アニメ

のんのんびよりりぴーと(のんびり2期)評価:感想→こまちゃんが可愛すぎる

今回は『のんのんびより りぴーと(以下、のんのんびより2期)』について語っていく。
いつも思うが、のんのんびよりの略称は『のんのん』なのだろうか、『のんびり』なのだろうか。

『のんのんびより1期』の記事はこちら

のんのんびより(アニメ第1期)評価:感想【日常系アニメNo.1かも】『のんのんびより』TVアニメ第1期について語っている記事です。ネタバレをしているので『のんのんびより』を視聴している人にオススメです。ぜひ読んでみて下さい。...

あらすじ

「旭丘分校」の生徒はたった5人。
学年も性格も違うけれど、お花見をしたり、川で遊んだり、いもほりをしたり、かまくらを作ったり・・・
いつも一緒に春夏秋冬の変わりゆく田舎生活を楽しんでいます。
穏やかで何気ないけれど、笑えて、ほろっとして、心があたたかくなる。
そんなゆるやかでやさしい時間が再びはじまります。

『のんのんびより りぴーと』公式サイトより引用

『のんのんびより2期』の感想

ここでは『のんのんびより2期』の感想について語っていく。ネタバレもしていくので、未視聴の人は気をつけてほしい。

感想①:時間軸がループする設定はどうなのか?

『のんのんびより2期』はループ制、いわゆるサザエさん方式となっている。

そもそも、日常系アニメは時間の進みがメリハリになっていることが多い。
例えば、『ごちうさ』は1クールごとに1年進んでいくので、卒業や進学が話題になる。『ARIA』も、今までの日常が過ごせなくなる、という時間の流れの残酷さを上手く表現している。
日常系アニメは日常をテーマにしているのでメリハリをつけづらい。ということで、時間の進行による出会いや別れを活用していく必要があるのだ。

だが、『のんのんびより2期』は『のんのんびより1期』同様に、蛍が引っ越してくる時間からスタートする。そして春夏秋冬を満喫してラストを迎えていく。しかも舞台は田舎町だけだ。この設定の中で様々なアイデアを駆使して、ストーリーを構成していくのが『のんのんびより』の特徴だ。

つまり、『のんのんびより』は本当の意味で日常系アニメなのかもしれない。時間が進まないので日常パートのみのストーリーになるからだ。しかもキャラ設定をよく見てみると、主要人物の4人は最高学年ではない。卒業イベントすら発生しないようなキャラ設定になっている。
別れのエピソードというものはとても心苦しいエピソードなのだが、『のんのんびより』には別れのエピソードという概念はない。視聴者からすると、本当に安心して作品を見れるというメリットもある。

『のんのんびより』が他の日常系アニメとひと味違うのが、『のんのんびより2期』の1話目で理解できた。

感想②:サブキャラも活躍

『のんのんびより』の主な登場人物である、れんげ、蛍、夏海、小鞠。この4人以外のサブキャラも『のんのんびより2期』では活躍した。特にれんげの姉のひかげ、駄菓子屋の楓が活躍していた。

ひかげは宮内家の他の姉妹と真逆の性格で、やんちゃで都会に憧れる女の子だ。小さい頃はよく夏海とつるんで問題を起こすエピソードもある。ひかげは東京の高校に通っているため、夏休み、年末年始、春休みにしか登場しない。だが登場する度に毎回笑いを生んでくれる良いキャラだ。

そして『のんのんびより2期』で脚光を浴びたのが、駄菓子屋の楓だ。楓とれんげのエピソードはヒット率100%。特に『のんのんびより2期』第10話『すごく練習した』は心温まるお話だ。見た目がヤンキーっぽくて、普段はそっけない態度を取る楓だが、めちゃくちゃ優しいことが分かる。ギャップを活かしているエピソードだ。

感想③:こまちゃん可愛すぎないか?

『のんのんびより2期』になって感じたことだが、こまちゃんが可愛すぎないか?現在、僕の中ではぶっちぎりでこまちゃんがNo.1だ。他のアニメ作品と混ぜて、好きなキャラランキングを作ってもTOP3には入ると思う。
『のんのんびより2期』からやたらこまちゃんの出番が多い気もする。そしてとても可愛い。しかも蛍が量産しているこまぐるみもめちゃくちゃ可愛い。あれは完全に商品化を狙っているに違いない。ファンなら絶対に購入する。

『のんのんびより2期』の評価

ここでは『のんのんびより2期』のアニメとしてのクオリティについて、個人的な目線で評価していく。

作画75点
世界観・設定85点
ストーリー80点
演出85点
キャラ90点
音楽85点

作画

作画は相変わらずとても安定している。そして背景もとても綺麗だ。

世界観・設定

1年ループは僕はとてもいいアイデアだと思う。これによって視聴者は安心して楽しめる。

ストーリー

1年ループになっているので、単調になりがちだが、上手くアイデアを出してマンネリ化を防いでいる。キャラの魅力が強いので、会話のネタさえあれば成立するシステムなのも良い。

演出

第12話「一年がかかった」の後半パートで、1ショットで3分以上かかった演出があった。視聴者もこの表現を楽しめたし、何よりもアニメーターがサボれるという素晴らしい演出だ。

キャラ

2期になってくると、キャラの個性を把握して魅力を感じるようになる。『のんのんびより2期』の場合、サブキャラも魅力的だと感じた。

音楽

OPに関しては1期よりもよかった。OP映像の中毒性も影響しているだろう。EDは1期ほどではないが、EDの入り方はやっぱりめちゃくちゃ好きだ。

さいごに

日常系アニメは2期になってから本当の面白さが分かってくる。特に『のんのんびより』はそれぞれのキャラの人間関係が面白い。メイン4人だけでなく、サブキャラも物語に密接に関わってくる。

次回の『のんのんびよりばけーしょん』では、登場人物が勢揃いしてみんなで大はしゃぎする。その中でも夏海が活躍するエピソードになっている。ぜひ見てほしい。

アニメ見るならdアニメ一択!


月額440円(税込み)で2,500作品以上見放題の、アニメ専門の動画配信サイト。
作品数はもちろん業界No.1。それなのに月額440円の超コスパ

初回限定で31日間の無料トライアルもついているので気軽に楽しめます。途中キャンセルの解約料は、もちろん発生しません。

「アニメにハマってしまった人」
「U-NEXTに入っているけど、ドラマとか邦画がいらないって思っている人」
「Netflixに入っているけど、見たいアニメが配信されていなくて困っている人」

こんな方々は一度、dアニメストアを試してみてはいかがでしょうか!?
2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】