ミニマリスト

ミニマリストが水筒を所有するべき理由【シェイカーがオススメ】

ミニマリストは水筒を所有するべき

今回はミニマリストの水筒事情について解説していく。

ミニマリストに限らず、水筒を所有するかしないかは、意見が綺麗に分かれることが多い。ちなみに僕は、水筒を所有するべき派だ。

本記事では、ミニマリストが水筒を所有するべき理由を紹介していく。水筒を持つべきかどうか悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んで、参考にしてみて欲しい。

ミニマリストが水筒を所有するべき理由

ミニマリストが水筒を所有するべき理由は3つあります。

理由①:飲料水の節約になる

ミニマリストが水筒を所有するべき最大の理由は、飲料水の節約にある。仮に毎日1日1本、お茶を購入するとしよう。すると、1本100円計算でも1ヶ月に約3,000円の出費になる。年換算すると、なんと年に36,000円の出費だ。これは馬鹿にならない。

一方、水筒を利用すれば、これが一気に節約できる。自分でお茶を作れば500mlあたり20円ぐらいで作れるはずだ。水筒を利用していない人と比べると、月に2,400円、年に28,800円も節約できる。

また、水筒も100円ショップで購入すれば100円で購入できてしまう。高機能のアウトドア用水筒でも、5,000円ぐらいで購入できる。十分元が取れるのだ。

このようにして、水筒を持ち運べば飲料水の大きな節約が見込める。もちろん、お茶を作る手間や水筒を持ち運ぶことを考慮する必要はあるだろう。だが、水筒を所有するべき理由としては十分だ。

理由②:いつでもどこでも水が飲める

水筒を持ち運べば、いつでもどこでも水が飲める。

確かに、現代ではコンビニや自動販売機が普及しているので、水筒なんかなくても水が気軽に飲めるという意見もある。だが、自動販売機が普及していない山間部で水筒は必須だ。また、コンサート会場で移動が制限されている状況など、飲料水が手に入らないケースも十分考えられる。

僕の場合、ふらふらと山登りに出かけることも多い。そういった時に水筒が必須なので、水筒を常に利用する習慣をつけるようにしている。それと、出先でペットボトル飲料水を購入した後、それを分別して処理するのが面倒くさいという理由もある。

理由③:プロテインを混ぜるのに必須

プロテインを飲用している人にとって、水筒は必要不可欠だ。

市販されているプロテイン飲料の多くは、糖質が含まれている。そのため、糖質をオフにしつつタンパク質を摂取したい場合は、粉末からプロテイン飲料を作る必要があるのだ。

粉末からプロテイン飲料を作るには当然、シェイカーが必要になる。ということで、プロテインを摂取したい人にとって、シェイカー(水筒)が必要不可欠になる。プロテインは現代社会で健康的な生活を送るための必須級の飲み物と言っても過言ではない。健康を大切にしたい人は、必然的に水筒(シェイカー)を所有することになるだろう。

ミニマリストの食事にはプロテインが良い?【マイプロテインがオススメ】ミニマリストのプロテイン事情について説明した記事です。結論から言うとミニマリストにプロテインは必須です。そしてマイプロテインがオススメです。プロテインで悩んでいる方はぜひ読んでみてください。...

僕が所有している水筒

僕は現在(2022年3月時点)、プロテインシェイカーを3つ所有している。シチュエーションによって最大3つのシェイカーを利用するからだ。

  • Blender Bottle(650ml)
  • マイプロテイン(600ml)
  • マイプロテイン(400ml)

Blender Bottleはプロテイン用、マイプロテイン(600ml)はBCAA用、マイプロテイン(400ml)は水・粉末サプリ用として利用することが多い。

さいごに

それでは本記事をまとめてみる。

  • 水筒を所有すれば飲料水の大きな節約になる
  • プロテインを作るためには水筒(シェイカー)が必須
  • シェイカーは500mlのサイズが1本あるといい

やはり、プロテインを利用する人は水筒が必要不可欠になるだろう。僕は1日2杯以上プロテインを飲むので、水筒は必須だ。それに、粉末系のサプリメントを服用する際も水が水筒が必要になる。

健康を追求しようと思うと必然的に水筒が必要不可欠になる気がしてきた。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。