ミニマリスト

【ミニマリスト】オススメのスタンディングデスクを1つだけ紹介

今回はミニマリストにオススメのスタンディングデスクを1つだけ紹介します。

スタンディングデスクの有用性について

スタンディングデスクですが、メンタリストDaigoさんが取り入れていることで有名。YouTubeの撮影も基本的に立ってますしね。
さて僕は教養に乏しいですし、科学的なデータから引用して説明するのも中々めんどくさいので、知見たっぷりで説明したいと思います。

生産性向上につながる?

まず、スタンディングデスクを利用すると生産性が向上する研究結果が出ていることがわかっています。逆にスタンディングデスクにはあまり効果がないとする研究結果もあったりします。

僕の経験からすると生産性は向上しているように感じています。スタンディングデスクにしてから僕のブログのモチベーションが上がったからです。以前は1日に1記事書くか書かないかだったのが、この記事を書いている日には4記事も書いてます。単純計算でも4倍以上の生産性ですよね。

それに以前でさえもバランスボールを椅子にすることで、眠気を防止していましたが、それがより強くなったと感じています。作業中にダラけることは一切なくなりました。

僕の体験談はもちろん、メンタリストDaigoさんもそうですし、シリコンバレーでも普及しているとのこと。生産性向上はまず間違いないかと思います。

健康状態が良くなる?

座りすぎはよくない、とされる研究結果。健康意識が高いミニマリストのみなさんなら、一度は目にしてことがある研究結果だと思います。確かに座り過ぎによって血流は悪くなることはわかっていますし、死亡率との相関関係もあるそうです。
しかし、この相関関係についてはなんともいえないところがあって、椅子に座りっぱなしの人はそもそも仕事でたくさんのストレスが発生していたり、運動不足であることも多いはずです。つまり相関関係にはあるものの、椅子に座り続けていることが死亡率向上に直接つながっているわけでは、必ずしもない、と考えることもできるのです。

そして、実際に僕もスタンディングデスクによって健康状態が良くなったとは思っていません。健康目的でスタンディスクデスクを導入するのであれば、ジョギングしたりHIIT(高強度インターバルトレーニング)を取り入れた方が心臓病リスクは軽減されるでしょう。

スタンディングデスクのオススメとは?

僕はスタンディングデスクに関しては、様々な商品を比較したわけではなく直感と信用で判断しました。
僕が選んだのはE-WIN スタンディングデスクです。サイズは幅58cm×奥行40cmでカラーはホワイト。高さを手動で8段階で調節可能で、椅子に座って作業することも出来ます。

ミニマリストしぶさんの動画を見て即決しました。

魅力①:高さが8段階で調節できる

高さが8段階で調節できるため幅広い体格の方にも利用できます。僕は身長185cmという中々の高身長ですが、作業中は7段階目の高さで利用しています。ということなので、僕より身長が低い人は問題なく利用できるかと思います。

また、一番低い高さにすれば椅子に座りながらの作業もできなくはないですし、食事のときに便利です。サイズ感もちょうどいいのでキッチンのサブデスクにも使える、としぶさんも言ってました。

魅力②:車輪付きが地味に便利

E-WINのスタンディングデスクは車輪がついているのが地味に便利です。例えばちょっと気分を変えたいときに、僕は窓際や壁際に移動して作業することがありますが、押したり引いたりすれば動くのでめちゃくちゃ楽です。普通の固定脚だと一回一回持ち運ばなければなりませんが、E-WINのスタンディングデスクであれば簡単に移動できます。地味に便利です。

唯一のデメリット、車輪が地味に怖い

そんなE-WINのスタンディングデスクの唯一のデメリットは、車輪が地味に怖いことです。移動しやすい分、足の指を巻きむんじゃないかと考えてしまうときがあります。
購入してからは一度も事故を起こしていませんが、「一回ぐらいは怪我しそうだなー」ってめちゃくちゃネガティブに考えてます。
車輪以外にも固定脚の部品もあって付け替え可能となっていますが、移動のメリットの方が大きいので車輪にしています。

さいごに

以前は生産性向上と健康目的のためにバランスボールを利用していましたが、それも必要なくなってしまったので捨てようか悩んでいます。まあほぼ確実に捨てるでしょう。

「バランスボールを椅子代わりにするといいよ」って記事を以前書いていたので一応紹介しておきます。

バランスボール椅子
ミニマリストはバランスボールを椅子として使うべき こんにちは、てるくんです。今回は「バランスボールは椅子として使えるのだろうか」というテーマです。 本記事を読むべき人 ミニマリス...

僕の場合、実家ぐらしなので食事はリビングですればいいこと。自分の部屋でやることはライター業とアニメ鑑賞と読書とVRゲームと寝ることぐらいなので、椅子必要ないですね。捨てよっかな。

アニメ見るならdアニメ一択!


月額440円(税込み)で2,500作品以上見放題の、アニメ専門の動画配信サイト。
作品数はもちろん業界No.1。それなのに月額440円の超コスパ

初回限定で31日間の無料トライアルもついているので気軽に楽しめます。途中キャンセルの解約料は、もちろん発生しません。

「アニメにハマってしまった人」
「U-NEXTに入っているけど、ドラマとか邦画がいらないって思っている人」
「Netflixに入っているけど、見たいアニメが配信されていなくて困っている人」

こんな方々は一度、dアニメストアを試してみてはいかがでしょうか!?
2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】