アニメ

アニメオリジナル要素が盛り沢山【高木さん3期感想】

からかい上手の高木さん3

今回は『からかい上手の高木さん3(以下、からかい上手の高木さん3期)』について語っていく。

『からかい上手の高木さん2期』が2019年夏クールに放送された後、2022年冬クールに『からかい上手の高木さん3期』が放送された。

アニメ制作は、前作同様に、シンエイ動画が担当している。

『からかい上手の高木さん3期』の感想

ネタバレしているので、未視聴の人は気をつけてください!

アニメオリジナル要素が非常に多い

『からかい上手の高木さん3期』は、前作と比べると、アニメオリジナル要素が非常に多い。第6話『文化祭』、第9話『クリスマス』、第11話『2月14日』、第12話『3月14日』は、全編アニメオリジナルだったと思う。

これらのアニオリ回で共通しているのは、時間の進みを感じさせるイベント回であることだ。つまり、『からかい上手の高木さん』は、着々とゴールに近づきつつある。

原作漫画の『からかい上手の高木さん』は、時間が進むことがほとんどない。ひたすら、高木さんと西片のやり取りが繰り広げられる。ゴールが設定されていないのだ。

だが、TVアニメの『からかい上手の高木さん』は違う。時間を進めて、高木さんと西片の恋の決着を付けようとしている。『劇場版 からかい上手の高木さん』で完結させるための、布石を展開したと見ていい。

演出の作り込みを感じる

『からかい上手の高木さん3期』は、前作よりも明らかに、演出を作り込んでいる。

今までの『からかい上手の高木さん』の演出は、シンプルなものが多かった。それはそれで良いけれど、どこか味気ない気もしていた。

ところが『からかい上手の高木さん3期』では、かなり凝った演出が繰り広げられる。例えば、第2話の『気配』と『続・気配』。こちらは、オーケストラ調の音楽に合わせて、キャラが動く演出が採用されている。僕としては、京都アニメーション制作の『日常』を彷彿とさせる演出だった。

また、西方が高木さんにからかおうとしている時の、妄想シーン?の演出も作り込まれていた。ちなみに、作中で最も作画カロリーが高いシーンは、この妄想シーンだったと思う。

特に印象的だったのは、第12話『3月14日』の西片クエストのシーン。作画がゲーム風にアレンジされているのだ。これはもう明らかに、演出を作り込んでいるとしか言いようがない。

アニメオリジナル要素が増えたこともあって、演出の自由度が増したと見るべきだろう。

『からかい上手の高木さん3期』の評価

作画70点
世界観・設定75点
ストーリー80点
演出85点
キャラ80点
音楽85点

作画

作画は非常に安定している。止め絵も多い。ただ、そこまでの作画を必要としない作品なので、これで十分だと思う。

世界観・設定

聖地巡礼要素を多く盛り込んできた。ちなみに原作漫画では、聖地巡礼要素は皆無だ。

ストーリー

アニメオリジナルが多いけれど、十分納得できるストーリーだった。むしろ、サプライズがある分、原作ファンでも楽しめる内容だと思う。

演出

前作との最大の違いは、演出のこだわりにある。『からかい上手の高木さん3期』は、明らかに演出の作り込みが増している。特に、西片が高木さんにからかいを仕掛ける時の妄想イメージの作り込みが凄い。

キャラ

原作の高木さんのイメージとは、だいぶ異なると思う。でも、これはこれで良い。高木さんの可愛さが発揮されるのは、高木さん自身がキュンキュンしている時だし。

音楽

『からかい上手の高木さん3期』では、ストーリーに合った楽曲が採用されていた。第6話『文化祭』での『学園天国』や、第9話『クリスマス』の『サンタが町にやってくる』とかね。

【さいごに】『劇場版 からかい上手の高木さん』も上映!

2022年6月10日、『劇場版 からかい上手の高木さん』の上映が開始された。

おそらく、この『劇場版 からかい上手の高木さん』で、アニメ版は完結すると思われる。舞台は3年生の夏休み。高木さんと西片にとって、中学生最後の夏となる。告白するのかしないのか、付き合ってしまうのかしないのか。しっかり見届けようと思う。

劇場版からかい上手の高木さん
猛烈なコレジャナイ感…【劇場版高木さん感想】『劇場版 からかい上手の高木さん』について語った記事です。ネタバレしているので視聴済みの人にオススメとなっています。サクッと読めるボリュームです。気になる方はぜひご一読を。...
『2021年のアニメ論』を出版しました

2021年のアニメ論

当ブログでは我慢できず、ついにKindle出版してしまった。タイトルは『2021年のアニメ論』。2021年に公開されたアニメから、僕が感じたことを文字にしてみた。

価格は100円。そしてKindle Unlimitedに登録しているので、加入者は無料で読める

僕の視点から見た世界『2021年のアニメ論』を、ぜひ最後まで読んでみてほしい。