アニメ

【らき☆すた感想】”日常系”という名のパンドラの箱

らき☆すた

今回は『らき☆すた』について語っていく。

『らき☆すた』は2004年から連載されている4コマ漫画が原作だ。これが2007年春クールから2クールにかけて放送された。

アニメ制作は京都アニメーションが担当している。

『らき☆すた』の感想

ネタバレ注意!

パンドラの箱を開けてしまった作品

『らき☆すた』は、パンドラの箱を開けてしまった作品だといえる。日常系という新たなジャンルを確立させてしまったからだ。

これまでのアニメというのは、ほとんどの場合ファンタジー要素があり、ファンタジー要素のない作品でも、ラブコメだったりスポーツものだったりしていた。

しかし『らき☆すた』は、オタクなJKたちの日常を描くだけのストーリーだ。それなのになぜか面白い。

僕が思うに、何も起こらない平和な日常というのは、捉え方次第では非日常なのではないかと思う。なぜなら、人は誰でも悩む生き物だからだ。学生だったら将来を心配するだろうし、社会人だったら仕事のことで悩んだりすると思う。何よりも、恋の悩みは尽きないものだろう。人は常に悩む。そういう生き物だ。

しかし『らき☆すた』に登場する人々は、ほぼ悩まない。学生だから仕事やお金の心配をすることはないし、将来も「どうでもいいや〜」って感じである。そして、恋愛する気がほぼないのがいい。

これは僕たちの世界では考えられないことだ。なぜなら僕たちはいつも悩むから。けれども『らき☆すた』の世界には悩みという概念が存在しない。それは平凡な日常だけれども、僕たちにとっては紛れもない非日常なのだ。

だからこそ、強烈な非日常に、多くの人々は現実逃避してしまう。『らき☆すた』が開けてしまったパンドラの箱は、凄まじい魔力があるのだ。

家族愛が裏ストーリー

『らき☆すた』は、表面上は日常系ギャグアニメ的だが、その裏側では家族愛が描かれている。それが表面化したのが第17話『お天道様のもと』と第22話『ここにある彼方』だ。第17話では柊家、第22話では泉家でのエピソードが描かれる。

特に第22話に関しては、神回と評価されているほどだ。実際、めちゃくちゃ泣ける。

第22話では、主人公の泉こなたの母親である泉かなたが幽霊になって初登場。そして父親の泉そうじろうとの思い出が、感動的な楽曲と演出で描かれる。まあ、これは感動ポルノ的な感動ではあるけど、多くのアニオタに響く内容だったのは間違いない。僕も泣いた。

やはり家族愛を描くのはずるいなぁと思ってしまう。こういうので冷める人がいるのは分かるけど、冷めない人にとっては、高確率で涙してしまう。

『らき☆すた』の評価

※個人的な評価です

作画85点
世界観・設定78点
ストーリー85点
演出80点
キャラ80点
音楽85点

作画

作画は「ぬるぬる」している印象があった。キャラの動きも萌え萌えしていて、印象的だ。

世界観・設定

ザ・日常系の設定となっている。強いていうならオタクがテーマになっているのが特徴だろうか。ということもあり、アニメオタクの人々に刺さる設定だった。
また、家族との関係についても触れられているのが印象的だった。

ストーリー

グダグダと日常が続くけど、ギャグのテンポ感もよく、連携も取れている印象。スムーズに視聴できる。また、家族関係が裏ストーリーになっていて、こちらも終盤になると盛り上がりを見せて感動する。

演出

ギャグシーンの演出のこだわりがすごく、ストーリーの本筋とは関係ない部分をバカ真面目にこだわるから面白い。

キャラ

主人公のキャラ設定や口調が強烈だけど、サブキャラも良いキャラを感じる。なんというか、2000年代でウケそうなキャラだなぁという感じ。かがみとか。

音楽

OPの『もってけ!セーラーふく』の破壊力が凄まじい。ダンスとか真似したくなるし、カラオケでも歌ってみたくなる。

さいごに

『らき☆すた』のアニメは終了しているものの、実は原作漫画には続きが描かれている。なんと、こなたの大学生編まで描かれているそうだ。現在は休載しているようなので、一応、完結はしていない。続きが気になる方はぜひ原作漫画を。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。