アニメ

人は信用しても、欺かれるだけなのか?【亡国のアキト第4章感想】

亡国のアキト第4章

今回は『コードギアス 亡国のアキト 第4章「憎しみの記憶から」(以下、亡国のアキト)』について語っていく。

2015年5月に上映された『亡国のアキト第3章』のあと、わずか2ヶ月後の2015年7月に『亡国のアキト第4章』が上映された。

アニメ制作はサンライズが担当している。

『亡国のアキト第4章』の感想

ついに物語が佳境に突入した。wZERO部隊のイレヴンたちは、レイラ(CV.坂本真綾)の尽力もあり、イレヴン特有の心の闇から、ほぼ完全に救い出された。そしていよいよ、wZERO部隊とユーロ・ブリタニアの戦いに突入することになる。

『亡国のアキト第4章』では、「信用」がキーワードとなっていたように感じる。分かりやすい例で言えば、レイラは人のことを完全に信用することができるキャラだ。一見すると素晴らしいことだけど、完全に信用してしまうがために、人に騙されたりもする。『亡国のアキト第4章』でも、ユーロピア共和国将軍のジィーン・スマイラス(CV.石塚運昇)に完全に騙された。

一方で、『亡国のアキト』におけるラスボスでもあるシン・ヒュウガ・シャイング(CV.松風雅也)は「信用なんかできるはずがない」と考えているキャラだ。その結果、世界を支配しようとしているのだから、本当に人を信用していない。

そしてこの2人のキャラに挟まれているのが主人公の日向アキト(CV.入野自由)だ。序盤では人を全然信用してなかったけど、『亡国のアキト第4章』を見る限り、人を信用するようになってきている。

そしておそらく、ギアスの呪いが全てをぶち壊すのだと思う。『亡国のアキト第5章』のラストが非常に気になるところだ。

『亡国のアキト第4章』の評価

作画85点
世界観・設定80点
ストーリー80点
演出80点
キャラ80点
音楽77点

作画

『亡国のアキト第4章』は終始、戦闘シーンが繰り広げられた。やはり戦闘シーンの作画は素晴らしい。ロボットの動きはキレッキレだ。

世界観・設定

『亡国のアキト第4章』では、人間を信用するべきかどうかの問題提起がされていた。『コードギアス』シリーズは、人間の欲望を描くのがとても上手い。

ストーリー

物語もいよいよ佳境に入ってきた。個人的にはスザク(CV.櫻井孝宏)とルルーシュ(CV.福山潤)の立ち回りが気になるところ。

演出

これまで主題歌として採用された『モアザンワーズ』が挿入歌として用いられる演出は、中々良かった。物語前半の、アキトの葛藤とレイラの想いが交錯する演出も良かったな。

キャラ

キャラの立ち直りがちょっと早い気がする。尺が短いのでしょうがないけど、イレヴンの闇が簡単に払拭され過ぎている感じ。

音楽

『亡国のアキト第4章』から、主題歌が変更されて『アルコ』になった。ラストを飾るのにふさわしい楽曲だ。

さいごに

『亡国のアキト』は、それなりに賛否両論の評価となっている。だが少なくとも、『亡国のアキト第4章』の段階では、めちゃくちゃ良い作品だと、僕は思っている。なんで『亡国のアキト』に批判が集まるのかがよく分からない状況だ。

まあそれも全て『亡国のアキト第5章』で明らかになるのだろう。視聴次第、ブログにしようと思う。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。