アニメ

きんいろモザイク Pretty Days(きんモザOVA)評価:感想→あややが大活躍!

今回は『きんいろモザイク Pretty Days(きんモザOVA)』について語っていく。2015年に『きんモザ2期』が放送されたわけだが、その1年後の2016年に『きんモザOVA』が劇場上映された。興行収入は9500万円ほどで、OVAの上映の割にはそこそこの数字を記録した。アニメ制作会社は『きんモザ2期』に引き続き、Studio五組が担当している。

『きんもざOVA』の感想

感想①:あやや推しは最高に楽しめる!

『きんモザOVA』は登場人物の小路綾、通称あややの視点で物語が進んでいる。主人公の忍・幼馴染の陽子・あやや、この3人は中学生からの友達なのだが、忍と陽子は幼馴染、あややは転入生なのだ。ということなので、あややは「みんなと上手く馴染めてないのではないか?」みたいな感じで鬱になりだすのだ。もちろんそんなことはないのだが、あややの心配性な性格が災いして、考え方がどんどんエスカレートしていく。

といった感じで、とにかくあややがメインで描かれていたのが個人的(僕の推しはあやや)に嬉しい。九条カレンも人気だが、やはり、あややが一番だ!

感想②:中学生編が深堀り

このトラブルが解決されていく過程で、3人の中学時代のエピソードが出てくる。これが中々感動できるもので、ファンの方々にとってはたまらないものだった。どうやら原作にもほとんど出ていないエピソードらしく、原作ファンでも楽しめる内容だったそうだ。

僕も見ていて、『きんモザ』の世界観に引き込まれていったし、キャラへの愛着もだいぶ増した。

『きんモザOVA』の評価

作画50点
世界観・設定60点
ストーリー75点
演出50点
キャラ89点
音楽70点

作画

作画は相変わらず普通。

世界観・設定

世界観も今まで通り。

ストーリー

ストーリーは良かった。50分間、飽きることはなかった。

演出

演出はもう少し改善してほしいと思うけど、Studio五組には期待できないな…。

キャラ

あややがメインだったので、もう最高でした。

音楽

TVアニメほどの音楽ではなかったけれども、普通に良かった。終盤の立て続けのギャグ展開に流れた曲は『きんモザ』らしさが出てた。

さいごに

『きんモザOVA』から5年後、『きんモザ』の完結編が劇場版で上映されている。『きんモザOVA』まで追ってきたのであれば、『劇場版きんモザ』も絶対に視聴するべきだろう。登場人物たちの卒業をぜひ見届けてほしい。

アニメ見るならdアニメ一択!


月額440円(税込み)で2,500作品以上見放題の、アニメ専門の動画配信サイト。
作品数はもちろん業界No.1。それなのに月額440円の超コスパ

初回限定で31日間の無料トライアルもついているので気軽に楽しめます。途中キャンセルの解約料は、もちろん発生しません。

「アニメにハマってしまった人」
「U-NEXTに入っているけど、ドラマとか邦画がいらないって思っている人」
「Netflixに入っているけど、見たいアニメが配信されていなくて困っている人」

こんな方々は一度、dアニメストアを試してみてはいかがでしょうか!?
2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】