アニメ

ピーチボーイリバーサイド(TVアニメ)評価:感想→桃太郎を超リメイク!

今回は『ピーチボーイリバーサイド』について語っていく。『ピーチボーイリバーサイド』はクール教信者先生による漫画が原作だ。これが2021年夏クールにアニメ化された。アニメ制作会社は旭プロダクションだ。

クール教信者先生といえば『小林さんちのメイドラゴン』『平穏世代の韋駄天達』で有名だ。そしてこの3作品は2021年夏クールに放送されたので、クール教信者先生の作品が同じクールで3作品放送されたことになる。

『ピーチボーイリバーサイド』の感想

感想①:放送順は…、まあ悪くない

『ピーチボーイリバーサイド』の放送順は少し特殊だった。通常の時系列通りのストーリーではなく、順番をイジって放送されたのだ。時系列通りの放送順はdアニメストアでのみ視聴可能だった。

ここで僕はとても悩んだ。通常の時系列通りで視聴するべきか、それともオンエア順で視聴するべきか。まあ、特に思い入れがある作品でもない。今回は放送順がイジってあるオンエア順で視聴してみた。僕としては悪くなかったのだが、ネット上では結構炎上していた。笑

2021年夏クールの時期、僕は非常に忙しく、『ピーチボーイリバーサイド』の世界観に深く入り込むことができなかった。そのため、雰囲気を掴む感じで視聴していたので、オンエア順でもある程度楽しむことができたのだと思う。だが、時系列がめちゃくちゃになっているので、ストーリーを深く理解できず、不快感を感じたファンも多かったらしい。

放送順を入れ替えるといえば『涼宮ハルヒの憂鬱』を思い出す。『ハルヒ』は”あの放送順”のために演出を色々工夫していた。だが『ピーチボーイリバーサイド』はそういった工夫を感じられなかった。これが決定的な差なのだと思う。どうせやるならオンエアは時系列順にして、dアニメストアだけ時系列めちゃくちゃにすればよかったのに。笑

感想②:桃太郎の設定をフル活用できてる

『ピーチボーイリバーサイド』は桃太郎の設定を取り入れている。『ピーチボーイリバーサイド』に登場する桃太郎的存在は鬼にめちゃくちゃ強い。そして面白いのが、桃太郎の仲間である猿・犬・キジが全部登場”しない”のだ。僕が見た限りではしゃべる犬しか登場していない。

さらに、『ピーチボーイリバーサイド』では亜人と呼ばれる人種がいる。メインの登場人物であるフラウなんかがそうだろう。しかし、フラウは天界から送られてきた天使的な存在で、本気を出すとめちゃくちゃ強くなる。この設定が『ピーチボーイリバーサイド』をカオスにしている。

あまりにもカオスすぎる世界観となっているのだが、これが良い意味で桃太郎設定を活かしている気がする。タイムリープ系浦島太郎みたいな感じの世界観はウケるかもしれない。

『ピーチボーイリバーサイド』の評価

作画70点
世界観・設定75点
ストーリー50点
演出65点
キャラ70点
音楽65点

作画

作画はまずまず。基本的に安定していた。

世界観・設定

桃太郎をめちゃくちゃダークにしたような設定。面白かった。

ストーリー

ストーリーは評価が分かれるところではあるし、僕も雰囲気で楽しんでいただけなのでとりあえず50点に。

演出

演出はまずまず。桃太郎の力を発揮するシーンは良かった。

キャラ

各キャラ非常に個性的。特にフラウのインパクトが強すぎる。

音楽

OP・EDは印象に残ってないけど、良曲ではあったはず。

さいごに

この雰囲気だと『ピーチボーイリバーサイド』の2期制作は厳しいだろう。だが、世界観の着眼点は面白いので、もしかしたら原作を購入するかも…。

アニメ見るならdアニメ一択!


月額440円(税込み)で2,500作品以上見放題の、アニメ専門の動画配信サイト。
作品数はもちろん業界No.1。それなのに月額440円の超コスパ

初回限定で31日間の無料トライアルもついているので気軽に楽しめます。途中キャンセルの解約料は、もちろん発生しません。

「アニメにハマってしまった人」
「U-NEXTに入っているけど、ドラマとか邦画がいらないって思っている人」
「Netflixに入っているけど、見たいアニメが配信されていなくて困っている人」

こんな方々は一度、dアニメストアを試してみてはいかがでしょうか!?
2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】