’sは学校を存続させるためにスクールアイドル部を設立したのに対し、Aqoursは千歌の「やりたい!」という想いからスクールアイドル部が設立されている。「学校存続」という目的は、後付けされたものだ。

そして『サンシャイン2期』の最終話で、千歌はやっと理解する。Aqoursは既に輝いていたのだと。正確に言うなら、「既に輝いていたことを千歌自身が認識するようになった」とするべきだろうか。全てが終わって、いざ過去を振り返ってみると、そこにはAqoursの輝かしい時があったのだ。

だからどんな結末だとしても、Aqoursが夢に向かって走り続けていたのであれば、それはもう、輝いていたとしか言いようがない。こうやって考えてみると、『ラブライブ!』って結構深いんだよな…。

『サンシャイン2期』の評価

作画75点
世界観・設定70点
ストーリー70点
演出70点
キャラ83点
音楽75点

作画

作画は『サンシャイン1期』と変わらないレベル。相変わらずダンスシーンのクオリティが高い。

世界観・設定

『サンシャイン』のテーマが「輝きたい」というもの。そして学校が廃校になる設定。『花咲くいろは』との類似点が多すぎる(笑)。

ストーリー

μ’sとは異なり、Aqoursは学校を存続させることができなかったというストーリーになっていた。そこでμ’sとは差別化されてる感じ。

演出

演出はぼちぼち。μ’sの時は泣けたけど、Aqoursは泣けなかった。そういう意味では、演出面では無印の『ラブライブ!』に劣るのかもしれない。

キャラ

相変わらずキャラが良い。『ラブライブ!』シリーズの最大の魅力は、チームメンバー全員が深掘りされる点にある。『サンシャイン』でも、その魅力がしっかり継承されていた。

音楽

今のところ、音楽に深い思い入れがない。μ’sの時はSnow halationがあったけど、Aqoursには絶対的な名曲がない印象だ。ただ個人的に、『ラブライブ!』の楽曲は、ストリーミングで聴けば聴くほど思い入れが増していくので、アニメで登場した楽曲は全部プレイリストに追加して、しっかり聴いてみようと思う。

さいごに

『サンシャイン2期』の続編である『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』が2019年に上映されている。こちらもしっかり視聴して、感想をブログ記事にまとめようと思う。

劇場版ラブライブ!サンシャイン!!
ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow 感想:評価:レビュー『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』について語った記事です。ネタバレしているので、視聴済みの人におすすめとなっています。サクッと読めるボリュームです。気になる方はぜひご一読を。...
『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。