アニメ

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話 感想:評価:レビュー

ガールズ&パンツァー最終章第1話

今回は『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(以下、ガルパン最終章1話)について語っていく。

『劇場版ガルパン』が2015年に上映された後、2017年12月に『ガルパン最終章1話』が上映された。

アニメ制作はアクタスが担当している。

『ガルパン最終章1話』の感想

『劇場版ガルパン』の興収が25億円を突破したということで、『ガルパン最終章』シリーズが制作された。と考えた方がいいだろう。実際、『ガルパン最終章1話』の興収も6億円を突破しており、OVA作品としては考えられない数字となっている。

さて、『ガルパン最終章』はOVA作品ということもあり、1作品でストーリーが完結しない。今回の『ガルパン最終章1話』も、戦闘シーンの途中で終了する。しかも続きが気になる感じで終わるので、早く第2話を視聴したくなってくる。

実際、『ガルパン最終章1話』の出来はとても良かった。クオリティの高い戦闘シーンの比率が大きく、日常シーンでも、キャラの新たな魅力が引き出されていて、新鮮な気持ちで楽しめた。

また、今回登場したBC自由学園は、フランスがモデルとなっている。BCは第二次大戦のフランスのヴィシー(ビシー)政権。自由学園は、反ヴィシー組織の”自由フランス”がモチーフとなっている。BC自由学園は、BC高校と自由学園が統廃合した学校らしく、ヴィシー政権と自由フランスが争っていたように、お互いの仲が悪いのが特徴だ。

『ガルパン最終章1話』の評価

作画80点
世界観・設定80点
ストーリー80点
演出80点
キャラ75点
音楽75点

作画

作画は普通に良い。キャラデザの雰囲気が少し変わった気がするけど、特に違和感はなかった。

世界観・設定

戦艦の底に行けば行くほど、アングラな雰囲気になっていくのが面白い。この設定のおかげで、日常シーンで退屈することもなかった。

ストーリー

『劇場版ガルパン』と比べると日常シーンは抑えめ。戦闘シーンの割合が大きかった。続きが気になる形で終了したので、早く第2話を視聴したい。

演出

やはり戦闘シーンの演出が面白い。それと、従来の『ガルパン』と比べると、『ガルパン最終章』は続きが気になる演出となっていた気がする。

キャラ

新たに登場したBC自由学園や、サメさんチームのキャラが良い感じ。

音楽

『ガルパン最終章』でも、EDは『Enter Enter MISSION!』。最終章ver.ということで、メロディーがオーケストラ調になっている。『ガルパンOVA』の時も感じたことだけど、歌手を変えてみてもいいんじゃないかなと思う。

さいごに

『ガルパン最終章』は全6話構成となっている。そして『ガルパン最終章2話』も、2019年6月に公開されているようだ。こちらもしっかり視聴しておきたい。

ガールズ&パンツァー最終章第2話
ガールズ&パンツァー 最終章 第2話 評価:感想:レビュー→APX砲塔!『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』について語った記事です。ネタバレしているので視聴済みの人にオススメとなっています。サクッと読めるボリュームです。気になる方はぜひご一読を。...
ガルパン聖地巡礼
ガールズ&パンツァー(ガルパン)聖地巡礼(舞台探訪)【茨城県大洗町】『ガールズ&パンツァー』の聖地巡礼についてまとめた記事です。聖地スポットやおすすめルートを紹介しています。『ガルパン』の聖地を巡礼する予定の人にオススメの記事です。ぜひ気軽に読んでみてください。...
『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。