アニメ

青ブタの舞台探訪(聖地巡礼)をやってみた【神奈川県藤沢市】

青ブタ聖地巡礼

2022年某日、『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(以下、青ブタ)』の聖地巡礼を実行してきた。『青ブタ』の聖地は主に藤沢市。今回は藤沢市にある『青ブタ』の聖地を写真付きで紹介してみる。

湘南台駅周辺の『青ブタ』の聖地スポット

まずは、主人公の梓川咲太とヒロインの桜島麻衣(バニーガール状態)が出会った図書館。館内の写真撮影をするには書類が必要とのことで、今回は入り口だけ。機会があれば、書類を申請して、写真撮影しようと思う。

藤沢駅周辺の『青ブタ』の聖地スポット

次は『青ブタ』の登場人物の多くが利用している藤沢駅。作中でも、藤沢駅北口がよく登場してる。
藤沢駅の中のロッカー。麻衣がバニーガールの衣装を収納していたロッカーはこれのこと。
こちらは江ノ電の藤沢駅。構内にある時計台が印象的。
JR藤沢駅北口にある藤沢駅北口サンパール広場。夜になると高校生がたむろする。普通に床に座って談笑してるから、結構すごい風景かも。
駅前広場の写真のビッグカメラの建物内の7・8階に、ジュンク堂書店藤沢店がある。双葉理央が、よく本を買う場所でもあった。ラノベのラインナップもいい感じ。
デニーズ藤沢北口店
咲太と古賀朋絵がバイトしていたファミレスのモデル。デニーズ藤沢北口店。
柳通り
咲太の通学路としてよく登場する柳通り。
蔵前ギャラリー前道
咲太と朋絵が2人きりで帰った道。蔵前ギャラリー前道という名前の道路らしい。
大正橋
朋絵がセンチメンタルな気分に陥った大正橋。
御所が谷橋
麻衣と豊浜のどかが帰宅する際に登場した御所が谷橋。
御所が谷公園
朋絵が咲太にタイキックを要求する御所が谷公園。個人的に訪れてみたい場所だった。

江ノ島駅周辺の『青ブタ』の聖地スポット

江の島入口交差点地下道
咲太と朋絵がデートする際に通った江の島入口交差点地下道。江ノ島駅から江ノ島まで歩こうと思うと、ほぼ確実にこの地下道を通ることになる。
小田急片瀬江ノ島駅
作中で度々登場する小田急片瀬江ノ島駅。竜宮城みたいな建物が印象に残る。
片瀬東浜海水浴場
咲太と朋絵のデートの終着点となった片瀬東浜海水浴場。ここでサンセットを眺めるとか、中々おしゃれだなぁ。
新江ノ島水族館
咲太と朋絵がデートで訪れた新江ノ島水族館。クラゲコーナーみたいなところがめちゃくちゃ綺麗。
江の島弁天橋
朋絵編で度々登場した江の島弁天橋。このすぐ近くの砂浜で、朋絵のクラスメイトの探し物を手伝うことになる。
江の島弁財天仲見世通り
朋絵とのデートで通る江の島弁財天仲見世通り。昼ごろになると、人の量がすごくなる。写真は午前中に撮影した。
江島神社の大鳥居
咲太と朋絵が訪れた江島神社。
江島神社辺津宮
江島神社の奥には辺津宮がある。
中津宮広場ウッドデッキ
僕が一番訪れたかった場所。朋絵が咲太に告白した、中津宮広場ウッドデッキ。

鎌倉高校前駅周辺の『青ブタ』の聖地スポット

鎌倉高校前駅の改札
作中で、CMの撮影で使われた鎌倉高校前駅の改札。鎌倉高校前駅といえば、”あの踏切”が有名。

七里ヶ浜駅周辺の『青ブタ』聖地スポット

七里ヶ浜駅
登場人物が通う学校の最寄駅でもある七里ヶ浜駅。
七里ヶ浜駅前
作中でもかなり登場する七里ヶ浜駅前。
七里ガ浜高等学校
『青ブタ』の登場人物が通う学校のモデルとなった七里ガ浜高等学校。
七里ヶ浜海岸の階段
牧之原翔子と出会う砂浜が、七里ヶ浜海岸だ。
七里ヶ浜海岸
多分、この砂浜がED『不可思議のカルテ』の舞台なんだろうなぁと思う。

本鵠沼駅周辺の『青ブタ』の聖地スポット

本鵠沼駅
多分、双葉の最寄駅だと思われる本鵠沼駅。藤沢駅から1駅だ。

鵠沼海岸駅周辺の『青ブタ』の聖地スポット

鵠沼海岸駅
花火大会の待ち合わせで使われた鵠沼海岸駅。片瀬海岸に行くには、鵠沼海岸駅から歩いた方が近かったりする。
片瀬海岸西浜
咲太、双葉、国見佑真の3人で花火を見た場所が、この片瀬海岸西浜。

『青ブタ』の聖地マップ

さいごに

『青ブタ』は都内からもアクセスしやすい藤沢市が舞台となっている。それに、どの聖地スポットも、基本的には電車と徒歩でアクセスできる。

『青ブタ』を抜きにしても、湘南・江ノ島はとてもいい場所だ。アニメ聖地巡礼初心者にオススメの作品だといえるだろう。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(青ブタ)評価:感想『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』のTVアニメについて語った記事です。ネタバレ有りです。サクッと3分で読めます。『青ブタ』シリーズが好きな人におすすめの記事です。気になる方はぜひご一読を。...
青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない(劇場版青ブタ)評価:感想『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』について語った記事です。ネタバレ有りです。『青ブタ』を視聴済みの人にオススメです。サクッと2分で読めます。気になる方はぜひご一読を。...
『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。