アニメ

かぐや様は告らせたい?〜天才たちの恋愛頭脳戦〜(かぐや様2期)評価:感想

今回は『かぐや様は告らせたい?(以下、かぐや様2期)』について語っていく。『かぐや様1期』が2019年冬クールに放送され、2020年4月から『かぐや様2期』が放送される。スタッフの変更はなく、制作会社はA-1 Picturesが担当する。

『かぐや様2期』の感想

感想①:相変わらずのクオリティ

『かぐや様1期』が2019年1月から3月まで放送され、その1年後の2020年4月から『かぐや様2期』が放送されたわけだが、終始安定したクオリティだった。

一応これ以外にも多数の作品をA-1 Picturesが手掛けているはずだが、流石の生産力だ。同時並行で『SAO4期』『シグルリ』も制作していたはずだから、そう考えると相当数のチームがあるのだろう。

ストーリーをそのままアニメにするだけでも十分面白いので、ある意味楽なのかもしれない。だが『かぐや様』は演出がとても秀でており、これがギャスセンスの一押しに繋がっている。そう考えると相当の作業量が必要になると思うのだが…。やっぱり流石A-1 Picturesだ。

感想②:伊井野ミコと石上優が活躍

『かぐや様2期』ではミコちゃんと石上くんの1年生ペアが活躍していた。

ミコちゃんは頭でっかちな子で、正義の在り方について悩んでいた。生徒会長選挙に立候補するもダメダメ。それを白銀会長がサポートする、みたいな感じになっていた。このシーンにグッときた人も多かっただろう。

石上くんは『かぐや様2期』の終盤で体育祭の応援団を担当することになった。しかし、石上くんは中学校の時のトラブルを引きずっており、それがトラウマになっていた。だが、応援団の人たち、そして生徒会のメンバーに支えられ、心の壁を壊すことに成功したのだ。

そしてなんといってもミコちゃんと石上くんの恋愛模様。今のところラブコメ感があまりないのだが、物語が進むに連れお互いに意識するようになってくるだろう…。白銀会長とかぐやはもちろんのこと、ミコちゃんと石上くんの動向は目が離せない。千花ちゃんは観賞用で楽しもう。

『かぐや様2期』の評価

作画80点
世界観・設定80点
ストーリー85点
演出85点
キャラ85点
音楽75点

作画

作画はいつも通り高いクオリティだった。

世界観・設定

世界観・設定も高いクオリティだった。

ストーリー

全体のストーリーはもちろんだが、1話あたりのストーリー構成が良い。

演出

とにかく笑える。そしてシリアスパートの演出も良い。

キャラ

白銀やかぐやだけではなく、千花ちゃんや石上くんが光ってた。ミコちゃんも良いし、早坂も良かった。

音楽

OPテーマもEDテーマも良かった。

さいごに

『かぐや様3期』のアニメ制作が決定済みだ。円盤もほどよく売れ、イベントも成功し、キャラ人気もあるのでグッズ収益も出しやすい。文句なしの続編決定だろう。どこまでアニメ化するのかは気になるが、この調子であればラストまでアニメ化する可能性も十分ある。そうなってくれればいいけどなぁ。

かぐや様は告らせたい3期
【かぐや様3期感想】演出を無駄に凝るのが、日本のアニメの良いところ『かぐや様は告らせたい -ウルトラロマンティック-』の感想を語った記事です。ネタバレしているので、視聴済みの人におすすめとなっています。サクッと読めるボリュームです。気になる方はぜひご一読を。...
『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。