ミニマリスト

ミニマリストのレシート管理術【レシートからは距離を置こう】

ミニマリストのレシート事情

今回はミニマリストのレシート事情について解説していく。

みなさんはレシートをどのように扱っているだろうか。僕はレシートは基本的に受け取らないし、仮に受け取ってしまってもすぐ捨ててしまうようにする。レシートが必要になることなどほとんどないからだ。

しかしその一方で、財布の中がレシートだらけの人もいる。極め付けは、「レシートちょうだい」という人まで現れ始めた。そこで今回はレシートの管理術?について、僕なりに解説してみる。

キャッシュレス生活を送っていればレシートは必要ない

キャッシュレス生活を送っていれば基本的にレシートは必要ない。キャッシュレスサービスに取引が記録されるからだ。確定申告の際の経費計上も、基本的には取引明細だけでOK。また、キャッシュレス決済と家計簿アプリを連動させることで、全自動で家計簿をつけることも可能だ。だから、「家計簿をつけるために…」という理由でレシートを貯めておく必要もない。

といった感じに、キャッシュレス生活を送ればレシートも必要なくなる。そうやって少しずつ無駄な作業を減らしていくことで、自分の時間を取り戻していくのが、現代生活の基本だ。

ミニマリストのキャッシュレス事情→現金を徹底的に排除せよ!ミニマリストのキャッシュレス事情について根拠と実際の利用例を元に説明しています。ミニマリストに興味がある人、完全キャッシュレスについて知りたい人はぜひ読んでみてください。...

レシートを撮影するだけでお金を稼げるアプリがあるらしいが…

ここ最近では、レシートを撮影するだけでお金を稼げるアプリが出ているらしい。代表的なアプリだと以下の通りだ。

  • CODE
  • ONE
  • レシーカ

おそらく、レシートを撮影することによるデータ収集と広告収入によってマネタイズしているアプリなのだろう。だから、その利益の一部をユーザーに還元させることで、「レシートを撮影するだけでお金を稼げる」みたいな現象を演出している。

しかしレシートを撮影することで稼げるお金は1桁や2桁レベルで、100円稼ぐのでも一苦労らしい。だったら普通に働いた方が効率がいい。「レシートでお金が稼げる」というマジックワードに気を取られすぎて、レシートを無駄に収集するのは滑稽でしかないように思える。

まとめ

それでは本記事をまとめてみる。

  • キャッシュレス生活を送ればレシートは要らなくなる
  • レシートを撮影するだけでお金を稼げる…、に惑わされるな!

レシートはもはや、紙文化の名残になりつつある。レシートを無くすだけでも大幅にスマートになるのは間違いない。少なくとも個人で活動する分には、レシートはほとんど必要ないのだ。積極的にレシートから距離を置くようにしよう。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。