アニメ

ご注文はうさぎですか?? 〜Sing For You〜(ごちうさOVA)評価:感想

今回は『ご注文はうさぎですか?? 〜Sing For You〜(以下、ごちうさOVA)』について語っていく。『ごちうさ2期』が2015年、『映画ごちうさ』が2016年に上映され、『ごちうさOVA』が2019年に発売開始となった。

『ごちうさOVA』の感想

感想①:文句なしの神OVA

『ごちうさOVA』は文句なしの神OVAだ。OVAはお色気シーンが展開される事が多いが、『ごちうさOVA』は日常系の作品。エロ要素は一切なく、ほのぼのとした日常が描かれる。

『ごちうさOVA』ではチノのアカペラがメインテーマだ。合唱祭で出だしのアカペラを担当することになってしまったチノが、歌の練習をするところから始まる。

その際にチノのメンタル強化の特訓ということで、皆の前で歌う練習が実施される。そのお手本としてココア・リゼ・千夜・シャロがはしゃぎまくるのだが、このシーンがめちゃくちゃ良い。特にシャロが良かったかな。

それと個人的には「かふぇらてかふぇもかかぷちーの」の発声練習がツボだった。「これで発声練習できるわけないだろ。笑」と思うが、チノが一生懸命発声練習しているのを見て癒やされた。

感想②:チノとお母さんのデュエットが良い

『ごちうさOVA』の締めは『銀のスプーン 〜Blend of Memory』だ。ここでなぜチノの母親のサキの声優が水樹奈々だったのか理解した。この『銀のスプーン 〜Blend of Memory』のためだったのだ。サキは当時、歌姫として近所で人気だった。ということで歌唱力の高い水樹奈々が採用されたのだ。

『銀のスプーン 〜Blend of Memory』はチノとサキのデュエットになるのだが、これは実質的に水樹奈々と水瀬いのりのデュエットということになる。これにはちょっとジーンと来てしまった。

『ごちうさOVA』の評価

作画75点
世界観・設定70点
ストーリー75点
演出70点
キャラ85点
音楽83点

作画

作画はOVAだからとって特別高いクオリティではなかった。いつも通りのクオリティ。

世界観・設定

世界観もいつも通り。チノのお母さんの設定が明らかになってきた。

ストーリー

ストーリー構成も良かった。

演出

ラストでチノとサキがデュエットするのが良い。

キャラ

チノのお母さんがとても印象的だった。

音楽

最後のデュエットもそうだが、各キャラのライブシーン?も良かった。

さいごに

『ごちうさ3期』が2020年秋クールに放送されている。『ごちうさOVA』を視聴したのであれば『ごちうさ3期』もぜひ見て欲しい。感想記事も書いたのでこちらも興味があればご一読を。

ご注文はうさぎですか?BLOOM(ごちうさ3期)評価:感想→感動要素が強くなる…『ご注文はうさぎですか?BLOOM』について語った記事です。『ごちうさ3期』を視聴済みの人にオススメです。サクッと1分で読めます。気になる方はぜひご一読を。...
『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。