アニメ

ガールズ&パンツァー 最終章 第2話 評価:感想:レビュー→APX砲塔!

ガールズ&パンツァー最終章第2話

今回は『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話(以下、ガルパン最終章2話)』について語っていく。

2017年に『ガルパン最終章1話』が上映された後、2019年に『ガルパン最終章2話』が上映された。

アニメ制作は前作に引き続き、アクタスが担当している。

ガールズ&パンツァー最終章第1話
ガールズ&パンツァー 最終章 第1話 感想:評価:レビュー『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』について語った記事です。ネタバレしているので、視聴済みの人にオススメとなっています。サクッと読めるボリュームです。気になる方はぜひご一読を。...

『ガルパン最終章2話』の感想

『ガルパン最終章1話』の終盤では、BC自由学園の仲の悪さが演技だったことが分かる。けれども結局、BC自由学園の仲がやっぱり悪いことが発覚し、それを利用して大洗女子学園が不意打ちを仕掛ける作戦が展開された。

その際、大洗女子学園のカモさんチーム(風紀委員チーム)の戦車「ルノーB1bis」が、BC自由学園の受験組の戦車である「ソミュアS35」のフリをして、エスカレーター組の戦車を攻撃する作戦に出た。

pixiv百科事典によると、ルノーB1bisとソミュアS35は、砲塔部分の形状がほぼ同じらしい。形状の名前はAPX砲塔と呼ばれるもので、フランスのピュトー工廠でしか作られないそうだ。そして、APXのⅠ型が搭載されているのは、ルノーB1の初期型、ルノーD2の初期型、そしてソミュアS35のプロトタイプのみ。
この設定に目をつけた制作陣が、今回のストーリーを構築したのだろう。

こうして振り返ると、戦車の設定が柔軟にストーリーに組み込まれていることがわかる。僕もこうやってブログを書くことで、ミリタリーの知識がどんどん蓄積されていく。沼だ…。

『ガルパン最終章2話』の評価

作画80点
世界観・設定80点
ストーリー80点
演出80点
キャラ75点
音楽80点

作画

作画はいつも通り高クオリティ。

世界観・設定

大洗女子学園だけでなく、他の学校の試合の行方も気になる感じだった。

ストーリー

結局、BC自由学園の仲の悪さを利用した作戦で、大洗女子学園が勝利。全体的に日常シーンが少なめだったのが良い。それでもボコのテーマパークのシーンはしっかり挿入するという…。

演出

BC自由学園がカッコよく見えてしまう演出だった。キャラが良いのもあったけど、『玉葱の歌』の演出とかもよかった。

キャラ

『ガルパン最終章2話』では、特に新キャラが登場したわけではなかった。けれども、要所要所でキャラの魅力が伝わるシーンが挿入されていた。

音楽

BC自由学園の校歌?の『玉葱の歌』がめちゃくちゃカッコいい。『ガルパン』に登場する学校にはそれぞれ校歌があるけど、どれもカッコよかった。けれども特に『玉葱の歌』はカッコいい。ひたすら「玉葱美味しい!」って連呼してるだけの歌だけど。

まとめ

2022年5月現在、『ガルパン最終章』は第3話まで展開されている。一応、第3話も視聴することはできるけど、レンタル料金が発生してしまうので、無料配信されるまで待とうと思う。おそらく、第4話が上映される頃に、第3話の配信が開始すると思うので、それまで気長に待つことにしよう。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。