アニメ

カノジョも彼女(カノかの)評価:感想→コメディに極振りの二股ラブコメ

今回は『カノジョも彼女(以下、カノかの)』について語っていく。『カノかの』は2020年から週刊少年マガジンで連載されている漫画が原作だ。2021年8月時点では累計発行部数が100万部を突破している。

これが2021年夏クールにアニメ化される。アニメ制作会社は手塚プロダクションだ。

『カノかの』の感想

感想①:コメディに極振りしたラブコメ

僕が『カノかの』を初めて視聴して思った感想は「めちゃくちゃ」だ。「『カノかの』はラブコメを分かってない!」とまで思ってしまった。僕にとっての至高のラブコメは『俺ガイル』『とらドラ』のようなタイプなものだったからだ。

だが、考え方を変えてみた。ラブコメはそもそもラブ”コメディ”な訳だから、めちゃくちゃなラブコメがあったって良いのだ。そう考えてみると『カノかの』を楽しむことができる。

『カノかの』はなんといっても主人公がサイコすぎる。二股を正当化しようとするし、言動も突拍子がないのでめちゃくちゃだ。だが、そのめちゃくちゃ具合が逆に面白いのだ。

感想②:作画とかは相変わらず微妙

相変わらずマガジン作品のアニメは微妙だ。『カノかの』のアニメ制作会社は手塚プロダクション、『ごとよめ1期』で作画崩壊をさせた制作会社である。

『カノかの』は目立った作画崩壊がなかったが、作画のクオリティは基本的に低い。演出も微妙だし、キャラデザも微妙だ。なんといっても、ちょっと白っぽくする色彩が僕には良く分からない。

『ごとよめ』(五等分って略すると思うけど、本記事では『ごとよめ』でいきます)の場合は、キャラが魅力的で声優陣も強かったから何とかなった感がある。だが、『カノかの』は決してそういう訳ではなかったので、本当に微妙な仕上がりになってしまった。

『カノかの』の評価

作画30点
世界観・設定50点
ストーリー60点
演出35点
キャラ35点
音楽60点

作画

作画は微妙。手塚プロダクション…。

世界観・設定

二股をギャグに振り切った世界観は面白い。

ストーリー

主人公がサイコすぎて面白かった。

演出

演出はなんとも言えない。もっと主人公をサイコに仕立て上げてもよかった。

キャラ

マガジンのラブコメにしては珍しく、キャラが微妙だった。

音楽

OPはちょっと良い。

さいごに

『カノかの』はおそらくだが、続編制作が決定すると思われる。2020年から連載を開始した作品が2021年にメディアミックスされているので、そのスピードを考慮すると、とりあえず2期までは制作すると考えていい。そこまでお金もかけてないだろうし。

続編が制作されたら一応見ておこうと思う。

アニメ見るならdアニメ一択!


月額440円(税込み)で2,500作品以上見放題の、アニメ専門の動画配信サイト。
作品数はもちろん業界No.1。それなのに月額440円の超コスパ

初回限定で31日間の無料トライアルもついているので気軽に楽しめます。途中キャンセルの解約料は、もちろん発生しません。

「アニメにハマってしまった人」
「U-NEXTに入っているけど、ドラマとか邦画がいらないって思っている人」
「Netflixに入っているけど、見たいアニメが配信されていなくて困っている人」

こんな方々は一度、dアニメストアを試してみてはいかがでしょうか!?
2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】