アニメ

ようこそ実力至上主義の教室へ(よう実)評価:感想→アニメと原作違いすぎ

こんにちは、てるくんです。

今回は略称「よう実」こと「ようこそ実力至上主義の教室へ」の評価と感想記事です。

本記事を読むべき人
  • 「よう実」を視聴済みの人
  • 「よう実」が気になっているけどまだ見ていない人
  • 「よう実」の評価が気になる人

原作の「ようこそ実力至上主義の教室へ」は、2015年から刊行スタート。

レーベルはMF文庫Jです。


てるくん

僕の初めてのライトノベルは「よう実」です。それぐらい話題性がありました。

2020年12月現在はシリーズ累計450万部突破。大人気コンテンツになりつつあります。

そして、2017年の夏クールにアニメが放送されました。

そんな「ようこそ実力至上主義の教室へ」の魅力はこんな感じ。

「よう実」の魅力ポイント
  • 「よう実」の頭脳戦がハイレベル
  • 「よう実」のキャラが個性的かつ魅力的
  • 「よう実」のOP・EDが良曲

それでは紹介していきます。

「よう実」は本格派頭脳戦系アニメ

「よう実」は本格派の頭脳戦アニメです。

原作者の衣笠先生は相当のキレ者ですね。

てるくん

よくこんな展開思いつくなとつくづく感じます。。。

実力至上主義な教室が舞台

「よう実」は東京都高度育成高等学校が舞台となっています。

この学校は全てが実力で決まる実力至上主義です。

就職率・進学率100%、望んだ進路先に進むことができるというハイスペックな学校です。

さらに敷地内には娯楽が揃うショッピングモールが完備されています。そして入学時に10万円分のポイントが与えられ、毎月給付されるとのこと。

てるくん

この紹介だけでもワクワクしますよね。

絶対裏があります。笑

実際にこのルールには裏があり、一気に絶望することになります。

アニメを見ていない人は、視聴して確認してみてください。

何度も裏を取り合う頭脳戦がハイレベル

「よう実」の頭脳戦は何度も裏を取り合う凄まじいレベルです。

ただ試験を行うだけなのに、頭脳プレイで相手を貶めることも可能になっています。

また、「よう実」は無人島のサバイバルのように様々な特別試験を行います。

「頭脳プレイは必要ないじゃないか」と思うような試験でも凄まじい攻防が繰り広げられるので必見です。

そして最終的には主人公の綾小路清隆が正体を表すことなく勝利する。

てるくん

この瞬間が気持ちいいんですよね。笑

「よう実」の個性的なキャラクター

東京都高度育成高等学校には個性が強いキャラクターが集まっています。

数多くのキャラクターを紹介したいところ。でも、それだと多すぎるので今回は落ちこぼれクラスのDクラスに所属している4人に絞りました。

主人公・綾小路清隆

「よう実」の主人公の綾小路清隆(CV.千葉翔也)です。

清隆はクラスの中だと影が薄く、コミュニケーションも苦手、学力も運動能力も全て中間位置です。

クラスからほぼ孤立しています。陰キャとして目立たないような生活を心がけています。。

しかし、実はとてつもない頭脳を持っています。そしてそれをわざと隠しているのです。

てるくん

主人公最強系で能力を隠しているパターン。厨二心をくすぐりますね。

ちなみにアニメと原作では綾小路清隆の印象が少し違います。

アニメの清隆はとても不気味な雰囲気を漂わせています。ですが、原作の清隆は色々とちょっかいを出したり、女の子にもある程度の興味を持っていたりして、親近感があります。

やっぱりアニメの清隆は不気味すぎましたよね。声優の演技も含めて。

メインヒロイン・堀北鈴音

「よう実」のメインヒロインの堀北鈴音(CV.鬼頭明里)です。

鈴音は全体的に能力が高いです。

特に頭脳においては他の生徒と比べてもかなり優秀です。

ですが性格に難ありで「ツンデレ」のデレがないバージョン。つまりただの「ツン」です。

自らクラスメイトとの友好関係を絶ってしまうのです。

てるくん

典型的なツンデレ黒髪ロングですね。

一定数のファンはいそう。

アニメ「よう実」のメインヒロインということもあり、結構深掘りされていますね。

鬼頭明里が堀北鈴音を担当しています。あかりんは今となっては大人気声優となっていますね。

ですが、「よう実」の放送当時はまだまだでした。「よう実」を皮切りに徐々に人気を集めていきましたね。

クラスの人気者・櫛田桔梗

清隆や鈴音が所属する落ちこぼれのDクラスの人気者、櫛田桔梗(CV.久保ユリカ)です。

学年全体をみてもトップクラスに可愛いです。

コミュニケーション能力が抜群。Dクラスだけでなく、他のクラスにも交流があります。

それでいて勉強も運動もできるので割と完璧。

孤立している鈴音と友達になろうとしている健気なシーンもあります。笑

てるくん

健気なシーン?でしたよね。笑

実はヒロイン・軽井沢恵

アニメではあまり注目されなかった軽井沢恵(CV.竹達彩菜)です。

恵って書いて「けい」って読みます。

恵はクラスのカーストの上位に君臨するギャル系のキャラクター。当たりも強いですね。

でも普通に可愛いです。たけたつさんが声担当してるし。

てるくん

アニメだと全く活躍しませんが、原作だとメインヒロインですよね。

アニメでも軽井沢を推せば良かったのに、なぜストーリーをいじってしまったのか。

「よう実」のOP・ED

「よう実」は曲に関しては一定の評価があります。

特にOPがカッコ良くて、好んで聞く人も多そうです。

「よう実」のOP

「よう実」のOPはZAQ「カーストルーム」です。

ZAQさんといえば、「中二病でも恋がしたい」「Sparkling Daydream」で有名です。

ですが、「カーストルーム」は「Sparkling Daydream」と雰囲気が全く異なります。

「Sparkling Daydream」は映像も相まってひたすら可愛いです。

でも「カーストルーム」は超かっこいい系。

てるくん

特にイントロがキマッてますね。「よう実」らしい雰囲気も出せています。

「よう実」のED

「よう実」のEDはMinami「Beautiful Soldier」です。

「Beautiful Soldier」で注目したいのは歌詞です。

「自分の過去や弱みを隠しながらも、目の前の敵と戦っていくことを決意する」

こんな感じのテーマだと思いますが、「よう実」の多くのキャラクターに当てはまります。

もちろん能力を隠している清隆もその一人です。

てるくん

良くも悪くも人には表裏があることを表現した、クオリティの高い歌詞です。

「よう実」の評価

「よう実」の評価はこんな感じです。

作画
世界観・設定
ストーリー
演出
キャラ
音楽

原作の改変もあったのでアンチが多いアニメです。けど、アニメ単体のクオリティとしては良かったのではと思います。

てるくん

原作を知らない人は「よう実」のアニメを評価している人が多いです。

特に演出が良かったですね。

偉人の名言を引用してタイトルにしたり、最終回の清隆のセリフのシーンの演出は高評価です。

「よう実」はぜひ原作を読んで欲しい

「よう実」は2期を制作するのが厳しいでしょう。

円盤を出せなかったことはもちろんのこと、どうしてもストーリーに矛盾が生じてしまうからです。

ですので、本記事をここまで読んでくださった皆様には原作を読むことを強くオススメします。

てるくん

アフィリエイトを狙っているわけではなくて、ガチでオススメしてます。

ひとまず、アニメの最終回の続きからスタートする4巻を読んで欲しいです。

4巻から軽井沢恵が活躍し始めます。ぜひ読んでみてください!

© 衣笠彰梧・KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ製作委員会

アニメ見るならdアニメ一択!


月額440円(税込み)で2,500作品以上見放題の、アニメ専門の動画配信サイト。
作品数はもちろん業界No.1。それなのに月額440円の超コスパ

初回限定で31日間の無料トライアルもついているので気軽に楽しめます。途中キャンセルの解約料は、もちろん発生しません。

「アニメにハマってしまった人」
「U-NEXTに入っているけど、ドラマとか邦画がいらないって思っている人」
「Netflixに入っているけど、見たいアニメが配信されていなくて困っている人」

こんな方々は一度、dアニメストアを試してみてはいかがでしょうか!?
2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】