アニメ

Free!-Eternal Summer-(TVアニメ2期)評価:感想→”将来”よりも”今”

Free!2期

今回は『Free!-Eternal Summer(以下、Free!2期)』について語っていく。『Free!1期』が2013年夏クールに放送され、その1年後の2014年夏クールに『Free!2期』が放送された。アニメ制作会社は『Free!1期』に引き続き、京都アニメーションとアニメーションDoの共同制作だ。

『Free!2期』の感想

ネタバレしているので、未視聴の方は気をつけてください。

感想:「将来」をテーマに考えさせられる

『Free!2期』では登場人物が高校3年生になるということもあり、進路や将来に対する葛藤が描かれる。特に主人公の七瀬遥(CV.島崎信長)と新キャラの山崎宗介(CV.細谷佳正)の葛藤が印象的だ。

七瀬遥は「Free」という言葉がお似合いの自由人だ。だからこそ、周囲からの目線に対してネガティブなイメージを持っていた。進路選択の際も、周りからの期待に押しつぶされそうになり、自暴自棄にもなった。
だが、松岡凛(CV.宮野真守)にオーストラリア旅行に誘われたことをキッカケに、周りの人に期待されながらも泳ぐことの素晴らしさに気づく。「これこそが自分の求めたものではないのか」。そう考え始めた七瀬遥は、本気で競泳に打ち込むことを誓い、本当の意味で「Free」になることができた。

そして山崎宗介は、怪我の影響もありながら、「今、この瞬間」のためだけに鮫柄学園に転校してきた。結局のところ、多くの高校生にとって、”将来”なんかよりも”今”の方が圧倒的に大事なのだ。山崎宗介は将来の競泳人生を全て投げ打って、松岡凛と泳ぐことを選び取った。これはこれで素晴らしい決断のように思える。
最終的には競泳を辞める道を選ぶことになるが、怪我を完治させて復活する可能性も十分にあり得る。その時に改めて、「あの時に”今”を大事にして良かった」と振り返るのだろう。

やっぱり高校競技は熱いなぁ。

『Free!2期』の評価

作画90点
世界観・設定85点
ストーリー80点
演出80点
キャラ80点
音楽70点

作画

『Free!1期』と変わらないクオリティだった。やはり水の描写が印象的で、水泳の動きがしっかり再現されていた。

世界観・設定

『Free!2期』は「将来」がテーマとなっていて、高校生たちの葛藤が上手く描かれていた。青春って感じ。

ストーリー

今回は岩鳶高校と鮫柄学園の2つの軸が存在し、それぞれ感動的なストーリーに仕上がっていた。

演出

やはり水泳中のシーンよりも、日常シーンの方が演出の巧さが光る。京アニらしい表情の描写で自然と感情移入させられる。

キャラ

鮫柄学園の水泳部を中心に新キャラが追加された。その影響もあり、鮫柄学園サイドのストーリーにバラエティがついた感じ。

音楽

OP・EDは、やはりどちらも女性向けという感じ。男性の僕的には、EDが好みだった。

さいごに

『Free!2期』で終了する感じのラストだった。だが、あまりにも人気があるということで、TVアニメ3期が制作されており、劇場版も多数制作されている。『Free!2期』の次は『映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-』を視聴するのがいいらしい。こちらもしっかり視聴しておこうと思う。

映画ハイスピード
映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days- 評価:感想→中学スポーツを描く『映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-』について語った記事です。ネタバレしているので視聴済みの人にオススメとなっています。サクッと読めるボリュームです。気になる方は是非ご一読を。...
『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。