ビジネス

Webライターが副業で月5万稼ぐまでの道のり→大学生フリーランスの僕が解説

こんにちは、てるくんです。

今回は僕が未経験の状態からWebライターとして月5万稼ぐようになるまでの過程をご紹介します。

本記事を読むべき人
  • アルバイトで稼ぐのが嫌になった大学生
  • 副業で月5万ぐらい稼ぎたい会社員
  • 自分でお金を稼ぐ感覚を身につけたい大学生
てるくん

てるくんって誰だよって思う方もいると思うので簡単に自己紹介します。

  • 都内の某大学の経済学部3年生
  • 体育会所属
  • 現在はWebライターで月10万稼いでます
  • 趣味はアニメ鑑賞・読書です

ざっくりとこんな感じです。

それと僕のライティング歴はこんな感じ。

月5万までの道のり
  • 2020年5月末:「てるくんブログ」開設
  • 2020年10月:Webライター業開始
  • 2020年11月:月2万達成
  • 2020年12月:月5万達成
  • 2020年1月:月10万達成

僕の場合、ブログ開設してから半年後ぐらいにWebライター業を始めてますが、そんなに必要ありません。

ちょっと余裕を持って2ヶ月ぐらいでWebライターで稼げるようになります。

それでは詳しく紹介します。

まずは自分のブログを持つ

ブログ

実のところこれが全てです。

ブログを持つだけでWebライターとしての株は上がりまくりです。

ブログを持つメリット
  • アウトプットツールとして使える
  • クライアントから高評価をもらいやすい
  • ブログでも収益を狙える
てるくん

Webライターのトップレベルの人は必ずといっていいほど自分のブログを持っています。

そして必ずWordPressでブログを始めるようにしてください。

根拠はこんな感じです。

  • はてなブログやAmebaのような無料ブログだと自由度が低く、サービス停止してしまうと容赦無く自分の記事が完全消去されてしまうから
  • 入稿作業も自然に学べる
  • 入稿作業だけでお金を稼げるお得な案件もある
てるくん

特に入稿作業を学べるのはデカすぎです。案件を見ても「WordPressで入稿できる人」という条件をよく見ます。

実は僕が初めて月5万を達成した時は、入稿作業だけで時給6,000円。合計2万ぐらい稼げたこともあります。

WordPressじゃないと入稿作業はできないので、WordPress一択です。

WordPressでブログを開設する方法は?

WordPressでブログを開設するには以下の手順が必要です。

  • 独自ドメインを取得
  • レンタルサーバーを契約
  • WordPressをダウンロード
  • FTPソフトでサーバーとWordPressを結びつける
てるくん

なんのことだかわからないって人も多いですよね。僕も初めはそうでした。

開設時にめちゃくちゃググったので参考になった記事を紹介しておきます。

といっても各レンタルサーバーで必ず「ブログの始め方」みたいな記事があるのでそれを読めば大丈夫です。

僕はmixhostを使ってますが、エックスサーバーも信頼度抜群です。

mixhostの場合、クイックスタートと呼ばれるめちゃくちゃ簡単な方法があるのでオススメです。

ブログで記事を書きまくって文章力を向上させる

ブログを開設したらまずは1記事書いてみましょう。

最初に何を書けばいいかわからないという方はとりあえず自己紹介でもしておいてみてもいいでしょう。

なんでもいいのでまずは自力で書くことが大事です。

トップブロガーから学ぶのが最短距離

世の中にはブログだけで稼いでいるトップブロガーが何人かいます。

特にマナブさんクロネさんから学ぶのがいいでしょう。

てるくん

マナブさんはブログ界でも有名で収益化が上手なイメージ。Twitterもフォローしておいて損はなし。→@manabubannai

クロネさんの100記事10回講座はマジですごい。そして個人的にクロネさんの考え方が大好きです。こちらもTwitterをフォローしてみてください。→@kuroneblog

とりあえず30記事は書きたい

とりあえず30記事は書かないと文章力は身につきません。

30記事も書いてくると自然とトライアンドエラーを繰り返すようになって文章力が上がります。

1日1記事で1ヶ月、2日1記事で2ヶ月ですね。

これに関しては早い者勝ちなのでどんどん記事を書いていきましょう。

ブログは何を書けばいいの?

ブログは法律に触れなければ何を書いても自由です。

しかし、Webライターの実績にするのであればWebライティングだけはするようにしてください。

Webライティングを学ぶのであれば、沈黙のWebライティングという書籍を購入することをオススメします。

てるくん

この本に書いてあることを守って書くのであれば、なに書いてもOKです。

僕はアニメとミニマリストのことしか書いてませんが、実績としてちゃんと機能しています。

ブログを実績にして案件を取る

ブログで実績を積み上げたら案件を取るために営業していきます。

てるくん

最初は文字単価1円を狙うのがオススメ。よく文字単価が0.5円を切っている案件もありますが、必要は文章力は0.5円でも1円でも変わりません。

Webライターの案件を取るのに以下の方法がオススメです。

  • クラウドワークスで営業
  • ランサーズで営業
  • Twitterで直接営業
  • Wantedlyで直接営業
  • メディアに直接営業

詳しく紹介します。

手始めにクラウドソーシング

大手クラウドソーシングサービスであるランサーズクラウドワークスを利用していきます。

どちらかではなく、どちらも登録しておいてください。

てるくん

個人的にはランサーズの方が害悪案件は少ない印象です。「個人的には」ですよ。笑

目標は「認定ランサー」「プロクラウドワーカー」です。これを目指していけばOKです。

どちらも厳しい条件がありますが、それをクリアするように活動していくといいでしょう。

てるくん

「どうやって営業すればいいの?」と思った方もいるでしょう?

これについては今後記事にしていこうと思いますが、とりあえず「認定ランサー」や「プロクラウドワーカー」のプロフィールのテンプレを真似すればOK。

営業の時もプロフィールに書いてある文をコピペして、案件ごとにPRポイントを記載するだけです。

SNSでも案件をゲットする

クラウドソーシングと同時並行でSNSでも案件を狙っていきましょう。

クラウドソーシングと違って、マージンを取られないので単純に利益が増えやすいです。

特にTwitterは必須です。ビジネス用のアカウントを持っておくといいでしょう。

Twitterでは「#ライター募集」で毎日検索をかけると案件がゴロゴロあります。

リプを返したりDMを送信したりしてどんどん営業していきましょう。

てるくん

僕はWebライター業を初めて2ヶ月目ぐらいで文字単価5円の大手メディアの案件をTwitterで獲得しました。

大学生のクリスマスイブを犠牲にして、1日1万文字生産して5万円稼ぎました。。。

それと最近知った話ですがビジネスSNSとして有名な「Wantedly」でも案件を獲得できるとのこと。

僕はまだ使いこなせていませんが知っておいて損はありませんね。

メディアサイトに直接営業する

これに関しては僕がこれからやろうと思っていることですが、記事を扱うメディアサイトのライター求人に直接問い合わせるのもアリです。

なかなか勇気ある行動ですし、ある程度の実績がないと厳しいので後々の手段として検討してみてください。

読書のインプットは欠かさないようにする

読書

文字をアウトプットするライターであれば文字をインプットし続けるのは必須です。

特に文章関連の書籍は読んでおいて損はありません。

オススメの文章関連の書籍
  • 武器としての書く技術
  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義
  • 人を操る禁断の文章術

小説もオススメです

Webライティングだけでなく、シナリオライティングも学んでおくと表現が広がります。

ということで娯楽として小説を読むのもオススメです。

てるくん

僕はアニメが大好きということもあってライトノベルも大好きです。

まとめ

それでは本記事をまとめていきます。

本記事のまとめ
  • まずはWordPressでブログ開設
  • ブログで30記事を書く
  • クラウドソーシングとSNSで営業
  • あとはひたすら実績を積み上げる

こんなところです。

ここまでで「ブログは絶対やっとけ!」と言っておいて申し訳ありませんが、ブログを開設しなくてもWebライターで案件は取れると思います。

ただ、SNSで案件を取るのは厳しくなるでしょう。

今度は月10万を達成する方法も紹介しますが、マージンを取られる上に競合も多いクラウドソーシングよりもSNSの営業の方が時間効率は圧倒的に良いです。

とにかく行動あるのみ

この「月5万稼ぐまでのWebライターの道のり」は間違いないはず。

あとは行動するだけです。

行動しなければ意味がありません。

なかなか行動に踏み切れない人は堀江貴文さんの名著「多動力」を読みましょう。

アニメ見るならdアニメ一択!


月額440円(税込み)で2,500作品以上見放題の、アニメ専門の動画配信サイト。
作品数はもちろん業界No.1。それなのに月額440円の超コスパ

初回限定で31日間の無料トライアルもついているので気軽に楽しめます。途中キャンセルの解約料は、もちろん発生しません。

「アニメにハマってしまった人」
「U-NEXTに入っているけど、ドラマとか邦画がいらないって思っている人」
「Netflixに入っているけど、見たいアニメが配信されていなくて困っている人」

こんな方々は一度、dアニメストアを試してみてはいかがでしょうか!?
2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】