アニメ

ガールズ&パンツァー 劇場版 感想:評価:レビュー→興収25億!

ガールズ&パンツァー劇場版

今回は『ガールズ&パンツァー 劇場版(以下、劇場版ガルパン)』について語っていく。

TVアニメの『ガルパン』が2013年まで放送され、その後、2015年11月に『劇場版ガルパン』が上映された。

アニメ制作は、前作に引き続き、アクタスが担当している。

『劇場版ガルパン』の感想

『劇場版ガルパン』は、TVアニメの『ガルパン』と比べると、日常シーンの作画が非常に良くなっていた。正確にいうと、動画が良くなっている。動画とは、原画が作った絵の間を埋める作業のことだ。キャラの動きがぬるぬる動くようになっているので、原画枚数が増えているのは間違いない。

ということで、相当量のリソースが『劇場版ガルパン』に投入されていることが分かる。もちろん、リソースを大量投下するということは、それなりのお金がかかるので、リスクがある。しかし、『劇場版ガルパン』が興収25億円の大ヒットとなったので、コストは余裕で回収できただろう。

また、戦闘シーンに関しては、『ガルパン』シリーズの中でも一番面白かった。元々、TVアニメの頃から戦闘シーンは面白かったけれど、『劇場版ガルパン』はそれを大きく上回ってきた。通常の戦車線ではあり得ない、テーマパークでの戦闘が描かれていたからだ。テーマパークの建物を利用した攻防戦が繰り広げられていて、しかも、それなりに整合性が取れている。ある程度の戦車の知識がないと、あの演出はできない。そう思わされた。

これを映画館で視聴することが出来なかったのが非常に悔しい。最終章シリーズは絶対に映画館で見ようと思う。

『劇場版ガルパン』の評価

作画80点
世界観・設定83点
ストーリー77点
演出80点
キャラ75点
音楽75点

作画

先ほど紹介した通り、作画の動きがぬるぬるしていた。キャラデザの乱れもほとんどない。安心して視聴することができた。

世界観・設定

さりげなく大洗をアピールした世界観。戦車のネタが尽きないのも凄い。

ストーリー

日常シーンの展開は相変わらず無茶苦茶だけど、『ガルパン』らしさもある。戦闘シーンの展開はかなり面白かった。作り込みが凄い。

演出

戦闘シーンの演出が印象に残る。それと、日常シーンでは、西住みほ(CV:渕上舞)と西住まほ(CV.田中理恵)の回想シーンの演出も良かった。みほも可愛いけど、まほも可愛いな…。

キャラ

みほがボコ(CV.藤村歩)のテーマパークでめちゃくちゃハイテンションになっているのが可愛かった。それと、『ガルパン』は敵キャラが可愛い。ダージリン(CV.喜多村英梨)、ケイ(CV.川澄綾子)、カチューシャ(CV.金元寿子)など、普通に可愛い。

音楽

ミリタリー的な音楽が雰囲気作りに一役買ってる。SEも良かった。やっぱり意地でも映画館で見るべきだった…。あと7年早くアニメ沼にハマっていれば…。

さいごに

『劇場版ガルパン』で『ガルパン』は終わらない。興収25億円を突破したこともあり、『最終章』シリーズが展開されている。こちらは2022年現在も、まだまだ完結していないので、映画館で視聴していこうと思う。

ガールズ&パンツァー最終章第1話
ガールズ&パンツァー 最終章 第1話 感想:評価:レビュー『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』について語った記事です。ネタバレしているので、視聴済みの人にオススメとなっています。サクッと読めるボリュームです。気になる方はぜひご一読を。...
ガルパン聖地巡礼
ガールズ&パンツァー(ガルパン)聖地巡礼(舞台探訪)【茨城県大洗町】『ガールズ&パンツァー』の聖地巡礼についてまとめた記事です。聖地スポットやおすすめルートを紹介しています。『ガルパン』の聖地を巡礼する予定の人にオススメの記事です。ぜひ気軽に読んでみてください。...
『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。