ミニマリスト

ミニマリストにテレビが絶対に必要ない理由を3つ紹介【脱テレビ】

ミニマリストにテレビは必要ない

今回はミニマリストのテレビ事情について解説していく。

この記事を読もうとしているならもはや説明不要かも。ミニマリストにテレビは必要ない。そして個人的には、テレビを持つべきではないと強く進言したい。なぜ「テレビは必要ない」とここまで強く進言するのか。その理由を解説していく。

ミニマリストにテレビが必要ない理由

ミニマリストにテレビが必要ない理由は3つあります。

理由①:テレビのコンテンツがつまらない

ミニマリストにテレビが必要ない理由の最大の要因として「テレビのコンテンツがつまらない」ことが挙げられる。

現在のバラエティは本当に酷い。ゴールデン帯の番組を見ると、本当に酷いことになっている。乱雑な編集、CMを活用して煽る演出、改めて振り返ってみると相当酷い。

また、報道の偏り方にも酷いものがある。コロナ過では不安を煽るような報道の仕方をするし、皇族のスキャンダルの取り上げ方は幻滅ものだった。

最近だとロシアとウクライナの報道も目に余るものがあった。アメリカが煽った事実が一切報道されなかったからだ。現代の日本はアメリカに強く忖度している状況にある。だから日米関係が揺らぐようなことが報道されることはない。

以上のことからテレビのコンテンツを見ることをオススメしない。マスメディアによる情報の植え付けの被害に遭う可能性があるので、テレビそのものを処分した方がいい。

理由②:時間を奪われる

ミニマリストにテレビが必要ない理由の2つ目は「時間を奪われる」ことだ。

テレビの情報は受動的なものが多い。しかしテレビ側としては、視聴者にテレビをしっかり見てほしい。だからCMを活用した煽る演出をして視聴者の視聴時間を少しでも伸ばそうとするし、1カットあたりの時間を非常に短くする乱雑な編集で視聴者を釘付けにさせる。

どちらにせよ、テレビの映像を流しっぱにすると、自分の時間を奪われる可能性が増大する。自分の時間を守るためにも、ミニマリストはテレビを所有するべきではない。

理由③:代替品がいっぱいある

ミニマリストにテレビが必要ない理由の3つ目は「代替品がいっぱいある」ことだ。

例えばコンテンツに限って言えば、テレビでなくともNetflixで十分だ。TVドラマを見るにしても、FODTVerがある。

また、巨大なスクリーンがいいのであれば、テレビ機能が付いていない高画質大画面のディスプレイを購入すればいい。そしてそのディスプレイにChromecastなどのスマートテレビを取り付ければいいのだ。

ということで、テレビの代替品はこの世に数多くある。使い方を工夫するだけで、テレビよりも遥かに有意義な映像体験を手に入れることができるのだ。ぜひ検討してみてほしい。

まとめ

それでは本記事をまとめてみる。

  • テレビのコンテンツは超つまらない
  • テレビの映像を見る=自分の時間が奪われている
  • 動画コンテンツはネット配信の方が良い
  • 巨大なディスプレイは別口で用意できる

堀江貴文のライブドアがフジテレビを買収していたら、今頃テレビはここまでつまらなくならなかったのかもしれない。そう考えるとライブドア事件は、日本のテレビ業界の崩落のキッカケだった。

QOLをしっかり向上させるのであれば、テレビの断捨離は急務だろう。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。