ミニマリスト

ミニマリストは貯金なんかしなくていい【理由を3つ紹介】

ミニマリストは貯金をしなくていい

今回はミニマリストの貯金の考え方について解説してみる。

おそらくミニマリストの多くは、「お金を貯めるために節約する」みたいな考え方をしている。SNSを見る限り、女性ミニマリストの多くが「節約」を重要視し、お金を貯めることが安定に繋がると考えているのだと強く感じる。

しかし、僕はそう考えない。ミニマリストだからこそお金をたくさん使うべきだ。だからもちろん、貯金なんかしない。

では一体なぜ貯金する必要がないのか。ミニマリストの人もそうでない人も、ぜひ一読してみてほしい。

ミニマリストは貯金なんかしなくていい

理由は3つあります。

理由①:お金は使わなければ価値にならない

お金は使わなければ価値にならない。

例えば常に100万円の貯金をしておくとしよう。そして100万円の貯金を抱えたまま、亡くなってしまうとする。そしたらその100万円はどうなるのだろうか。生き残った家族に相続するのかもしれない。しかし、その100万円は自分にとって何の価値にもならないのも事実だ。

お金は使うことで初めて価値が生まれる。だからこそどんどんお金を使って、価値に還元しなければならない。

確かに、もしもの時のために半年分の生活費を貯金しておくことは、安心感という大きな価値を生み出すかもしれない。しかし、それ以上のお金を貯金しておくことは、果たして大きな価値を生み出すのだろうか。

「老後に備える」という名目で、不確定要素の多い未来のために2000万円貯金するんだったら、確実性のある今この瞬間にお金を使った方が自分のためになるのではないだろうか。

ミニマリストの特徴は、物事の記号性を抽出して本質を見抜くのが上手いことだと僕は思う。その洞察力でお金の価値について考えてみてほしい。

理由②:貯金よりも投資の方がパフォーマンスが高い

お金は貯金するよりも投資の方がパフォーマンスが高い。

基本的に経済は、年数が経てば経つほどインフレしていく。なぜなら企業が常に成長を求め続けるからだ。だからお金を貯金するんだったら株式に投資した方が、パフォーマンスが圧倒的に高い。

もちろん投機的な資産運用はNGだ。長期的な目線で投資することを心がけよう。

僕も資産運用の本を数多く読んできた。そしてやはりどの本にも「リスクを分散する」ことの重要性が挙げられている。基本的には半年分ぐらいの生活費を現金として保有しておき、残りのお金の50%を国債、もう50%を株式投資に回すのがベターだ。また、株式投資はインデックスファンドを活用するのがリスク分散に適している。

そして最もパフォーマンスの高い投資は、自己投資だ。ただし、これは起業家・フリーランスになる予定の人に限る。「一生正社員で生きていきます」という人が自己投資しても、あまり効果がないと僕は思う。

ちなみに僕はアニメ鑑賞を極めるために、貯金全額でAirPods Pro(約3万円)を購入したことがある。その半年後、アニメ鑑賞に没頭した結果、アニメ記事執筆の依頼をGETし、1日に5万円稼いだ。そしてこれがきっかけで、ライターとしてそこそこ安定してお金を稼げるようになった。

当時は自己投資と思ってなくても、振り返った時に「あれは良い自己投資だったな」と思うことがよくある。自分がやりたいようにバンバンお金を使うのが、最もパフォーマンスの高い自己投資なのだ。

理由③:生活コストが低いので、貯金する必要性が薄い

ミニマリストは生活コストが低い人が多い。ほとんどのミニマリストが月10万円程度で生活している。だとすると、もしものときのために貯金する必要性が薄いのではないだろうか。

例えば月10万円のミニマリストがいるとする。そして何かしらのトラブルで職を失うとしよう。そうすると当然、収入源を失ってしまう。しかし、月10万円で生活できるため、60万円の貯金があれば半年は凌ぐことができる。半年も時間があれば転職期間も十分賄えるだろう。

また、もし病気になってしまっても、高額療養費制度がカバーしてくれる。「もし病気になった時のためにお金を貯めないと」と考えている人は、高額療養費制度を見落としていることが多い。
この制度は、月あたりの医療費が所得金額によって算出される自己負担限度額を超えた場合に、その超えた金額が払い戻される仕組みとなっている。また、限度額適用認定証を提示すると、窓口での支払い金額が自己負担限度額までになる。詳しくはこちらのサイトをみてほしい。
要するに、もし高額な医療費を払うことになっても、1ヶ月あたりの自己負担限度額で済むということだ。

国のセーフティネットがしっかりしているので、もしもの時のためにお金を貯金しておく必要はない。バンバンお金を使って、自分に還元していこう。

まとめ

それでは本記事をまとめていく。

  • お金は使わなければ価値にならない
  • 貯金よりも投資の方が、パフォーマンスが高い
  • ミニマリストは生活コストが低いので、もしもの時のために多めに貯金する必要がない

変化の激しい時代では未来を予測することが困難だ。だからこそ今を全力で生きて、変化に備える必要がある。そう考えると、未来のためにお金を貯めておくことが、いかに馬鹿げているかがわかると思う。

お金をどんどん使って自分に還元してしまうのが、現代のマネーリテラシーの鉄則だと僕は考える。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。