アニメ

からかい上手の高木さん(TVアニメ1期)評価:感想:レビュー

からかい上手の高木さん

今回は『からかい上手の高木さん』のTVアニメ1期について語っていく。

『からかい上手の高木さん』は、2013年から連載が開始された漫画が原作だ。原作者は山本崇一郎。現在は小学館の『ゲッサン』で連載されている。2021年9月時点で、累計発行部数が1,000万部を突破している。サンデーの漫画より売れてる…。

そして2018年冬クールにTVアニメ1期が放送された。アニメ制作はシンエイ動画が担当した。

『からかい上手の高木さん1期』の感想

ネタバレしているので、未視聴の人は気をつけてください!

感想①:4年振りに見た

『からかい上手の高木さん1期』が放送された当時、僕は卒業間近の高校3年生だった。たまたま高校の図書室に、なぜか『からかい上手の高木さん』の原作漫画が置いてあって、それに夢中になってた記憶がある。今思うと、『からかい上手の高木さん』がキッカケで、ラブコメにハマっていた気がする。

そして、僕にとってドンピシャのタイミングで、『からかい上手の高木さん1期』が放送された。当時、リアルタイムで視聴していたし、楽曲も速攻で購入して、バイトの休憩時間に聴き込んだ記憶がある。

それから4年後、再び『からかい上手の高木さん1期』を視聴してみた。以前と比べると、僕は明らかに目が肥えていて、アニメに対する考えも強烈になっている。それでもやはり、『からかい上手の高木さん』は色褪せてなかった。むしろ、僕の脳がアニメに浸ってる影響で、以前よりも楽しく視聴できたと思う。

感想②:『クリティカル』が強烈な理由

『からかい上手の高木さん1期』は、基本的に、高木さん(CV.高橋李依)が西片(CV.梶裕貴)をからかい続けるストーリー構成となっている。その中で稀に、西片がさりげなく高木さんに不意打ちをするシーンがある。それが第11話の『クリティカル』だった。

しかしこのシーン。何回見てもキュンキュンさせられる。超強烈だ。

ではなぜ、『クリティカル』が強烈になるのか。それはすごく単純で、フリとオチが設定されているからだ。高木さんが西片をからかい続けるシーンが壮大なフリとなっているからこそ、『クリティカル』のオチが凄いことになっている。

また、最終話のラストシーンで、高木さんが足をバタバタするシーンに関しては、アニメオリジナルの演出だ。もちろんこのシーンも、例外なくキュン死する。制作陣の手のひらで踊らされてる感じだ。

『クリティカル』のようなシーンが楽しみになるので、高木さんが西片をからかう展開もマンネリ化しづらい。キャリーオーバーみたいなもので、高木さんが西片をからかい続けるほどフリが蓄積し、オチの衝撃度が増大するからだ。だから『からかい上手の高木さん』は全然退屈しない。比較的イッキ見しやすいコンテンツだといえる。

『からかい上手の高木さん1期』の評価

作画70点
世界観・設定75点
ストーリー83点
演出85点
キャラ80点
音楽85点

作画

作画は、かなり安定していた。動きが少ないけれど、『からかい上手の高木さん』の場合、これで十分。

世界観・設定

今までありそうでなかった、新感覚のラブコメ。キュンに全振りしてる感じ。Mっ気のある男性はイチコロだろう。

ストーリー

単調なストーリーだけど、なぜか病みつきになる。『クリティカル』みたいな変化球も仕込んでくるのがズルい。

演出

高木さんと西片の「2人だけの世界」がしっかり演出されている。それと『クリティカル』と最終話のラストの演出がエグい。

キャラ

高木さんと西片はもちろんのこと、原作漫画と比べると、サブキャラの印象度が強い。小原好美が強い。

音楽

往年の名曲を高木さんがカバー。その相性がとにかく抜群だし、毎回エンディングが楽しみになる。

さいごに

『からかい上手の高木さん』はTVアニメ2期も放送されている。時系列的を考えると、冬を用いたストーリー展開が予想される。こちらもしっかり視聴してブログにしておきたい。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。