ミニマリスト

ミニマリストに紙の手帳は必要ない【Googleカレンダーが超便利】

ミニマリストに紙の手帳は必要ない

今回はミニマリストの手帳事情について解説していく。

僕の結論から言うと、紙の手帳は必要ないと考えている。スケジュール管理に関しては、紙の手帳よりもデジタルで管理した方が、圧倒的に効率が良いからだ。

本記事では、ミニマリストに紙の手帳が必要ない理由を、詳しく解説していこうと思う。

ミニマリストに紙の手帳が必要ない理由

理由は3つあります。

理由①:スケジュール管理はデジタルの方が便利

スケジュール管理はデジタルの方が便利だ。例えば予定ができた際に、すぐに取り出せるのは紙の手帳よりもスマホだろう。スマホであればサッと取り出してサッと予定を追加できる。しかし、紙の手帳だと大体の場合、バッグから取り出さなければならず、それからペンを準備して…。という感じで手間がかかってしまう。この手間と時間がすごくもったいない。

それに個人的に、デジタル上で予定ができることが多い。例えば、メールのやり取りをしていて「〇〇日に納品お願いします」と言われたり、LINEで遊びの約束をすることも多い。そうなると、そのままの流れでカレンダーアプリを開いて、予定を記入したほうが良くないか?

以上のことから、スケジュール管理は紙の手帳よりもデジタルの方が楽だと考えている。

理由②:持ち歩きしづらい

紙の手帳はそれなりにかさばるのが難点だ。僕も大学2年生ぐらいまでは、7,000円ぐらいする良い感じのシステム手帳を利用していた。しかし、それなりに大きいので、システム手帳を持ち歩くにはバッグが必要になる。そして僕は体育会に所属していたので、バッグを持ち合わせていない時に、大会などの予定が連絡されることがあった。その際に、紙の手帳をスムーズに取り出せないので、すごく不便だったのを覚えている。

しかし、デジタルで管理すれば、ポケットの中のスマホでスケジュール管理できる。もちろん、紙の手帳はポケットの中には入らない。ポケットに入るサイズの手帳も売られているが、小さすぎて視認性が悪くなる。

いつでもどこでもスケジュール管理できるようにするには、携帯性が重要な要素になる。そうなると、持ち歩きしづらい紙の手帳よりも、スマホの方がスケジュール管理に向いていると思う。

理由③:頭の整理はデジタルでも可能

上記の理由を理解していながら紙の手帳を利用している人の言い分として「紙に書いた方が頭の整理がつくから」という意見がある。しかし、たかだかスケジュール管理のために労力を割くのも合理的ではない気がする。そしてそもそも、デジタル上のメモでも頭の整理はできる。いや、むしろデジタルのほうが整理しやすい。

なぜなら、デジタル上であれば速やかに文字を消すことができるからだ。紙の手帳だと、消しゴムで文字を消さなければいけないし、ボールペンで書いた文字だと消す手段もほとんどない。デジタル上であれば、Deleteキー(Mac、iOS)を押すだけで文字を消去できる。
頭の整理において重要なのは、不必要な要素を排除することではないだろうか。気軽に文字を消せない紙の手帳をわざわざ利用することは、メリットよりもデメリットのほうが遥かに上回る気がする。

ミニマリストはGoogleカレンダーでスケジュール管理する

僕はGoogleカレンダーを利用してスケジュール管理している。

Googleカレンダーであれば、予定だけでなく、リマインダーやタスクも設定できるのが便利だ。例えば僕の場合、スケジュール的にタスクを管理している。「8時〜10時はタスクAの作業時間で、10時からはタスクCに取り組んで…」みたいな感じだ。これは紙の手帳では中々できないことだろう。

また、数あるカレンダーアプリの中でも、Googleカレンダーが最も視認性が高く、かつシンプルなデザインなのも良い。
カレンダーアプリといえば、Apple標準のカレンダーがある。AppleのカレンダーはApple端末であれば快適に動くのが良い。だが、デザインがスタイリッシュすぎて視認性が微妙なのが難点だった。Googleカレンダーはビビッドなカラーリングなので、ある意味インパクトがある。
そしてカレンダーアプリはクラウドで管理されているので、スマホとPCで自動共有されるのも嬉しいポイントだ。

このようにして、ミニマリストの僕はGoogleカレンダーを利用してスケジュール管理をする。Googleカレンダーを導入してからは、スケジュール管理のミスが大幅に減った実感がある。

Google カレンダー: 予定をスマートに管理する

Google カレンダー: 予定をスマートに管理する

Google LLC無料posted withアプリーチ

まとめ

それでは本記事をまとめていく。

  • ミニマリストに紙の手帳は必要ない
  • 紙の手帳よりデジタルのほうが圧倒的に便利
  • カレンダーアプリの中だとGoogleカレンダーがオススメ

スケジュール管理は生産性に直結する業務だ。スケジュール管理が効率化すると、仕事のスピード感も変わってくる。紙の手帳を使っていたら、変化の激しい時代の中では取り残されてしまう。もし、現代のスピード感についていきたいのであれば、デジタルでのスケジュール管理は必要だ。これが結果的に、自分の時間を守ることに繋がる。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。