アニメ

ご注文はうさぎですか?BLOOM(ごちうさ3期)評価:感想→感動要素が強くなる…

今回は『ご注文はうさぎですか?BLOOM(以下、ごちうさ3期)』について語っていく。『ごちうさ2期』が2015年秋クール、『映画ごちうさ』が2017年、『ごちうさOVA』が2019年に発売され、そして2020年秋クールに『ごちうさ3期』が放送される。アニメ制作会社はエンカレッジフィルムズだ。

『ごちうさ3期』の感想

感想①:感動要素が強くなる

『ごちうさ3期』になると感動要素が強くなってくる。今までほのぼの日常が描かれた『ごちうさ』だが、『ごちうさ3期』ではチノを深堀りしたストーリーとなってきた。

特に印象的だったのが、ハロウィン回。チノのお母さんのサキと思われる幽霊が登場するのだ。その幽霊がココアにマジックを教えてあげ、ココアがそれをチノに披露する。そこでチノはお母さんとの記憶を思い返すのだ。

『ごちうさ3期』が良いのは、決して視聴者を泣かせにこないところだ。本気を出せば涙を誘う演出もできただろうが、そうではなくあくまでも日常系アニメとして、笑顔に持っていく。まあ、泣き演出がなくても泣いてしまう視聴者が続出したとは思うけど。笑

感想②:アニメ制作会社が変更になったが…

『ごちうさ2期』まで制作を担当していたWHITE FOXからエンカレッジフィルムズに変更となってしまったが、クオリティが落ちることはなかった。むしろ、マクロ的にアニメ制作の技術が向上したということで、『ごちうさシリーズ』の中でも最も高いクオリティで制作されていたような気がする。

それよりも声優の演技のブランクの方が問題だった。特にチノの違和感が強い。
確かにチノの声って難しそうだなとは思う。時間が経てば経つほど出しづらくなる声質なのは間違いない。一方でココアは相変わらずの演技で安心した。流石佐倉綾音って感じ。

『ごちうさ3期』の評価

作画75点
世界観・設定70点
ストーリー78点
演出75点
キャラ85点
音楽85点

作画

作画はいつも通り。むしろ今までの中で一番良かったかもしれない。

世界観・設定

ハロウィンの雰囲気がめちゃくちゃ良い。

ストーリー

特に終盤のストーリーが良かった。泣きそうになる。

演出

一番最後の演出はジーンときた。日常シーンの演出も流石ごちうさ。

キャラ

キャラはいつも通り最高。声優の演技にブランクを感じたがちょっとあれだけど。

音楽

OP・EDが良い。

アニメ見るならdアニメ一択!


月額440円(税込み)で2,500作品以上見放題の、アニメ専門の動画配信サイト。
作品数はもちろん業界No.1。それなのに月額440円の超コスパ

初回限定で31日間の無料トライアルもついているので気軽に楽しめます。途中キャンセルの解約料は、もちろん発生しません。

「アニメにハマってしまった人」
「U-NEXTに入っているけど、ドラマとか邦画がいらないって思っている人」
「Netflixに入っているけど、見たいアニメが配信されていなくて困っている人」

こんな方々は一度、dアニメストアを試してみてはいかがでしょうか!?
2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】