アニメ

【式守さん感想】強かわカノジョと、弱かわカレシ

可愛いだけじゃない式守さん

今回は『可愛いだけじゃない式守さん(以下、式守さん)』について語っていく。

『式守さん』は漫画アプリの『マガジンポケット(講談社)』で連載されている漫画が原作だ。これが2022年春クールにアニメ化される。

アニメ制作は動画工房が担当している。

『式守さん』の感想

ネタバレしていないのでご安心を。

『〇〇さん』系の作品

『式守さん』は、いわゆる『〇〇さん』系の作品だ。『〇〇さん』系の作品は、1人のヒロインに焦点が当たることがほとんどで、そのヒロインの魅力で作品の面白さが決まるといっても過言ではない。

それでいうと『式守さん』は上々の滑り出しだと思う。ヒロインの式守さん(CV.大西沙織)は、見た目は可愛いのだけれど、肝心のところでめちゃくちゃカッコいいというキャラだ。ギャップがあって面白い。

キャラデザの癖が強いのでハマれない人はハマれないかもだけど。

『式守さん』は癖が強すぎる?

ネット上の評価や感想を見ていると、『式守さん』は割と賛否両論あるらしい。理由はいくつかある。

まずは主人公の和泉くん(CV.梅田修一郎)がナヨナヨしすぎている点だ。和泉くんは不幸体質で、どんなことでも上手くいかないキャラ。ということで、「なんでパーフェクトヒロインの式守さんと付き合えるんだよ!」という批判…というか嫉妬が生まれやすい設定になっている。

また、既に付き合ってる状態から物語がスタートするのも、受け入れられづらい。やはりラブコメというジャンルは、付き合い始める前が面白いものなのだ。でも『式守さん』は既に付き合ってしまってるので、ただただリア充ぶりを見せつけられるだけになる。これでイライラする人がいるのも分からなくはない。

そして個人的に最も大きいと思っている理由としては、キャラクターデザインと色彩の癖が強い点が挙げられる。おそらく、原作漫画のキャラデザと色彩を尊重しているのだと思う。けれども個人的には、動画工房がもっと手入れしても良かったのではないかなぁと感じている。

『式守さん』の評価

※個人的な評価です

作画65点
世界観・設定60点
ストーリー55点
演出60点
キャラ60点
音楽70点

作画

動画工房の割には…という感じ。いつもより低予算で制作されていたのだと思う。

世界観・設定

不幸体質の主人公を強カワ女子が守るというテーマ。こういうのってどちらかと言うと女性向けの設定だよね。

ストーリー

中盤ではひたすら日常回。終盤になるほど、和泉くんと式守さんが付き合った経緯など、過去回が登場する。割と退屈だったかも。

演出

たまに式守さんがカッコよくなる演出が印象に残る。

キャラ

和泉くんと式守さんだけでなく、サブキャラの3人も印象的。

音楽

OPの『ハニージェットコースター』は『式守さん』にドンピシャ。そしてEDの『Route BLUE』は、音と映像の合わせ方が面白かった。

さいごに

同じマガポケ原作である『長瀞さん』の続編制作が決定しているので、順当にいけば『式守さん』も続編が制作されるはず。

それにしてもマガジン作品のアニメは、なんかパッとしないのは何故なのだろう。やっぱり予算、削ってるよね?

『式守さん』に関しては、続編制作されても視聴しないかもしれはい。

『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。