アニメ

ODD TAXI(オッドタクシー)評価:感想→圧倒的ダークホースです

今回は『ODD TAXI(以下、オッドタクシー)』について語っていく。MVなどの映像制作会社のP.I.C.Sとアニメ制作会社のOLMの共同制作によるアニメオリジナル作品だ。擬人化された動物が主人公となっているが、サスペンス調のストーリーで話題になっていた作品でもある。2021年春クールのダークホース的存在でもあった。

『オッドタクシー』の感想

感想①:秀逸すぎるストーリー

とにかくストーリーが良い。サスペンスストーリーなのだが、1クールできれいに伏線が回収されている。ミステリー小説って感じのストーリーだ。

まず動物が擬人化されている設定で主人公が個人タクシーをやっているので、多くの人は「1話完結型の人情物語」なのではないかと思っていたはずだ。しかし実際には異なり、ゴッチゴチにサスペンスだった。この序盤のギャップで多くの視聴者の心を掴んだことだろう。

中盤も飽きさせなかった。主人公の小戸川視点だけではなく、急に新キャラ視点で始まるときもあるので、より複雑な群像劇を作り出すことに成功している。「え?これって関連性あるの?」みたいな伏線を散りばめて、ラストが全く予想できない展開を作り出しているのだ。

そして最終話で一気に伏線回収をする。まさか”動物の擬人化”という設定そのものが伏線だったとは…。動物の擬人化が主人公・小戸川の病気だったとは思わん。笑
これが発覚したときはあまりにも衝撃的で鳥肌が立ったものだ。2021年春クールの中ではNo.1のストーリーだったと思う。

感想②:テンポの良い会話

『オッドタクシー』はストーリーのテンポの良さが売りだ。通常、アニメを制作する際、声優の声はアフレコで収録されることが多い。しかし『オッドタクシー』はプレスコだ。プレスコで収録するとリアルな会話シーンを演出することが可能になると言われている。もちろん声に合わせて作画の構成を考える必要があるので、アフレコに比べると作業量も増えてくる。

『オッドタクシー』の場合、アニメの収録に不慣れな芸能人を何人か採用していて、しかもキャラデザは単調なので作業量もそこまで多くない。プレスコ収録に適した作品だったのだ。ということもあって芸能人特有の喋りの上手さを、アニメの中に綺麗に収めることに成功している。

『オッドタクシー』の評価

作画60点
世界観・設定70点
ストーリー80点
演出70点
キャラ65点
音楽60点

作画

作画はとても安定していた。加えて背景も良かった。

世界観・設定

擬人化された動物のサスペンスという設定は非常に個性的だ。

ストーリー

常にハラハラドキドキが止まらないし、最終回は鳥肌が立った。ストーリーは素晴らしい。

演出

シンプルな演出だったが、サスペンス調のストーリーが最大限活かされていた。

キャラ

動物ということもあって個性的なキャラが揃っていた。芸能人が声優をやっていたわけだが、リアリティもあってよかった。

音楽

OP・EDも都会のサブカルな雰囲気に満ちていてセンスがある。

『さいごに』

『オッドタクシー』は下手したら2021年春クールの覇権になり得る作品だったと思う。しかも際どいラインにあるダークホース的な作品だったので、知る人ぞ知る作品になったのもそれはそれで良いところもある。あの終わり方だと2期制作はないと思うが、これからもキッズアニメ風のオトナなアニメは一定の需要がありそうだ。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。